メアリー+ポリー 州裁判官、執行猶予にワクチン条件

メアリー+ポリーの「今週」:新しいレベルの強制、オハイオ州裁判官は、執行猶予にCOVIDワクチン条件作る

「今週」では、メアリー・ホランド、子供の健康防衛社長、ポリー・トミー(「Vaxxed」の共同プロデューサー)と、メアリーとポリーは最新のCOVIDワクチンニュースについて議論します。

また、今週の口火は、陸軍が米国食品医薬品局の完全な承認を待っているCOVIDワクチン必要とするかもしれないというニュースでした。

メアリーとポリーはまた、アメリカ最大の教師組合が秋に授業に戻る学生のための必須のCOVIDワクチン、マスク、テストに投票する方法について議論します。そして、彼らは密かにCOVIDワクチンを得るために中学生に圧力をかけている記録された教師の話を議論します。

今週のハイライトの詳細は次のとおりです。

  • 45歳のジョン・ホプキンス病院の従業員は、COVIDショットの最初の用量を受けた6日後に死亡した。ロビン・スプリング・サンダースはワクチンを接種することに消極的だったが、病院で自閉症の子供たちと一緒に働く彼女のキャリアを追求するためにそれを得ることを余儀なくされた。
  • ワクチン有害事象報告システムの最新データは、2020年12月14日から2021年6月25日の間に6,985人の死亡と34,065人の重傷を含む、COVIDワクチンに続くすべての年齢層からの有害事象の合計441,931件の報告を示しています。「12歳から17歳までの有害事象は12,674件あります」とポリー氏は述べています。「これらは未来の赤ちゃんです。なぜそれがこのすべてを停止するのに十分ではないのですか?
  • 著名なワクチン傷害法律事務所は、COVIDワクチンは国家ワクチン傷害補償プログラムの対象となっていないので、COVIDワクチンによって負傷した人々を助けることができないと言います。「彼らの怪我が非常に深刻であるため、数百万ドルを支払った人々がいます」と、メアリーが言いました。「それに対する政府の補償はありません。残酷だ」
  • オハイオ州の裁判官は、COVIDワクチンを執行猶予の要件にしています。裁判官は1人の被告に懲役5年、または彼らが打ったた場合は1年の執行猶予のオプションを与えた。「これは、新しいレベルの強制を取っています」と、メアリーが言いました。「刑事司法制度で使われているのを見るのは初めてです」
  • 英国の子供たちは、親の同意なしにCOVIDワクチンを受け取ることができました.「これは無法です」とメアリーは言いました。「世界中で、18歳未満の子供は親の同意を得なければなりません。しかし、これは行政命令や市の条例を通じて脇に追いやられています。
  • 英国がロックダウンを終了する前に、すべての子供たちは予防接種を受けるべきである、と言う人もいる。子供たちが正常に戻るために予防接種を受けなければならないと言うことは神話だ、とメアリーは言った。
  • 世界の保健当局は、「ラムダ」変異の「異常な」突然変異は、ウイルスをワクチンに耐性にする可能性があると警告する。「私はちょうどマイク・イェドン博士(これを研究し、ファイザーで17年間働いていた)が言うことに戻りますが、これはこれらの変種が1%以下です」とメアリーは言いました。「塩の価値があるどんなワクチンでも、それに対して保護されます。自然免疫があれば、それはあなたを守るでしょう。
  • フランスは、12歳以下のすべての成人と子供にCOVIDワクチンを施行する可能性があります。フランスの成人の約20%が、彼らがショットを拒否していると言います。「フランスは他の国よりもワクチンを躊躇する傾向がある」とメアリーは言った。「彼らが普遍的な命令を課そうとするという考えは、本当の不満の始まりです。
  • ドイツは、アストラゼネカワクチンの最初のショットを得るすべての人々が2回目のショットのために別のタイプのワクチンに切り替えることを勧めます。「これは実験のための実験です」とメアリーは言いました。「それには科学的根拠はない。それは恐ろしいです。それが長期的に人々に何をするのか分かりません。
  • アイルランドは、バーやレストランでの屋内飲酒や食事を、完全に予防接種を受けている人、またはすでにウイルスに感染している人に制限しています。「アイルランドの成人の41%が予防接種を受けている」とメアリーは言った。「16ヶ月の強制の後、半数以下の人々が同意しました。
  • オーストラリア人の娘は、完全に予防接種を受け、COVIDに対して陰性を2回テストしたにもかかわらず、Facetime(ビデオ通話)でお父さんに「さよなら」を言うことを余儀なくされました。ジリアン・ハンナは父親の健康状態が低下した後、ウィスコンシンからシドニーに飛んだが、病院で父親に会うためにメルボルンに旅行する思いやりがあったが面会はは拒否された。「それは非人道的です。彼女は言われたことをした。しかし、彼女はまだ行けていませんでした」と、メアリーが言いました。「これは感染症対策の問題ではない」
  • マルタは、島で休暇を過ごすために12-16歳の子供たちは完全に予防接種を受けなければならないと言います。「これはマルタの経済を取り壊している」とメアリーは言った。
  • スロバキアは、予防接種を受けた人々のために最大200万ユーロの毎週の賞金を持つ宝くじを開始し、COVIDショットを得るために他の人を説得する人にボーナスを提供します。
  • ロシア正教会は、COVIDワクチンを拒否することは「罪」であり、反ワクチンは悔い改めて人生を過ごさなければならないと言います。「これはバチカンと同じ政策だ」とメアリーは言った。「バチカンは、予防接種を受けなければ罪だと人々に言っている」
  • インドのビハール州の女性はワクチンを接種することをためらっている。一部のインドの村では、ワクチンがウイルス自体よりも危険であると広く信じています。インドの人々のわずか5%が予防接種を受けています。「立ち上がってワクチンに『ノー』と言っているインドの女性にとって良いことだ」とポリーは言った。
  • ディフェンダーからの子供の健康防衛の更新とニュースにサインアップしてください。
  • ワクチン、緊急用COVID注射、マスクの委任状などをポリーとメアリーと共に経験を共有する世界中の人々からの証言については、ここをクリックしてください

メアリー+ポリーと「今週」を見る:

Leave a Comment

The maximum upload file size: 20 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。