ビル・ゲイツとネオ封建主義:コロナの次は

一連のコロナ騒動はなぜ起こったのか、その背景についてロバート・F・ケネディ・ジュニアの寄稿を読むと、世界が新しい権力構造に移行してきていることがよく解る。
ビル・ゲイツの野望と自然の摂理に対する挑戦への痛烈な批判が中心だが、一読する価値があるので紹介する。長文ですが、是非ご一読下さい。以下は感想。
ゲイツ財団は、グーグルの親会社であるアルファベットに多額の投資を行っている。その「Moonshot」プロジェクトは、「人工知能、シミュレーション、センサー、ロボティクスなどのブレークスルーに基づいて、さまざまなソフトウェアとハードウェアを開発しています。
ゲイツが支配する国際機関、提携している大企業、 特に 、ゲイツ出資の世界経済フォーラム(WEF); (毎年ダボスで世界の億万長者を集めて、人類の政治的、経済的未来を計画する)。WEFのクラウス・シュワブ会長の著書「COVID-19:グレート・リセット」が世界の選ばれた役人・地方の幹部に送られているのは意味深だ。グレートリセットは、COVID-19パンデミックの後に体系的に新しい制御された経済を再構築する世界経済フォーラム(WEF)の計画です。コロナの次に来るのは種子と食料の独占ということで、我が国の種子法改正などもきな臭い側面が否定できない。ゲイツと彼のワクチンカルテルが人類の支配を固めるために都合の良い機会を与えたとする『最後のアメリカのヴァガボンド』のデリック・ブズの2020年5月の記事も興味深い。コロナ渦が長引く悪夢が単なる妄想的陰謀論であるかどうかは、時間が教えてくれるだろう。

ビル・ゲイツとネオ封建主義:農家法案を詳しく見る Robert_F._Kennedy_Jr.

「ビル・ゲイツは密かに彼自身を合衆国最大の農地所有者にしました。独占的支配に取りつかれている男にとって、食料生産を支配する機会も魅力的であるように思われるに違いありません。」というロバート・F・ケネディ・ジュニアの寄稿です。

「ゲイツはナポレオンの精神の持ち主で、困難に晒された経験や逆境に直面することなく、権力と批判に晒され事の無い純粋な成功に対しての希求を持っています」と、 ゲイツ/マイクロソフトの独占禁止法詐欺事件の裁判長トーマス・ペンフィールド・ジャクソン判事は言っています。

ビル・ゲイツが作曲し応援演出を支援した世界的なロックダウンは、米国だけで10万以上の企業を倒産させ、10億人の人々を貧困と致命的な食糧不安に陥れ、他の壊滅的な被害の中で毎月10,000人のアフリカの子供たちを殺し、ゲイツの富を200億ドル増やしています。彼の1330億ドルの財産は、彼を世界で4番目に裕福な人にした.

ゲイツは、その新しく加わった現金を使用して、火事場泥棒価格で下げられた資産を購入し、公衆衛生の独占管理、刑務所の民営化オンライン教育グローバルコミュニケーションを広めながら、デジタル通貨、ハイテク監視データ収集システム人工知能を推進することで、世界の人々に対する彼の力を拡大してきました。

独占支配に取りつかれている人にとって、食料生産を支配する機会はたまらないように見えるに違いない。

土地報告書の最新号によると、ゲイツは密かに自分自身を米国最大の農地の所有者にしました。ゲイツのポートフォリオは現在、ルイジアナ州、アーカンソー州、ネブラスカ州、アリゾナ州、フロリダ州、ワシントン州、その他18州で約242,000エーカーのアメリカの農地約27,000エーカーの他の土地で構成されています。

トーマス・ジェファーソンは、ヨーロッパの封建主義の支配から自己統治の崇高な実験に取って代わるためのアメリカの模範的な闘争の成功は、私たちの民主主義に利害関係を持つ何万人もの独立した農民による国の土地基盤の永久支配に依存していると信じていました。

アメリカの農業不動産をかき集めるゲイツのキャンペーンは、よく言って、封建主義が再び流行しているかもしれないというサインにしか過ぎない。しかし最悪の場合、彼の買い物は、ナポレオン的複合体を持つ権力志向の巨大マニアックによる世界的な食糧供給の制御という、想像を凌ぐ驚くべきものの先駆けとなる。

ゲーツの極秘購入の内容を、農業と食料生産に対する長期的な戦略の一環として、世界的に見てしてみましょう。

1994年から、ゲイツは世界的な農業生産に対する垂直統合支配を達成するための国際的な生物資源盗賊行為キャンペーンを開始しました。彼の帝国には、広大な農地と遺伝子組換え作物への多額の投資、種子特許、合成食品、ロボット農場労働者を含む人工知能、コカ・コーラ、ユニリーバ、フィリップ・モリス(クラフトゼネラルフーズ)、ケロッグプロクター・アンド・ギャンブルアマゾン(ホールフーズ)、モンサントやバイエルのように多国籍で農薬や石油化学を販売している企業群があります。

通常、ゲイツは、ビル&メリンダ・ゲイツ財団、国際援助のすべてで最も豊かで最も強力な組織、ビッグAg、ビッグケミカルビッグフードとの財政的パートナーシップ、そして彼自身が作ったいくつかを含む国際機関で、彼の支配が及ぶ納税者補助助成金と共にプライベートの投資を調整します。- そして、彼の製品のための支配的市場を作る素晴らしい力を持っています。

元国務長官のヘンリー・キッシンジャーは、プロテジェ(庇護者)かつデビッド・ロックフェラーのパートナーであり、「食糧供給を支配する者は人々を支配する」と看破しました。2006年、ビル&メリンダ・ゲイツとロックフェラー財団は、食糧不安を半分に減らしながら、2020年までに作物の生産性を倍増し、3,000万人の小規模農家の収入を増やすと約束した4億2,400万ドルのアフリカ緑の革命のための同盟(AGRA)を立ち上げました。

特徴的なことは、ゲイツの世界的な問題に対するアプローチは、技術と彼の化学、医薬品、石油業界のパートナーをあらゆるソリューションの中心に置いています。結局のところ、ゲイツの食糧生産のための「革新的な戦略」は、貧しいアフリカの農家に遺伝子組み換え食品(GMO)、化学、化石燃料ベースの農業のアメリカの失敗したシステムを強制することでした。

アフリカの農業慣行は、作物の多様性、地方分権、持続可能性、私有財産、自己組織化、種子のローカルコントロールを促進する形で10,000年以上の土地から進化してきました。これらのローカライズされたシステムに内在する個人の自由は、農場の家族が独自の決定を下すことを残します:彼らの土地のマスターであり、彼らの運命の主権者です。何百万人もの小規模農家による継続的な革新により、持続可能な収量と種の多様性が最大化されて来ました。

