主流メディア、誇大宣伝の背後にあるのは本当は何ですか?

11/07/22COVIDビュー

主流メディアは、この冬の「トリプルデミック」について警告します—誇大宣伝の背後にあるのは本当は何ですか?

インフルエンザ、RSV、COVID-19は、特定の高リスクの個人にとって問題があり危険な場合がありますが、それらに関連する全体的なリスクは、ほとんどの人にとって無視できるものです。しかし、「恐怖は売れる」のであり、大手製薬会社にとっては、より多くのワクチンを売ることができます。(訳者注:久々のメルコラ卓見を読むことだ出来ます。日本では第8波などとまた煽りが始まっている。)

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

ストーリー一覧:

  • 主流メディアによると、呼吸器感染症による入院は増加しており、COVID-19、季節性インフルエンザ、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)がすべて循環しているため、「専門家」はこの冬に「トリプルデミック」の可能性を警告しています。
  • 疾病管理予防センター(CDC)は、確認されたCOVID-19患者の新規入院が1%増加したと報告しています。米国で最も高いCOVID-19ジャブ率の1つであるメイン州は、COVID-19の入院が最も多い州です。RSVの症例も季節外れに高いです。
  • 「健康の専門家」は現在、過去3年間に得られたすべての証拠がフェイスマスクがウイルス感染と拡散を防ぐことができないことを確認しているにもかかわらず、自発的な屋内マスクを再び求めています。
  • 史上初のRSVワクチンは現在、妊婦、新生児、高齢者を対象としたパイプラインにあります。それらのいくつかはmRNA技術に基づいています。
  • RSVのワクチンは、抗体依存性増強(ADE)として知られる現象である、より悪い病気を引き起こす傾向が持続していたため、これまで成功したワクチンはありませんでした。

主流メディアによると、呼吸器感染症による入院は増加傾向にあり、「専門家」は、人々がCOVID-19、季節性インフルエンザ、呼吸器合胞体ウイルス(RSV)に感染するため、この冬の「トリプルデミック」可能性について警告しています。

「CDC[疾病管理予防センター]は、米国でCOVID-19が確認された患者の新規入院が1%増加したと報告しています」とYahoo!ニュースは10月末に報告しました。

しかし、ワクチン未接種のパンデミックであるどころか、ほとんどのCOVID-19患者は現在、実際には完全にジャブされています。Yahoo!ニュースが次のように書いている(ブースターの最新情報を入手するように全員に促す前に):

「COVIDの入院が最も多い州はメイン州ですが、国内で最も高い完全ワクチン接種率です。つまり、人は一次一連のワクチン接種(1回または2回の接種)を受けており、最後の接種から2週間は経過しています。」

RSVの症例も季節外れに高いです。ボルチモアのジョンズホプキンスチルドレンズセンターの共同ディレクターであるマーガレットR.ムーン博士によると、病院は「RSVの症例の増加やその他の理由で患者の急増を経験しており、周辺の多くの病院も同じことに直面しています」。

RSVワクチンを売るための恐怖の戦術

恐怖は売れる、と彼らは言います、そしてそれは確かにワクチンに関してビッグファーマによって使用される格言です。これの完璧な例は最近Voxによって出版されました。「新しいRSVワクチンが登場します。これは非常に、非常に良いニュースです」と見出しは述べています。

なぜ良いニュースなのか? RSVは現在病院で見られる「大混乱の原因の多くを占める悪者」だからです。Voxは古典的な恐怖ポルノを公開しています:

「RSVは一般的に風邪の症状を引き起こしますが、非常に若い人や非常に年配の人に重度の肺の炎症や感染症を引き起こすこともあります。そして、それは非常に寒い季節から始まりました:

「10月22日の時点で、1歳未満の赤ちゃんは2019年の同じ時点の6倍の割合で入院しており、全体の入院率はすべての年齢の人々の7倍でした。

「毎年、何百人もの子供たちがRSVで亡くなり、さらに数万人が入院しています…RSV疾患は、若い小児科医が恐れることを学ぶ最初の小児疾患の1つであると、[エイミー]エドワーズ[クリーブランドの小児感染症専門医]は述べています。

