COVIDブースターショットを再考する時が来た、イスラエルの研究者

11/09/22COVIDニュース

急速な免疫力の短命化:COVIDブースターショットを再考する時が来た、とイスラエルの研究者

イスラエルの研究では、ファイザーBioNTechCOVID-19ワクチンの短命の免疫と急速な衰退により、将来のCOVID-19ワクチン接種キャンペーンの再評価が必要であると結論付けました。(訳者注:サイクル閾値は、感染力の主要な要因であるウイルス量と負の相関があります。したがって、サイクルしきい値(CT値)が高いほど、感染力が低いことを反映します。我が国はこのことを理解せず、極めて高いサイクルしきい値(45)を用いて、PCR検査を行うのが常態化しており、不必要な陽性者を量産し、しかもそれを感染者と報道するfraud詐欺を繰り返している。その結果、不安感を焚きつけられた人はブースター摂取を繰り返す。そのような結果として、奥付きの最近の動画となって現れる。この国の為政者はidiot愚か者の集団であり、それに従わされている国民は不幸せと言わざるを得ない。被害者はclass action集団行動で国に訴訟を組織すべきだ。)

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

リア・ワンリー

イスラエルの研究は、ファイザーBioNTechCOVID-19ワクチンの短命の免疫と急速な衰退により、将来のCOVID-19ワクチン接種キャンペーンの再評価が必要であると結論付けました。

著者らは、ワクチンは罹患率と死亡率を低下させるのに効果的であるが、「オミクロンの伝染性に対するその影響は比較的小さい…そして、急速に衰退している将来のブースターキャンペーンの再評価を求める声が起きています。」

査読付き論文は11月7日にNature Communicationsに掲載されました。

遡及的分析では、ワクチンからの保護効果の低下を調べたが、著者らは、サイクル閾値と感染力の観点は、これまで徹底的に分析されていなかったと述べた。

サイクルしきい値は、ウイルスを検出するためにポリメラーゼ連鎖反応(PCR)テストにかかるサイクル数を表します。

PCR検査は、COVID-19疾患を引き起こすコロナウイルスであるSARS-CoV-2に人々が感染したかどうかを判断するために、パンデミック時に広く使用された検査でした。

サイクル閾値は、感染力の主要な要因であるウイルス量と負の相関があります。したがって、サイクルしきい値が高いほど、感染力が低いことを反映します。

この研究では、ワクチン未接種、2回、3回、または4回の接種を受けた個人と、COVID-19から回復し、ワクチン接種を受けていない個人のサイクル閾値レベルを比較しました。

「主な影響」

著者らは、ワクチンの有効性は通常、感染、臨床疾患、または死亡からの保護として測定されるが、この定義は感染がある場合の感染の潜在的なリスクを無視していると述べた。

彼らは、この後者の側面が「病原体の拡散を減らすための公衆衛生政策の考案に大きな意味を持つ」と述べています。

著者らは、感染力はモデル化が困難な多数の要因によって決まるが、周期閾値は感染力の代理としてよく使われると述べている。

この研究では、2021年6月15日から2022年1月29日までの46万人以上の個人の結果を分析しました。

この研究では、ワクチンは両方の波の間に短期的に感染力を低下させたが、その効果は70日までに急速に衰退することがわかった。

彼らはまた、COVID-19から回復した人々の自然免疫の衰退率が著しく遅いことも観察しました。

ファイザーはコメントの要請に応じなかった。

ごくわずかな影響

その結果、COVID-19のデルタ変異株から回復した人の感染力は、ウイルス防御のピーク時(10日から39日)に2回と3回の接種を受けた人の感染力と類似していることが分かった。

オミクロン波の間、3回目の接種を受けた人々は、COVID-19から回復した人々と同様のレベルで短期間感染力の低下を経験しました。

それ以外の場合、2回接種と3回接種者と非接種者の間の感染力の差はごくわずかであると著者らは指摘した。

一般に、オミクロン波の間のワクチンの効果はデルタ波の間よりも顕著ではありませんでした。

イスラエルでの4回目の投与は主に60歳以上の人々に与えられたので、研究者はこのグループの別の分析を行いました。

彼らは、感染力が「回復した個人のレベルと同様のレベルに達し、ワクチン未接種の2回および3回の接種よりも有意に高い…少なくとも短期的なワクチンの有効性を示しています。」

この結果は、ワクチンが「高リスクグループのみにブースターの必要性を集中させる可能性がある」ことを示しており、自然免疫の抑制が一貫して行われことが正しいとされた場合、「世界的なパンデミックへの備えとワクチン接種の展開に大きな影響を与える可能性がある」と付け加えた。

著者らは、競合する利害関係はないと宣言した。

もともとエポックタイムズによって発行されました。

エポックタイムズのアバター

 

 


最近のオミクロン対応ワクチンでもこのようなことが起きている。

335,899 回視聴 2022/11/10

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。