植民地主義の彼の冷酷な再発明では、ゲイツは、この古代のシステムを解体し、ハイテクの企業化され、工業化された農業、化学的に依存する単一文化、極端な中央集権化とトップダウン制御に置き換えるために49億ドルを費やしました。彼は輸入商業種子石油肥料や農薬に移行するよう、小さなアフリカの農場を強制しました

ゲイツは化学品と種子のサプライチェーンインフラを構築し、アフリカ政府に巨額の補助金を費やし、厳しい罰則と権威主義的管理を使用して農家に高価なものを購入させ、彼の命令を遵守するよう圧力をかけた。ゲイツは、農民がソルガム、キビ、サツマイモ、キャッサバのような伝統的な栄養価の高い従属作物を大豆やトウモロコシのような高収量の工業用現金作物に置き換え、エリート商品トレーダーに利益をもたらすが、貧しいアフリカ人は食べるものがほとんどないままにしました。栄養と生産性の両方が急落しました。土壌は石油化学肥料の多使用でより酸性になってしまいました。

ゲイツのアフリカワクチン企業と同様に、内部評価も公的説明責任がありませんでした。2020年の研究「偽りの約束:アフリカの緑の革命のための同盟(AGRA)」は、ゲイツのカルテルの14年間の努力に関するレポートカードです。調査は、ゲイツが標的にした18カ国で極度の飢餓に苦しむアフリカ人の数が30%増加したと結論付けている。農村の貧困は劇的に転移し、これらの国々の飢えた人々の数は1億3100万人に増加した。

ゲイツのプランテーション制度の下、アフリカの農村人口は、ビル・ゲイツの「緑の革命」の決定的な特徴であるハイテクインプット、機械化、厳格なスケジュール、負担の大きい条件、クレジット、補助金の横暴な奴隷となっています。

ゲイツのプログラムの恩恵を受けている唯一の団体は、彼の国際的な企業パートナーであり、特にゲイツ財団信託が2010年に2300万ドル相当の50万株を購入したモンサントです(しかし、後に市民社会グループからの圧力を受けてそれらの株式を売却しました)。ゲイツ自身もモンサントの遺伝子組み換え作物のコマーシャルを撮影し、世界の飢餓に対する「解決策」として宣伝しました。

ゲイツの奇妙なご祝儀の典型的な例として、彼の財団はあからさまに、南アフリカのGMO大豆のための彼のサプライチェーンを構築するために、ビッグAgベヒーモス、カーギルに1000万ドルに相当する彼の納税者補助の「慈善」助成金を作りました。アフリカ人はゲイツのプログラムを「新植民地主義」または「企業植民地主義」と呼んでいます。

シアトルに拠点を置くグローバル・ジャスティス・コミュニティ・アライアンスのAGRA Watchイニシアチブは、ゲイツの農業・食糧政策に従っています。AGRAの広報担当ヘザー・デイによると、AGRAは企業の盗賊政治のトロイの木馬です。

「ゲイツ財団とAGRAは『プロ農家』『プロ貧者』、『プロ環境』であると唱道しています」とデイは私に言いました。しかし、彼らのアプローチは、モンサントのようなトランスナショナル企業やUSAID(米国国際開発庁)のような外交政策アクターと密接に繋がってています。彼らは食料危機と地球規模の気候危機を利用して、ゲイツの企業パートナーに利益を生み出すハイテクで集中型の産業農業を促進し、環境を悪化させ、農家を失望させます。彼らのプログラムは、バイオ盗賊行為と企業のバイオ盗賊行為に基づく慈善資本主義の暗い形を持っています。

ゲイツの気候活動(私の環境同僚へのメモ)

穏やかな意図で人類のための彼の暗黒郷の計画を隠すために、ゲイツは「持続可能性」、「生物多様性」、「良い環境管理」、「気候」のレトリックを採用しました。これらの原因は、私たちの子供たちに実存的な脅威をもたらし、緊急の注意を必要とする厳しい現実です。しかし、ゲイツの記録は、個人的な利益とコントロールを最大化するという彼の目的を隠す仮面として彼の慈悲深い意図を強調するのみです。

環境運動の友人の多くがゲイツのごまかしを飲み込んだのは、私にとって困惑です。気候活動家としての40年間で、ゲイツが本物の気候擁護に資金を提供した証拠はゼロでした。ゲイツ財団は気候戦争のAWOL(欠勤者)です。

主要な気候グループ、国家資源防衛会議、環境防衛基金、シエラクラブ、グリーンピース、ウォーターキーパーなどは、世界最大の慈善活動から事実上何も受け取りません。彼の投資履歴からみると、ゲイツと彼の仲間達にとって、気候危機は、押しつけがましい社会的制御、即ち、“グレートリセット”のための大がかりな監視、大規模サイエンスフィクションである地球工学の無用な仕事(boondoggles)などで、彼の認知症と恐ろしい虚栄心プロジェクトは、温暖化を遅くするために成層圏に塩化カルシウムまたは海水をスプレーし温暖化を防止する、反射粒子を持った巨大な気球群で大気を飽和させ太陽を遮る、あるいはまた、南フロリダで何百万もの遺伝子組み換え蚊を放出するという危険な捨て駒(gambit)といったもののアリバイに過ぎない。

これらの悪夢の計画を、彼が毎年1億6,100万人のアフリカの子供たちに強制する実験ワクチンと一緒の流れに置いてみると、ゲイツが私たちすべてを彼の研究室のラットと見做していることはかなり明らかです。

ゲイツはまた、キッシンジャーのアドバイスを鑑みています, 「石油を制御するものは、国家を制御できる」; 彼のエネルギー関連保有は、温室効果ガスに対する彼の表現された反感を反映していない。ゲイツの炭化水素への個人的な投資には、エクソン、シェブロン、コノコフィリップス、シェルなど、すべての石油メジャーの巨額の株式が含まれます。彼は世界最大のプライベートジェット会社を所有しています。石炭に対する彼の大きなコミットメントには、カナダ国鉄ミシシッピ川の東最大の石炭輸送機関であるCSXリッチモンドを含む最も汚れた石炭発電艦隊への巨大な投資が含まれます。ゲイツは炭素の未来に大きな賭けをしています。