「感染症にかかった赤ちゃんは、腫れた気道を通って空気を動かすのに苦労しているので、ひどい咳をし、ぜいぜい音を立てます。一度見たら、決して忘れないようなものです」と彼女は言いました…

「米国では、この感染症により、毎年約58,000人の入院と100〜300人の幼児の死亡が発生し、乳児の入院の最大の原因となっています。

「早産の赤ちゃんや肺の問題や心臓の異常のある人にとっては特に危険な感染症ですが、過去数十年間にRSVで死亡したアメリカの乳児の約40%はそれ以外は健康でした。

「RSVが米国でどれほど悪いものであっても、世界的にはもっと悪い。毎年、世界中で推定12万人の乳児が死亡しています…現在、成人または小児のいずれにおいてもRSVの承認された抗ウイルス治療はなく、現在存在する1つの予防オプションは完璧にはほど遠いです…

「赤ちゃんには、より良いものが必要です。この季節的な惨劇から、最もリスクの高い乳児だけでなく、すべての乳児を保護できる手頃な価格のものです。大人もまた、膨大な量の病気を確実に引き起こすウイルスから彼らを守るために何かを必要としています—理想的には、インフルエンザの予防接種と同じくらい良いかそれ以上のもの。」

「インフルエンザの予防接種と同じくらい良いもの」というのはほんとですか。

2017/2018季節性インフルエンザワクチンの米国に対する全体的な有効性の調整インフルエンザAおよびインフルエンザBウイルス感染に対してわずか36%であり、2005年から2015年の間に、インフルエンザワクチンの調整された全体的な有効性は半分以上の期間で50%未満であり、2004-05シーズンにはわずか10%でした。

COVID-19ジャブ以外に、商用製品が半分以上の時間機能せず、それでも推奨され、さらには義務付けられる可能性がある別の例を見つけることは困難です。

ただし、Voxによると、「RSVワクチンは非常に効果的です」ので、心配しないでください。

どこかで聞いたことばではありませんか?

非常識なCOVID対策が再開されることを期待する

予想通り、「健康の専門家」は、過去3年間に得られたすべての証拠が、フェイスマスクがウイルス感染を止めるために何もしないという2020年にすでに解っていたことを確認しているにもかかわらず、再び自発的な屋内マスクを求め始めています。

そして、以前のように、実際の科学的証拠がない場合、物語は代わりに美徳に焦点を合わせます。

マスキングアップはみんなを守る方法だと言われているので、実際には誰も守らないのに「自分の役目を果たす」ためのだけで着けるのです。

予防接種についても同じことが言えます。インフルエンザワクチンとCOVID-19ワクチンはどちらも効果がないことが証明されていますが、それらを得るための推奨は続いています。

そして今シーズン、あなたは両方を手に入れることが期待されています!

2023年に予定されている史上初のRSVワクチン

RSVが深刻なリスクとして強調されているという事実は、史上初のRSVワクチンが現在準備中にあるという事実に照らして理解できます。CNNによると、4つの異なるRSVショットが「米国食品医薬品局(FDA)によるレビューに近づいており」、他の12以上が試験中です。

これには、赤ちゃん専用の「長時間作用型注射」が含まれ、「出生直後」にRSVから「6か月間」保護されます。

それがメディアが用語の基本的な意味の認識を変えようとする方法の完璧な例で無くして、私は何であるかわかりません。半年ではほとんど長時間作用型ではありません!

