大学や雇用者は法的に予防接種を受けることを義務化?

アメリカでも日本でもこのワクチンの義務化はハードルが高い、なぜならデータによる有効性が副作用に比べて相対的に上回るとする論理で、法的な根拠も大であるが死亡率が従来のインフルに比べ、日米ともに大とは言えないなかで、このワクチンを例外として取り扱えるかという点がある。

大学や雇用者は法的に予防接種を受けることを要求できますか?複雑です。

一部の大学や雇用者はCOVIDワクチンを義務付けており、一部の州ではワクチンの義務を禁止する法律を提案しています。

大学の多くは、COVIDワクチンの義務を受け入れています。彼らがキャンパス内のクラスに出席したい場合は、彼らが予防接種を受ける必要があると学生に伝えています。

一方、全国の求人情報を見ると、多くの雇用主が求人候補者に予防接種を受ける必要があり、雇用後30日以内に予防接種を受けることを約束させている。

就活生でも大学生でも、将来の計画はCOVIDワクチンを接種する意欲に影響を与える可能性があるという見通しにすぐに直面するかもしれません。しかし、大学や雇用者は法的にそれを必要とすることはできますか?答えは。。。複雑。

大学や大学は義務に移行しています

全国の100以上の大学は、秋に対人クラスに出席するために学生にCOVIDワクチンを受ける必要がありますが、ほとんどは医療と宗教の免除を許可します。

ワクチンを必要とする大学のリストには、スタンフォードラトガースノートルダム大学デューク大学ジョージタウン大学ジョンズ・ホプキンスエールが含まれます。ニューヨークタイムズによると、他の大学は、ショットを得るのは選手やキャンパスに住んでいる人を対象とすると言いました。

ボストンカレッジ、ジョージア大学モアハウスカレッジ、カリフォルニア州立大学カリフォルニア州立大学のシステム、ジョージワシントン大学を含む多くの学校は、従業員が直接教育に戻ることを許可される前に、同様の要件を必要としています。

コロラド州の主要な公立大学は水曜日、秋学期を開始する前に学生、教職員にCOVID予防接種を受けることを義務付けると発表した。コロラド州高等教育省の入学データによると、この命令は17万人以上の学生(州の大学生のほとんど)が予防接種を受ける必要があるということを意味します。

私立大学がワクチンの義務を持つ学校の大部分を占めていますが、一部の公立大学もCOVIDワクチン接種を義務付ける動きがあります。メリーランド大学システムの学生と従業員は予防接種を受ける必要があると、ジェイ・A・パーマン学長は、先週の発表で「より伝染性」の英国のウイルス変異体について最も懸念していると述べた。

「それは私たちが準備しているものです」と、パーマンは言いました、「私たちのキャンパスで循環している可能性があると思うより感染性の、より有害な変種が秋には来るだろう」と言いました。

ラトガース大学は3月、2021年秋学期に入学するためにすべての学生に予防接種を受けることを義務付けると発表した。この発表は、米国食品医薬品局(FDA)の緊急使用承認(EUA)の下で承認された製品の義務付けが連邦法によって禁止されていることを、大学関係者に思い出させるよう、児童保健防衛(CHD)のロバート・F・ケネディ・ジュニア会長は思い出させました。

ラトガースのジョナサン・ホロウェイ大統領に宛てた書簡の中で、CHDの最高法律顧問も務めるケネディは次のように書いている。

「連邦法21 米国.C § 360bbb-3(e)(1)(ii)(III)は、EUAワクチンを投与する人に対して、製品の投与を受け入れるか拒否するかの選択肢、接種結果について通知することを要求しています。もしあれば、製品の投与を拒否すること、および利用可能な製品の代替品、およびそれらの利点とリスクについ義務付けています。

「この拒絶の権利は、EUA製品が定義上、実験的かつ強制的に参加することは、傷害をもたらす可能性があるという事実に由来する。ニュルンベルク法では、誰も医学実験に参加することを強制することはできません。個人の同意は「絶対に不可欠」です。

医療倫理の専門家でハーバード大学ロースクール教授のI.グレン・コーエン氏によると、COVIDワクチン接種を義務付ける大学や大学に対する連邦指導はありませんが、学生に特定のワクチンを受け入れ義務付ける大学の確立された慣行があり、免除を得ることは困難です。

コーエンは、カリフォルニア州の裁判所が公立大学カリフォルニア大学によるインフルエンザワクチンの義務を支持した最近のケースを引いて、K-12公立学校の義務との類似性を指摘した。公立大学は、COVIDでより大きな公衆衛生上のリスクがあるため、COVIDワクチン接種要件をさらに確実にしていると、コーエンはハーバード法レビューブログに書いています

私立大学は連邦法の下で宗教的免除を認める必要はないが、一部の州には宗教の自由回復法(RFRA)があり、公立大学に宗教的免除を義務付けていると解釈されるかもしれない、とコーエンは言った。

しかし、公立大学と私立大学の両方は、障害を持つ学生のための宿泊施設を必要とする1973年のアメリカ障害者法(ADA)および/またはその姉妹法の要件の対象となります。

また、身体の自律性を取り巻く議論や、現在米国のEUAで承認されているすべてのCOVIDワクチンが実験的なワクチンであるという事実もあります。

コーエンは、ケネディと同様に、受信者に「製品の管理を受け入れるか拒否するかのオプション」を通知する必要がある連邦法を指摘しました。

雇用主はどうですか?