ゲイツのエネルギーハングリーなデータ収集、処理、分析センターは、世界で最も急成長しているエネルギー需要の源泉の1つです。そして、もちろん、ゲイツの化学/産業農業企業は、気候に優しいことへのアンチテーゼです。彼の遺伝子組み換え(GMO)トウモロコシは、肥料、農薬、天然ガスやその他の化石燃料から作られた農薬を大量に必要とします。マイケル・ポランの言葉で、”石油を食べる”といったように、彼は効果的にアフリカ人を強制しました。アフリカの農民はゲイツのプログラムを「環境に愚かな農業」と呼んでいます。

ゲイツは、パンデミック、気候、飢饉、大量絶滅など、世界的な危機に太ることを学びました。気候変動はゲイツに種子、食料、農業に対する独占を生み出す口実を与えた。

2008年、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、サハラ以南のアフリカと南アジアの小規模農家の間で高収量の持続可能な農業を促進するための3億6000万ドルの助成金を発表しました。財団の計画には、遺伝子操作を通じて、高生産、干ばつ耐性乳牛の育成、気候変動に強い超作物の開発と増殖が含まれていました。

言い換えれば、気候変動は、よりいたずらな地球工学のための装いでした。一方、ゲイツのag農業政策は、私たちの惑星の気候システムを破壊し、何百万もの種を絶滅させ、土壌を砂漠化し、水システムを破壊し、毒カルテルを豊かにしています

だから、私の仲間の環境リーダーへのメモ:ビル・ゲイツは私たちのアミーゴではありません。さらに、ゲイツは気候への関心ぶりを見せつつ、何百万人ものアメリカ人と共に気候改革を行い、彼の野心に基いて人類をコントロールし、経済活動と個人の自由に終止符を打ちました。

アメリカの半数は気候変動を豊かさを上方にシフトする「グレート・リセット」 ペテンflimflam、もしくは地球工学的無用な仕事と見なしているのは、主にゲイツのやっていることです。彼らが気候変動の深刻な危険を認識していないのは彼らの責任である。ビル・ゲイツの危険に故意に目がくらんでいるのは私たちの責任です。

ゲイツは、すべてのこの混乱から利益を得る。気候論争の二極化は、それによって彼の炭素関連株の価値を維持する改革努力を麻痺させる。私たちは皆、そのグリーンマスクの背後に本当に誰がいるかを認識する必要があります!

バイオピラシー(生物piracy)

「土壌を破壊する国は自らを破壊する」— フランクリン・D・ルーズベルト大統領の全州知事への手紙、1937年2月

長い経験と研究から、生物多様性に基づいた種子の自由と食糧の自由に基づく農業生態学は、市民の自由と民主主義だけでなく、食糧と農業の未来に不可欠であることを示しています。

何千年もの間、農家のイノベーションと生物多様性は共に進化し、持続可能な食糧生産と生物多様性のための最も効率的な慣行を創り出しました。国際農業知識・科学技術開発評価(IAASTD)による2009年の国連の研究は、伝統的な農業を改善するためのゲイツ/ロックフェラー「グリーン革命」の失敗を示す議論の余地のない証拠を文書化しています。

IAASTDは、世界の飢餓問題を研究するために、900人の主要な科学者、農学者、研究者のチームを配備しました。彼らの包括的かつ決定的な報告書は、GMO(遺伝子組み換え)作物が食糧不足や農村の貧困に対する答えではないことを示した。この報告書は、ゲイツのグリーン革命も彼の遺伝子組み換え作物も世界を養うのと同時に地球を守ることができないと結論づけている。

IAASTDの包括的な分析は、ロックフェラー財団が1960年代にインドとメキシコで立ち上げたグリーン革命が大惨事だったことを示しています。単一文化の化学的方法は、生物多様性、土壌、水を破壊し、気候変動に貢献することによって、生命と食糧生産を支援する地球の能力を損なっています。

グリーン革命政策は食料と栄養安全保障を覆し、外部からの借金を通じて小規模農家を駆逐する。IAASTDと他の多くの研究は、種子主権食糧主権と知識主権が食糧と農業のための唯一の実行可能な未来であることを示しています。国連と世界のトップ農業科学者は、遺伝子組み換え作物は伝統的な農業ほど効果的に飢餓と戦うことができないと認めている。

ビル・ゲイツは、この現実を無視することを選択し、彼が技術で世界を救うために神によって選ばれたという彼の救世主信仰を信じて科学に基づく証拠を退けています。ゲイツ博士によると、健康は注射器に入っているだけです(彼は世界最大のワクチン生産者です)。

同様に、ビル・ゲイツは、良い食べ物は単一文化、化学農薬や肥料、GMO作物、そして彼が所有している特許を持つ種子から来ていると説いています。彼の農業帝国を建設する際に、ゲイツは繰り返し科学者や農民の声を無視し、法律、条約、伝統、公民権、科学、感性を踏みにじる意思を示してきました。

種子を盗む

約1万年前の新石器時代革命の発育以来、農家やコミュニティは、特異な成長、薬用および栄養的属性を高める収量、味、栄養、堅牢な種子の資質、および特定の種子が特定の土壌や水の状態で繁栄したり、捕食者に抵抗することを可能にする遺伝的回復力を向上させるために取り組んできました。

これらの活発で独創的な遺伝学は、人類の1,000世代にわたる強力な農業革新の間に、人間、自然とその創造者との間の奇跡的なコラボレーションの産物です。農民の間で知識と種子の自由な交換は、生物多様性と食料安全保障を維持するための基礎となっています。

1979年以来、世界銀行の後援の下、国際農業研究諮問グループ(CGIAR)として知られる農業研究センターのコンソーシアムは、世界中の小さな農家からこれらの最高の種子を収集し、異なる国に駐留する15の独立した公共種子バンクでそれらを保存しています。そのベンチャーは、何千年もの間作物の多様性を維持するために、すべての人類の利益のために遺産種子株の完全な在庫を保存記録しようとしました。

過去17年間で、Gatesは768,578種の種子を含むコレクションの管理を得て、世界有数の種子在庫の独占所有権を主張することに成功しました。

2003年からロックフェラー財団と連携して、ビル&メリンダ・ゲイツ財団は、CGIARのシードバンクプロジェクトに7億2000万ドルを投入しました。CGIARの最大の資金提供者として、ゲイツは彼の財政的レバレッジを使用して、CGIARの15の法的に独立したセンターを1つの法人に統合しました。その後、科学研究機関からバイエルやカーギルなどのコモディティベースの企業への研究と種子の移転を図ります。このようにして、彼は世界中の先住民農家からの最も有望な種子のために種子の備蓄を襲撃し、略奪し、民営化しています。