歴史的に、ほとんどのワクチンは、少なくとも数か月ではなく何年もの間、抗体のみの「保護」を提供してきました。すべてのワクチンは、体液性抗体保護よりもはるかに重要な細胞性免疫を使用してあなたを守ることができないことを認識してください。

しかし、この非常に短い抗体のみの防御期間は、mRNA技術の特徴であるように思われ、実際、これらの新しいRSVショットの少なくとも一部はmRNAベースです。

モデルナは、2023年にリリースされる予定のRSV用のmRNAジャブに取り組んでいると発表しました。

彼らはまた、COVID-19、RSV、インフルエンザのための複合mRNAジャブにも取り組んでいます。(最終的に、モデルナは、毎年入院につながる上位10のウイルスすべてをカバーする毎年のmRNAショットを作成したいと考えています。

ヤンセンは、COVID-19の接種で使用されていたのと同じ技術であるアデノウイルスベクターを使用したRSV接種にも取り組んでおり、ファイザーとグラクソ・スミスクライン(GSK)は、妊婦と高齢者向けの「タンパク質サブユニット」RSVワクチンをテストしています。

フォーブスによると、ファイザーは11月1日、RSVワクチンのFDA承認を求める準備ができていると発表しました。

臨床試験では、このショットは妊娠中の母親に与えられ、有効性はRSVを予防するかどうかではなく、入院した赤ちゃんの生後数か月の感染の重症度によって測定されました。

RSVワクチンが市場に投入されなかった理由

RSVのワクチンはこれまで成功裏に開発されたことはありません。なぜでしょうか。

ワクチンは、抗体依存性増強(ADE)として知られる現象である、より悪い病気を引き起こす傾向が持続していたためです。

CNNが説明したように:

「RSVから身を守る効果的な方法の探求は、1960年代に悲惨なワクチン試験で2人の子供が亡くなった後、何十年も行き詰まりました。

「その研究では、免疫系を目覚めさせ、反応を助けるために、化学的に処理されたRSVウイルスで作られたワクチンをテストし、ミョウバンと呼ばれる成分と混合しました。1966年から1968年の間に米国の臨床試験施設でテストされました。

「最初は、すべてが良さそうに見えました。ワクチンは動物でテストされ、動物はそれをよく許容し、次に子供たちに投与され、子供たちもよく反応するように見えました。

「残念ながら、その秋、RSVシーズンが始まったとき、予防接種を受けた子供たちの多くは入院を必要とし、通常発生するよりも重篤なRSV疾患にかかりました」と、RSVを20年以上研究し、ウイルスに対するナノ粒子ワクチンを開発しているアイオワ大学の微生物学および免疫学の教授であるスティーブン・バルガは述べています。

試験臨床で発表された研究では、後にRSVに感染したワクチン接種を受けた子供の80%が入院を必要としたのに対し、プラセボを摂取した子供ではわずか5%であることがわかりました。臨床試験に参加した赤ちゃんのうち2人が死亡した。

「臨床試験の結果は、ワクチン科学に驚愕の衝撃を与えました。RSVに対する新しいワクチンと治療法を開発する努力は、研究者が何がうまくいかなかったのかを解明しようとしたため停止しました…「実際、多くの点で、ワクチンの安全性を監視するために今日実施されているもののいくつかがある理由です」とバルガは述べています。

ワクチンの安全性を監視している人はいますか?

ここでの悲しい皮肉は、ワクチンの安全性監視ツールを導入しているにもかかわらず、データが適切に評価されておらず、意思決定プロセスで使用されていないことです。

つまり、米国ではワクチンの安全性監視が機能していません。

FDAとCDCが実際に安全性を監視し、意図したとおりに自由に使えるツールを使用していた場合、COVID-19ショットはリリースから数か月以内に撤回されていたでしょう。

それらは、いずれにせよ、歴史上これまでにリリースされた中で最も危険で致命的な注射です。しかし、FDAとCDCはすべての危険信号を無視し、最近、COVID-19ジャブを小児期の予防接種スケジュールに追加しました。

COVID-19ジャブの安全性モニタリングがない場合、他の新しいワクチンやmRNAショットの安全性モニタリングを期待する理由はありません。

さらに、研究者がADEや免疫刷り込みを引き起こさないRSVショットを作成する方法を実際に理解したと仮定する理由はありません。どちらも、「免疫」された病原体にその後さらされると、免疫反応が変質し、注射をしなかった場合よりも実際に病気になる。