最近の調査では、1,800人以上の社内弁護士、人事専門家、経営幹部からデータを収集し、従業員のCOVIDワクチン接種に関連する計画、戦略、懸念を分析しました。

結果、現在、すべての従業員にCOVIDワクチン接種を義務付けている企業h0.5%未満を示し、6%だけがワクチンが容易に入手可能であり、FDAによって完全に承認された後、すべての労働者のためにそれを義務付ける計画であり、3%は顧客向けの役割を果たすような特定の労働者にのみ予防接種を義務付ける計画であると述べた。

調査対象者のうち、43%が確信が無く、予防接種を義務付ける可能性をまだ秤にかけていると答え、12%は予防接種を受けていない従業員を旅行や同僚や顧客とのやり取りなど、特定の活動から禁止する計画だと答えた。

イリノイ州のアメリカ市民自由連合のエグゼクティブ・ディレクター、コリーン・コネルは、政府と企業は、データによって正当化された場合、公衆衛生を保護するために予防接種要件を課す権限を持っており、宗教上の理由でワクチンを拒否する権利は絶対的ではないと述べた。

宗教的免除を主張する人々が社会が集団免疫に達するのを妨げているならば、「政府は予防接種を主張する権利がある」とコネルは言った。

民間雇用者はまた、任意または差別的な方法で予防接種プログラムを実施しない限り、宗教的および公衆衛生上の免除を許可する権利を有するが、「病院は長い間、従業員に毎年のインフルエンザの予防接種を受けることを要求してきた」とコネルは付け加えた

ブルームバーグ法によると、雇用者は一般的に、職場で宗教的および医療的な宿泊施設を必要とする連邦法を遵守している限り、従業員に予防接種を受けることを義務付ける法的権限を持っています。男女雇用機会均等委員会は、12月にCOVIDに特有のその権限を再確認した

しかし、ディフェンダーが1月に報告したように、弁護士のメアリー・ホランド、CHD社長、グレッグ・グレーザーは、連邦法の下で州と雇用者はEUA COVIDワクチンを義務付けることができないと主張しました。

ホランダとグレーザーは次のように書いています。

「ワクチンがFDAからEUAに発行された場合、それは完全にライセンスされておらず、自発的でなければならない。雇用主、学校、病院などの民間当事者は、義務を禁止するEUA法を回避することはできません。確かに、義務を防止するEUA法は非常に明白であり、EUAワクチンを義務付けようとする試みに関する前例は1つしかありません。

4月1日、ファイザーとバイオンテックはCOVIDワクチンの有効性を最新データを提供しました。新しい有効性データに加えて、少なくとも6ヶ月間完全に免疫を得た12,000人以上の人々からのデータを含む安全性分析は、ファイザーがFDAに薬物申請を提出してショットのEUAを完全な承認に変えることを可能にする、とファイザーCEOのアルバート・ボルラは声明で述べた

「彼らは、ワクチンがEUAである間、彼らが命令で非常に不安定な法的根拠を持っていることを知っています」と、オランダが言いました。しかし、これらのワクチンは、近い将来、米国疾病管理予防センターの予防接種実践に関する諮問委員会によってライセンスされ、承認され、連邦政府に推奨される可能性が高い。それでも、その後も、ライセンスの有効性や、これらのワクチンがジェイコブソン対マサチューセッツを経由した権限命令の高い閾値に達しているかどうか、すなわちワクチンの義務を合法化する1905年の画期的な前例について、重大な法的疑問が生じるでしょう。

現在、50州すべてが、雇用主が予防接種を義務付けることを防ぎ、差別や報復から予防接種を拒否する現在および将来の従業員を保護するための法律を検討しています。

ミズーリ州ジェファーソン市のヒューシュ・ブラックウェルLLPの弁護士、ローウェル・ピアソンは、「雇用主を制限するか、ワクチンパスポートやその他のワクチン接種の証明の概念を制限する措置が少なくともいくつかの州で可決されると予測します」と述べています。ピアソンは、知事は行政命令を通じて雇用主の権限命令を制限する権限を持っていない可能性が高いと言いました。

ミズーリ州の議員はHB 838を検討しており、公的雇用者が労働者に予防接種を受けることを義務付けたり、公共スペースに入るためのワクチン要件を課すことを禁じる。

オハイオ州、オクラホマ州、テネシー州の州議会は、ミズーリ州の措置よりもさらに進む法案を検討しており、民間雇用者を含むあらゆる団体によるワクチンの義務の禁止を提案している。アイダホ州は、州政府と契約している企業によるCOVIDワクチンの義務を禁止する法律を提案しています。

ウィスコンシン州議会だけが今年、職場のワクチン命令を禁止することを提案する法案を知事に送り、民主党のトニー・エバースは拒否権を持った

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。