ゲイツ・Ag One’sのディレクター、ジョー・コーネリアス は バイエルクロップサイエンスの元エグゼクティブです。それ以前は、モンサントの国際開発ディレクターを務めていた。コーネリアスと協力して、ゲイツはモンサントが遺伝子組み換え作物を広め、種子を特許化する道を開いた1980年代に開拓した技術を完成させました。ゲイツは、何千年もの間に農民によって飼育された何百万もの植物の一般的なゲノムデータを略奪し、独占するために、ビッグデータの海賊戦争で司令官になりました。

ゲイツは、2015年に立ち上げた世界的なプロジェクトであるダイバーシティ・シーク(DivSeek)に資金を提供し、種子バンクに保有する農民種子株のゲノムとゲノム配列をマッピングしました。DivSeekとゲイツAg Oneは、コモンズを「検閲」するため、種子データ発掘の為の彼の槍で、言い換えれば一般の所有権の主張を排除するものです。

人工知能(AI)とデジタル技術を使用して、DivSeekとGates AG Oneのゲイツの手下はこれらの種子をスキャンし、それらの遺伝的データをマッピング、特許、人類の世界的な種子遺産を積み重ねるためにそれらの遺伝子データを分類します。ゲイツはCRISPR技術を使用して遺産種子ゲノムを選択的に編集し、特許の課題に耐えられる十分な変更を行うことで、特許の根拠を強化します。

ゲイツの主な目的は、ゲイツの「毒カルテル」パートナーが生産する農薬に対応するように設計されたグリーン・レボリューション品種を増殖させることです:モンサント、バイエル、ダウ/デュポン、クロップライフ、BASF、シンジェンタ、コルテバなど。要するに、ゲイツは意図的にその完全性と多様性の種を奪い、進化の歴史とその土壌への関連性を取り除き、すべてを単純な「コード」に減らします。このように、ゲイツは私たちの惑星の遺伝的多様性を捉え、それを書き換え、そのコード特許を取得し、人類から種子を盗み、化学コングロマリットと結託します。

シードバンクを一元化し、知的財産法を操作することで、ゲイツは世界の農民や先住民の農民が苦労して稼いだ種子と知識を奪う「遺伝子植民化」のキャンペーンを開始しました。

「ゲイツ・Ag One’s の目的は、この惑星の遺伝的多様性を支配することです」と、農業の自由活動家ヴァンダナ・シヴァ博士は私に言いました。シヴァによると、ゲイツは「農民の種子主権と国の種子主権の両方を破壊し、妨害し続けています。ゲイツ・Ag One’sは、生命と生物多様性、食糧と農業、そして私たちの経済持続性を超えて帝国を作り出す意図を明確に宣言したものです。その過程で、シヴァは「ゲイツは神の創造を損なう邪悪なフランケンシュタイン実験に資金を提供している」と言います。

市民、政府、農場組織は多くの法律を制定しており、政府は生物多様性保護に関する国際条約を採択しています。 政府当局者を説得し、知的財産法を操作し、種子規制を書き換えることで、ゲイツはこれらの法令や条約を迂回または踏みにじることを可能にし、世界企業が地球の生物多様性と農民や農民の種子を乗っ取るのを防ぐために政府が実施した多国間ガバナンス構造を骨抜きにすることができました。

遺伝子組換え作物(GMOs)

ゲイツ氏の技術に対する使命的な信仰は、食糧不安や病気から気候の健康に至る、すべての人間の病気の解決策として、遺伝子組み換え作物の強迫的な推進を表しています。ゲイツの熱心な遺伝子組み換え崇拝遺伝子編集技術は、彼らの安全に疑問を持つ農学者、栄養士、毒物学者や他の科学者による査読と科学的証拠による警告の山に耳を貸しません。

GMOワクチンと医薬品は彼の公衆衛生企業の主力であり、ゲイツはすべての農業問題の修正として遺伝子組み換え作物の研究、開発、増殖に資金を提供しています。彼は、例えば、エマニュエル・シャルパンティエとジェニファー・ドゥードナ、遺伝子編集で2020年のノーベル賞を受賞した2人のCRISPR化学者に資金を提供しました。

ゲイツはモンサントの最大株主の一人でもあり、世界で最も積極的な遺伝子組み換え作物や農薬の推進者でした。ゲイツAg One’sの中心的な使命は、ゲイツのテストされていない遺伝子組み換え作物、特許取得済みの種子、合成食品、実験薬を人類に課すために、事実上すべての独立した科学と安全性評価に真っ向から反抗することです。

モンサントの株式保有と加工食品、化学、石油会社との友好関係は、ゲイツの公衆衛生の支持者としての見せかけの信用を落とすことになるかもしれません。しかし、ゲイツのメディアジャーナリズムへの巨額の投資(2020年3月の国家誌博覧会は、ゲイツ財団がNBC/ユニバーサルを含むメディアへの助成金で2億5000万ドルで有利な報道のゲイツ保証を買ったことを明らかにします。 BBC、NPR、ガーディアン、ルモンド、アルジャジーラ、その他の「ニュースに影響を与える」など)は、メディアが歴史的に適用されてきた悪魔的な利益を上げる計画や、権力狂った億万長者による偽善をランク付けする精査と懐疑的な見方から彼を保護してきました。

お金がものを言い、ゲイツと彼の製薬会社の同盟国が毎年公共および商業ジャーナリズムに注ぐ数十億ドルは、代わりにゲイツをメディアに最も愛される人にしました。彼は、主要なケーブルとネットワークニュース番組の彼の隔週の「衛星ツアー」を使用して、アンダーソン・クーパー (CNN)、デビッド・ミュア(ABC)、アリ・メルバー (MSNBC)、チャック・トッド(NBC)を含む、強迫的なホスト(ノラ・オドネルを除く)ソフトな質問と卑屈なホストからの子鹿の服従を引き出し命令する、魅惑的な力を披露します。

政府規制の回避

ゲイツの富と権力はまた、彼がGMOの拡散を規制するための政府の努力を回避することを可能にします。2011年、インドがゲイツの遺伝子組み換えBtコットンラウンドアップレディ作物の一時停止令を導入したとき、ゲイツはバングラデシュに彼の事業をシフトしました。欧州司法裁判所が、遺伝子編集された生物と遺伝子組み換え作物が公衆衛生を保護するために厳しく規制されなければならないと判断したとき、ゲイツはヨーロッパのコミュニティ全体の規制緩和のためのロビー活動を開始しました