公衆衛生のテクノクラートは、mRNA技術が以前に遭遇した問題を回避すると愚かに信じていますが、COVID-19ジャブを受けた人々にADEと免疫刷り込み(または元の抗原性罪)の兆候が見られるようになったことを考えると、そのようなことを想定する前例はありません。

COVID-19のパンデミックにより、医療介入の承認および承認プロセスが根本的に変化したことを認識することが重要です。すべてが今や速い軌道に乗っており、それは迅速な利益のための水門を開きます。

10年以上にわたる試験を必要とする代わりに、mRNAショットはわずか数か月のテストの後に展開されており、安全性の多くはCOVID-19ショットの安全性の主張に基づいて想定されています。

COVID-19ジャブ後の140万件以上の有害事象報告がワクチン有害事象報告システム(VAERS)に記録されており、31,600人をはるかに超える死亡が含まれているため、「安全性の疑い」がここでのキーワードです。

FDAとCDCによると、これらの死亡はいずれもショットに起因するものではないとするが、統計的にそのような理解は不可能です。

恐れを煽ることは従順を育むための道具です

バイオセキュリティの危機は、それがグレートリセットの背後にある主要な正当化であるため、無期限に継続する必要があります。そのため、過去3年間で、「公共の安全」のゴールポストは、私たちがそれに従うかぎり、ますます遠ざかっています。

一定期間ごとに、「空はまだ落ちている」「油断してはいけない」というチキン・リトルの警告が繰り返されているのです。

秋と冬が始まると、マスクの着用とすべてのショットの取得を拒否する人には、別の運命と暗闇の波が予測されます。ある段階で、あなたが屈服して従うほど、あなたはより多くの屈服と従わなければならないことを理解しなければなりません。

彼らがあなたから奪うことができるもの、そして奪うものに本当に終わりはなく、あなたの政府が[空白を埋める]ことは決してないという信念を保持することは日ごとにますます危険になっています。

あなたの政府は究極の力ではないことを認識することも重要です。私たちの政府高官も、しばしばディープステートと呼ばれるものから命令を受けます。

それは政府ではなく、誰にも責任を負わないグローバルな隠された権力構造であり、新しい世界秩序をもたらすためにすべての人に影響を与え、操作しています。

過去には、この影の権力ブローカーの陰謀団は、新世界秩序、またはNWOという用語で呼ばれていました。

2020年、世界経済フォーラムが公開ステージに登場し、NWOのブランド変更に他ならないグレートリセットを発表しました。

以下のビデオでは、調査ジャーナリストのハリー・ヴォックスが、病気の発生、検疫、夜間外出禁止令が支配階級のツールキットに不可欠なツールであり、これらのツールが制御の次の段階の到来を告げるためにどのように使用される予定であったかについて話しています。

2014年に行われたインタビューは、全体主義的支配のためのこれらの3つの不可欠なツールが3年間私たちの現実の一部であったため、今日では少なからず予言的に聞こえます。

その中で、ヴォックスは、ロックフェラー財団の文書である「テクノロジーと国際開発の未来のシナリオ」にも言及しており、架空のパンデミックに対する世界的な対応を詳述した「ロックステップ」シナリオを示しています。

彼らはすでにエンドゲームが何であるかをあなたに話しました

ウイルスの名前と起源は異なりますが、「テクノロジーと国際開発の未来のシナリオ」で示されているシナリオは、COVID-19の時代に私たちが経験したこと、特に経済への致命的な影響と密接に一致しています。

このシナリオでは、国際的なモビリティが急停止し、産業、観光、グローバルサプライチェーンが衰弱すると予測されていました。「地元でさえ、通常はにぎやかな店やオフィスビルが何ヶ月も空っぽで、従業員も顧客もいませんでした」と文書には書かれています。

ロックフェラーの物語では、中国は国民皆検疫を迅速に実施し、ウイルスの蔓延を抑制するのに有効であることが証明されたと賞賛している。しかし普遍的な検疫(健康な人の封鎖)は、これまで感染症対策に使用されたことがないことに注意することが重要です。