ゲイツは現在、GMOと遺伝子編集法に対する安全基準を課している多くの国に攻撃を展開するために数十億ドルを用いています。科学者や規制当局が遺伝子編集と遺伝子組み換え作物の安全性を正確に評価するために時間が不可欠であると主張すると、ゲイツは「時間は敵です!」

2017年、ドイツの人権団体ハインリッヒ・ベル・スティフトゥン(HBS)は、リスクの高い遺伝子操作実験に民主的に課された拘束を回避するためのゲイツの秘密キャンペーンの証拠を発表した。HBSは、米国の情報の自由法の下で得られたグループの1,200通以上の電子メールをリリースしました。これらの文書は、ビル&メリンダ・ゲイツ財団が、国連職員を腐敗させ、「遺伝子ドライブ」と呼ばれる悪魔的な新技術を禁止する国際的な取り組みを妨害することを目的とした覆面スパイ攻撃を仕掛けるために、いかがわしいビッグAg/Biotechスパイとプロパガンダ部隊を雇ったことを示しています。

遺伝子ドライブは、遺伝子工学、合成生物学、遺伝子編集の最先端にあります。それらは優生主義者のための選択のツールであり、ゲイツと彼のシリコンバレーの仲間達によって支持されたテクノクラティックな「超人間主義の未来」を構築しようとしている人のための選択のツールです。

科学者たちはCRISPR技術を使用して遺伝子を生物染色体に編集し、DNAを再プログラムして遺伝子遺伝の通常のルールをオフにし、人工的に導入された形質を全集団を通じて「駆動」し、将来のすべての世代に広げます。種全体のゲノムを恒久的に改変する能力は、遺伝子ドライブを究極の力を持った生物学的手段にします。

遺伝子編集技術は、ゲイツの計画を容易にして、新しく改良された植物種を作り、特許を取得したり、彼が不承認の種を絶滅させたりする可能性がある。彼の目的の一つは、遺伝子ドライブを使用して、ジカ熱やマラリアを広げた蚊種全体を根絶するために「自殺遺伝子」を挿入することです – ゲイツ財団が4000万ドルを投資しているターゲットマラリアプロジェクトの目標。ゲイツの長年のプロテジェ(庇護者)であり、ゲイツのパートナーであり、遺伝子ドライブのための熱狂的なチアリーダーであるアンソニー・ファウチ博士StatNewsに「それらを取り除くことは祝福になるだろう」と語った。

批評家は、遺伝子ドライブは、種全体を変更または排除し、生態系を壊滅的に変化させる能力のために、人類に実存的なバイオセキュリティリスクをもたらすと主張しています。彼らは、また、究極の生物兵器です。様々な軍事機関や情報機関の中で最も悪魔的な心は、スーパーソルジャーを繁殖させるか、「黙示録遺伝子」を鋳造するために遺伝子ドライブを切望しています。批評家は、国家がいつか特定の人種や望ましくない形質を根絶するために「ジェノサイド遺伝子」を使用するかもしれないと恐れている。

HBSの遺伝子ドライブファイルは、遺伝子駆動技術の開発における米軍の主導的役割を公開しています。米国国防高等研究プロジェクト庁(DARPA)は、遺伝子ドライブの研究に約1億ドルを費やしてきました。他の主要なジーンドライブ投資家は、ファウチ博士の国立衛生研究所(NIH)と、自殺と抗不妊遺伝子の研究に7,500万ドルを投資したビル&メリンダ・ゲイツ財団です。

2016年にカンクンで開催された国連生物多様性条約(COP13)では、ハインリッヒ・ベル財団を含む179の国際機関が、遺伝子ドライブに世界的なモラトリアムを課すことを国連に決議投票しました。この技術の反対派はまた、「良心を持つ保全の呼びかけ:保全における遺伝子ドライブのための場所なし」という手紙を回覧しました。環境保護主義者は、自殺や絶滅遺伝子が種を飛躍させる場合、意図しない結果を心配します。

ジーンドライブの電子メールは、COP 13決議に反応して、ゲイツ財団がビッグファーマとビッグAgとの不吉な絡み合いのもと、筋書きどおりのスパイの懸念がある「Emerging Ag」を雇い、遺伝子ドライブに反対する広範囲に結びついた国際連合を妨害し、潰したことを明らかにしました。

ゲイツ財団は、エマージングAgに「遺伝子ドライブをめぐる国連の意思決定プロセスを操る学者の秘密連合を募集する」ために160万ドルに拠出しました。電子メールは、ゲイツのキャンペーンが「遺伝子ドライブ猶予令の支持者に対して反撃する」億万長者の計画の一部であることを明らかにします。新興Agは、約65人の「独立した科学者」(業界の言語で「バイオティテス」)を雇い、公務員をオンライン専門家グループ、国連CBD合成生物学オンラインフォーラムに密かに動員しました。ゲイツ財団の幹部は、これらの曲がった工作員に、規制を妨害し、科学を弱体化させ、支持者の信用を落とし、プロセスを腐敗させ、民主主義を覆す方法についての日々の指示を与えました。

そのキャンペーンのさらなる促進のために、ゲイツは同時に遺伝子ドライブを支持者する米国科学アカデミーによる2016年の報告書に資金を提供しました。DARPAはゲイツ財団とホワイトウォッシュ報告書に共同出資しました。ガーディアンがNASレポートのリリース後に指摘したように:

「NAS研究に対して支払ったのと同じ米国の防衛調査機関(DARPA)が、遺伝子ドライブの研究と開発に全力を向けていることが知られています。心配すべき当然の理由があるからだ」

ETCグループのジム・トーマスが観察したように、「遺伝子ドライブの開発が現在、主に米軍によって資金提供され、構造化されているという事実は、この分野全体について驚くべき疑問を起こさせる」。

エマージングAgとの協調キャンペーンの推進として、ゲイツ財団は、ゲイツの支配下にあった3人のメンバーを、合成生物学に関するAHTEG(アドホック技術専門家グループ)として知られる関連国連専門家委員会のメンバーを操りました。ゲイツとエマージングAgは成功し、国連はモラトリアムを撃墜しました。

遺伝子ドライブのファイルによって暴露されたゲイツ財団の役割は、この危険な技術に対する環境運動のキャンペーンを覆すことで、ゲイツと彼の財団は、プロセス、民主主義、科学、法律、世論、公衆衛生、人類の安全に対する侮辱を伴った不正な無法カルテルであると確信します。

人間の健康に関する化学戦争

世界中の人間の健康を荒廃させ、子ども達を衰弱させている慢性疾患の流行の主要な犯人としてゲイツがお好みの、工業的に栽培され、加工された食品にあるという山のような証拠があります。

世界で最も人気のある遺伝子組み換え作物は、農薬の空中散布を容易にします。モンサントの遺伝子を挿入して農作物を雑草殺毒に耐性にする技術は、Big Agが地上の農場労働者を解雇することを可能にし、景観(および食物)をグリホサートネオニコチノイドのようなエアロゾル化毒素で飽和させる飛行機(またはドローン)に置き換えます。

1940年代に化学農薬が急増して以来、アメリカのソングバードの半数以上が消滅し、世界のミツバチや昆虫の個体数のほとんどが崩壊し、アメリカの慢性疾患率は農薬使用の増加に伴い54%に上昇しました。

ヴァンダナ・シヴァが指摘したように、「ゲイツは自然だけでなく、私たちの体の代謝システムと腸内微生物叢の共生ということに対して、彼の農薬と除草剤への執着、そして人類を遺伝子組み換えに切り替える彼のキャンペーンを以て、化学戦を宣言しました。

合成食品:ソイレント(従来の食事を不要とする完全タンパクとエネルギーを持つ飲み物?)’ゲイツ’

「非常に幼い頃からの食事、注射、強制命令は、当局が望ましいと考えるような性格と信念を生み出し、同時に心理的に不可能な権力に対する深刻な批判を生み出すだろう」— これは、CIAのプロパガンディストであった、バ-トランド・ラッセルは、特権的な寡頭階級による世界政府、独裁政権、そしてトップダウンによる大衆のコントロールの支持者の言葉である(1952).

ゲイツの権力、利益、統制という内心の底意は、いわゆる「トランスヒューマン」ラボ食品を合成するという彼のコミットメントと、加工食品製造への巨額の投資を促進しているようです。

ゲイツは合成肉を「食べ物の未来」と呼び、彼は、植物ベースの鶏肉、卵など、昆虫から食べ物を作る企業への投資を行っています。ゲイツは、鶏肉から魚まで、100以上の動物プロキシの特許を所有しているか、特許申請をしています。様々な合成ラボ食品や食材を製造するMotif FoodWorksに多額の投資を行っている。2015年に億万長者の仲間であるジェフ・ベゾス、マイケル・ブルームバーグ、マーク・ザッカーバーグ(いわゆる「パンデミック・プロフィッターズ・クラブ」)とブレイクスルー・エナジーを共同設立。(米国の億万長者は、ロックダウンが始まって以来、1.1兆ドルの富を増やしてきましたが、貧しいアメリカ人の数は800万人増加しました。

そのコラボレーションは、タイソン・フーズとカーギルと共同で所有しているビヨンド・ミートに大きな株式を持っています。ビヨンドミートは、植物ベースのGMOと農薬を含むチキンタコスを作ります。ゲイツと彼の億万長者ボーイズクラブはまた、GMO大豆から合成ハンバーガーやソーセージを生産するために熱と圧力を使用するインポッシブルフーズで大きな役割を持っています。ラボの結果では、同社の模造肉には競合他社の11倍のグリホサートが含まれていることをしています。Soil4ClimateのSeth Itzkanは書きました:

「インポッシブル食品は本当に『インポッシブル特許』と呼ばれるべきです。それは食べ物ではありません。それはソフトウェア、知的財産です – 実際に、インポッシブルバーガーの各一口で、14特許の、。それは次のキラーアプリである人工Foodです。フレーバーをダウンロードするだけです。彼らのウーバー投資家ビル・ゲイツに受ける(歓迎)可能性が高いです。」

ブレークスルーのもう一つのベンチャーはメンフィスミートで、子牛の血液の基質に設計された肉のような組織を処方します。強気のブルームバーグは、合成肉収入は2026年までに35億ドルに達すると予測しています。

2020年6月、「ブレイクスルーブラザーズ」は「培養ヒト乳腺と上皮細胞」から合成母乳を生産するBiomilqに350万ドルを投資しました。ゲイツは、乳が本物の母乳に存在する母体抗体を含むかどうか、感染症から乳児を保護する機能、またはBiomilqの子供たちの次の世代が代わりにゲイツのGMOワクチンの追加に頼る必要があるかどうか説明していません。

感銘を受けていないヴァンダナ・シヴァは、ビル・ゲイツが「良い、健康的なタンパク質と脂肪を奪い、私たちを彼の合成ラボで栽培されたゴミに夢中にさせたい」と観察しています。

ゲイツは、国連の子会社GAVIの作成者であり最大の寄付者であり、彼は彼の悪魔的な化学物質、医療、食品の調合をプッシュし、アフリカ人とインド人に対して悪質なワクチン実験を行うために作成した偽の政府機関です。2014年以来、ゲイツ財団が約85万ドルの資金を提供する国連食糧農業機関は、特に貧しい人々のために昆虫タンパク質の使用を積極的に推進してきました。GAVIは、スズメバチ、カブトムシ、コオロギ、その他の昆虫を「十分に利用されていない」食料源と特徴付けます。

ゲイツのリードに続いて、GAVIは昆虫がすぐに貧しく栄養不足の子供のための重要な食糧サプリメントになると楽観的です。

おそらく、その幸せな日を見越して、ゲイツ財団は栽培されたウジから食用タンパク質を作る南アフリカの会社に投資しています。同社の工場は10億個のハエを収容し、毎日22トンのウジを生産し、食肉処理場、自治体、家庭廃棄物をかすめています。市場はまだ人間の食べ物として未熟であるため、ゲイツはゲイツのパートナー、タイソンフーズが所有するような工場の肉操作に、バッテリーケージの鶏を養うために、そしてユニリーバが所有するような大規模な養殖場、580億ドルの多国籍企業、ゲイツのビジネスパートナーであり、彼の独特の公共慈善団体の助成金受益者です、に対して彼のウジの餌を販売しています。。

いつものように、ゲイツはまた、彼が支配する国際機関と、彼が彼の偽の食糧アジェンダを推進するために提携している大企業を動員しました。特に, ゲイツ出資の世界経済フォーラム(WEF), 毎年ダボスで世界の億万長者を集めて、人類の政治的、経済的未来を計画し、演出しています.