私たちはすでにそれが機能しないことを知っていました。

指導者が「権威を曲げ」、市民に厳しい制限を課した他の多くの国(「フェイスマスクの着用の義務化から、駅やスーパーマーケットなどの共同スペースの入り口での体温チェックまで」)も、このロックフェラーのシナリオでうまくいきました。

建物に入る前に体温を測るために列に並ばなければならない、そんなことが起こり得るとヴォックスが本当に信じられるのか、というインタビュアーの不信感を聞いてみてください。

まあ、私たち一人ひとりがそうしなければならないのですから、それが可能であることは分かっています。

そして、それが可能であれば、ロックステップ計画の残りの部分は、「パンデミックが衰退した後でも、市民とその活動に対する、このより権威主義的な管理と監視は行き詰まり、さらには強化される」と語っています。

一度ならず欺して、恥辱を与え、二度私を欺しってか..

私たちはもはや、グローバリストのエリート、選挙で選ばれたわけでもないディープ・ステートが、完全な支配権を握るためにどこまでやれるか、そしてどこまでやるかを信じる余裕はない。

彼らはすでに、バイオテロリズムを使って世界の資源、富、人々を支配するという究極の計画が何であるかを私たちに話しました。

私たちがとる必要があるのは、彼らに彼らの意志を押し付ける力を与える唯一のものは私たちの恐れであることを理解することです。私たちが恐怖を選び、政府が私たちを安全に保つように要求する限り、彼らは勝つチャンスがあります。

うまくいけば、明らかに大多数の人々が今までにこの教訓を学び、同じトリックに二度とは陥らないでしょう。

彼らはこの冬に同じプレイブックを使用しますか?

もちろん使うでしょう。

すでに、私たちは美徳への呼びかけを見ています。彼らは、マスクの着用とワクチン接種は任意であると言っていますが、「他人を守るために」推奨しています。

それが2020年に始まった方法であり、私たちがどこに行き着いたかを見てください。

あなたは本当にそのすべてをもう一度経験したいですか? そうでない場合は、最初から「いいえ」と言ってください。

マスクにノーと言ってください。社会的距離にノーと言おう。休日をキャンセルすることにノーと言ってください。ロックダウンにノーと言おう。インフルエンザワクチンとCOVID-19の予防接種にノーと言ってください。彼らの恐怖に「ノー」と言って、あなたの人生を生きてください。

恐怖はあなたをコントロールするために使用されるツールですが、それはあなたがそれに同意した場合にのみ機能します。

恐れを捨てて、ただあなたの健康をコントロールしてください

インフルエンザ、RSV、COVID-19は、特定の高リスクの個人にとって問題があり危険な場合がありますが、それらに関連する全体的なリスクはほとんどの人にとってごくわずかです。

あなたの人生を振り返ってください—あなたは何回風邪やインフルエンザにかかったことがありますか? あなたはまだ生きていますか? 風邪やインフルエンザで亡くなった人は何人知っていますか?

この時点で、大多数の人々はCOVID-19にも感染しており、その非致死性を証明するためにここにいます。

残念ながら、COVID-19の予防接種を数回受けた人は、現在リスクの高いカテゴリーに属しており、実際にはより深刻な感染症を経験する可能性があります。ジャブされていない人にとって、最新の亜種は非常に低いリスクをもたらします。

免疫システムを強力に保つことは、すべての感染症から身を守るための最良の方法であり、それを行うための多くの効果的な方法があります。

詳細については、提供されているハイパーリンクに従ってください。

一方、NACはグルタチオンの還元の前駆体であり、特にCOVID-19で重要な役割を果たしているようです。

NACの利点には、炎症誘発性サイトカインの発現の阻害、T細胞応答の改善、および肺の酸素交換能力を損なう脳卒中および/または血栓を引き起こす可能性のある凝固亢進の阻害が含まれます。

ジョセフ・メルコラ博士のアバター

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。