WEFのクラウス・シュワブ会長は、影響力のある著書「COVID-19:グレート・リセット」の著者であり、WEFは明らかに世界の選ばれた役人のほとんどに、地方の幹部に郵送しました。

シュワブ(チャールズ・R・シュワブ)は、力ある人々は、COVID危機を、困惑し、恐れ、従順な人類に、権威的統制、広範囲に亘る監視、抑圧的な新しい経済モデル、そして一つの世界政府を課すために、使うべきであると主張します。グレートリセットは、COVID-19パンデミックの後に体系的に新しい制御された経済を再構築する世界経済フォーラム(WEF)の計画です。

シュワブとチャールズ皇太子は、2020年5月のWEFサミットで「グレートリセット」を発表しました。これは、トラウマを抱えた人口を管理し、富を上方にシフトし、エリート億万長者寡頭制の利益に奉仕するため、テクノクラートによって操作された全体主義的で権威主義的な監視国家に世界を移すビジョンです。世界的な食糧政策を「リセット」するために、WEFは「食べ物のためのダボス」と表現するEATフォーラムと呼ばれる組織を推進し、提携しました。

EATの共同創設者はウェルカム・トラストでゲイツが多額の投資を行っているワクチンメーカーGlaxoSmithKline が設立し、資金を提供し、戦略的に結びついている組織です。EATの最大のイニシアチブはFReSHと呼ばれ、組織は食品システムの変革を推進する取り組みであると説明しています。このプロジェクトのパートナーには、バイエル、カーギル、シンジェンタ、ユニリーバ、ハイテク大手グーグルが含まれます。

EATフォーラムは、これらの企業と協力して「ビジネスと産業に付加価値を与える」と「政治的課題を設定する」。この利益を生み出す企業をさらに進めるために、EATはヨーロッパ、アフリカ、アジア、北米、南米、オーストラリアの約40の市政府と協力しています。また、ゲイツが出資する国連児童基金(ユニセフ)が「新しい食事ガイドラインの作成」と持続可能な開発イニシアチブを支援しています。

ブリュッセル大学の食品科学とバイオテクノロジーの教授であるフレデリック・リロイによると、EATネットワークは、インポッシブルフーズや他のバイオテクノロジー企業を含む最大の模倣肉会社のいくつかと緊密に協力して、健全な栄養価の高い食品をゲイツの遺伝子組み換えラボの調合品に置き換えます。

「彼らはそれを健康で持続可能なものとしていますが、もちろんそのどちらでもありません」と、リロイはディフェンダーに語りました。

シヴァ博士はまた、ゲイツの長く続くプロパガンダは、彼のGMO肉は子供たちに食べ物を与え、気候変動を狂わせることだと嘲笑しています。

「ラボ加工の偽食品は、ゲイツと彼の仲間のバイオテクノロジーの友人が、そのふりをしているだけで、人々に食べ物を与えたり、気候を救うことではなく、私たちの食べ物の特許を取得することです。EATの提案する食事は栄養に関するものではなく、大企業に関するものであり、食品システムの企業買収に関するものです。

リロイは付け加えて、「ユニリーバやバイエルや他の製薬会社のような企業はすでに化学プロセッサを持っているので、これらの企業の多くは、これらのラボ製食品を世界規模で生産するために必要な化学物質や抽出物の処理を中心に展開するこの新しい食品事業から利益を得るために非常によい位置にいます。

強化食品

合成食品とGMO食品は、人間の健康を支える重要な微量栄養素が少ない傾向があります。例えば、グリホサートはキレート剤として機能します。それは生命のミネラルビルディングブロックを浸出することによって雑草を殺します。グリホサートにさらされた農作物は、自然食品よりもはるかに少ない栄養価しかありません。

ゲイツの加工食品、合成食品、GMO食品を食べる人々は、臨床的に栄養失調である一方で、満腹感を持っている可能性があります。ゲイツは、技術を購入し、ミネラルやビタミンで人工的に食品を強化するロシュやクラフトのような企業と提携することにより、この問題を解決することを急いでいます。彼は同時に食糧要塞を義務付けるために発展途上国の法律を推進しています。これらの法律は、農薬および加工食品会社に伝統的および有機農家の不利な利益をもたらします。ロシュ、クラフト、ゼネラルフーズ、フィリップ・モリスなどの米国企業はすでにプロセスチーズとシリアルを強化しているので、彼らはゲイツの熱狂的なパートナーです。

私は私のキャリアの早い段階で別のビッグフード詐欺師によってしきりと行われた実例を見ています。2003年、私はスミスフィールド・フーズの工業用豚肉工場ポーランドから締め出すべく、何千人もの小さなポーランドの農民を代表していました。ポーランドのアンジェイ・レッパー副首相は、スミスフィールド当局者がレーザー式トイレの蛇口を含むハイテク衛生技術の設置を食肉処理場に義務付ける法律を支援するために、彼に100万ドルの賄賂を提供したと私に語った。スミスフィールドは、ポーランドの署名入りキールバサソーセージを作った2,600家族が運営する食肉処理場を閉鎖することになることを知っていました。レーザーを買う余裕のある唯一のエンティティとして、スミスフィールドはそれによってポーランドの屠殺能力の独占制御を得て、その有利なキールバサ輸出の100%を得ることになります。

ゲイツはスミスフィールドのプレイブックから栄養強化法を奪い取った。すべての食品を強化することを義務付け、チーズウィズやアメリカンシングル、ビタミン強化クールエイドやタンなどのクラフト製品で、地元で生産されたヤギのチーズとヤギのミルクを村の市場から置き換え、小さなアフリカの農家を廃業させることになりました。

彼の必須の強化食品アジェンダを促進するために、ゲイツは、多国籍食品会社(ゲイツのビジネスパートナー)が加工食品および強化食品に対する有利な関税と税率のロビー活動を支援し、対象国の新製品の迅速な規制レビューを支援するために、彼のための準政府組織、改善された栄養のためのグローバルアライアンス(GAIN)を編成しました。ゲイツのGAINコンソーシアムはまた、地方自治体にお金を与え、大規模な広報活動を通じて、また食品に対する政府の「承認のお墨付き」を通じて、強化食品の需要を刺激します。

ゲイツ、GAVIGAIN

ゲイツは、彼の10億ドルのグローバルワクチンプログラム(GAVI)の後に彼のGAINプロジェクトをモデル化しました。公衆衛生機関を装うことで、GAVIは公的機関や民間産業を動員し、テストされていない、実験的、または信用されていない、そしてしばしば致命的なワクチンを発展途上国の貧しい子供たちに接種させ利益を得ることに成功しました。

GAVIモデルに続いて、ゲイツは国連総会児童特別セッションで7000万ドルのGAINプログラムを立ち上げました。彼の協力にはゲイツがコントロールする国連機関として、世界銀行世界保健機関、ユニセフなどのほか、ゲイツが出資する、フィリップ・モリスやクラフトのような大きな加工食品会社が含まれています。

ヴァンダナ・シヴァ氏によると、GAINの目的は「アフリカとアジア諸国にいかがわしい補助金、減税、関税免除、加工食品に対するその他の優遇措置を与えるよう圧力をかけるキャンペーンを調整すること」だという。

一部の専門家は、ビル・ゲイツと多国籍食品会社が協力して未開発の国で食糧システムを植民地化し、公衆衛生の旗の下で加工食品を押しつけるという考えに悩まされています。

ニューヨークタイムズのベストセラー作家であり、クリーブランド・クリニック機能医学センターの戦略とイノベーションの責任者であるマーク・ハイマン博士は、次の言葉を述べています。

時折ビタミンやミネラルで強化されているにもかかわらず、加工食品は、砂糖、でんぷん、加工油、人工色、防腐剤、農薬やナトリウムを多用し、肥満や栄養失調の二重の負担と慢性疾患の流行に逆貢献しています。世界で毎年1,100万人が過剰な超加工食品により、保護的な全食品の不足もあいまって死亡し、加工食品は世界でナンバーワンの殺人者となっています。

ハイマン博士は、これらの加工食品を栄養の「逆」と呼んでいます。シヴァは同意する。「GAINプログラムは、栄養失調の解決にならないどころか、貧しい国々を重圧的に市場開放させることで、地元の生産者を抹消させる。」とシヴァは言う。

「強化食品は複雑な社会経済問題に対する幻想的な技術的解決策です。「社会的、経済的解決策は、長期的にはより良く働くだろう」とマリオン・ネスレ教授は主張する。ネスレは、ニューヨーク大学でポーレット・ゴダード栄養と食品研究の議長を占める尊敬される食べ物と栄養のアイコンです。食品政治の著者ネスレ:食品産業が栄養と健康にどのような影響を与えるかは、私に言いました:

「1つの例外を除いて、ヨウ化塩、強化食品のコストが高すぎる、意図した目標に達しない、または彼らが意図したことを行うには範囲が限られています。私は、これらの法律は、栄養素やカロリー不足に対処するのではなく、これらの製品を製造する企業の問題を解決していると考えています。私は強化食品のファンではない。私は、より多くの本物の食品をより利用可能で安価にし、地元で生産したいと思っています。だから私は批判論に賛成する。ゲイツ財団が小規模な地元の食糧生産を促進するプロジェクトに投資することを望んでいる。

人工知能:農民の世界を取り除く

ゲイツ氏は、超効率的でハイテクなAIで農業を変革し、「未来の農場」を作り出すことで、農業経済を復活させたいと語る。ゲイツによると:

「私たちはかつて、外に出て農業をしなくてはならなかった。天候が悪いと飢えが生じ、私たちはかろうじて十分な食べ物を手に入れることが出来ませんでした。今、より良い種子、肥料、多くのものを通して、ほとんどの人は農家ではありません。そして、AIは私たちに巨大な新しい生産性をもたらすでしょう。

何よりも、彼はそれが素早く動作することを望んでいます.ゲイツの「計算加速」は、気候変動が収量を破壊する前に、科学的ブレークスルーを提供する彼の野心的なスキームを達成するために、小規模農家にこれらの有益な革新を採用することを急ぐでしょう。

しかし、シヴァは、すでに借金に溺れているアメリカの農民に、ゲイツが彼らに言う約束を警戒するよう警告します。

「ビル・ゲイツがインドの農民に悪魔的な『救出』技術を強制したとき、利益を得られるのはゲイツと彼の多国籍パートナーだけだった。彼は政府とデジタルグリーンと呼ばれる会社にお金を与え、インドの農業をデジタル化するという贅沢な約束をしました。彼の買収した政府職員の協力を受けて。」

「ビル・ゲイツは、インドの農家の家庭や畑にカメラと電子センサーを設置しました。彼は携帯電話を無料で提供し、彼の光ファイバーと5Gの設備を使用するよう、インドの通信会社に資金を提供するよう説得し、農家の作物データ、先住民の慣行、農業知識を無料でカタログ化、研究、盗み出しました。その後、彼は新しいデータとして彼らにそれを売り返しました。彼は約束通りに農場をデジタル変換する代わりに、インドの農家をデジタル情報に変えました。彼は彼らの種子を民営化し、公共システムの仕事を収穫しました。彼は知識の資産と先祖伝来の家宝学を取り除き、GMO種子やその他のばかげた慣行を取り入れしました。シヴァは、「彼の明確な議題は、土地から小さな農家を追い出し、最終的には食料生産を機械化し、民営化することだった」と付け加えた。

農業研究者でオンラインポッドキャスト「氷河期農家」の創設者であるクリスチャン・ウェストブルックは、アメリカの農民がインドとアフリカにおけるゲイツの歴史を知っていることを心強く思っています:「ビル・ゲイツが誰であるかを知っており、彼がメキシコ、アフリカ、インドの小さな農家のために作ったいたずらを知っています。私たちは、ここで彼の最近の土地の購入は、緑の革命3.0の始まりに過ぎないことを知っています。彼は、私たちの生活、知識、種、そして私たちの土地を盗むために、アメリカの牧歌的な風景や農場の家族の民主的なエッセンスを吸い取りたいと考えています。」

ウェストブルックは、すべてのいかさま達がそうであるように、ゲイツは常に急いでいるという事実に注意してくださいという。:

「彼の戦略は、誰もが詐欺と見ることができないほど速く動き続けることです。彼は、気候変動は待てないことを常に私たちに言っています、我々はこれらの製品へのアクセスを加速し、彼の技術の採用を加速する必要があるが、研究は十分に速く起こっていない」と述べています。

ウェストブルックは、ゲイツの「プロセスの加速」と絶妙な新技術、「投資」、そして「官民」パートナーシップの贅沢な約束に関する彼の無限の話は、すべて彼の詐欺の一部であると私に言いました。

多くの農民は、ゲイツに救出されることを気にしないと言います。ウェストブルックは、ゲイツ氏は、米国の貴族風の広がりを旗艦とするもので、アメリカの農家向けのデジタル技術の従者に見せつけるものだと語る。「彼は、インドの農場に彼の技術をもたらしたのと同じ理由で、彼らの知識を盗むためにそれをやっている、 そして、土地から彼らを追い出します。

6代目の中西部の牧場主で農場活動家のトレント・ロースは、アメリカの農地で「独占をプレイする」億万長者に対して農民がひざまずく傾向を持っていると私に言いました:

「若い農家や何世代にもわたって農業を営んできた人でさえ、そのような深いポケットと競争することは困難です。それは確実に彼らに対しての障壁を作ります。この種の富を持つ人々が農場を買い始めると、彼らが本当に何をしているのか疑問を持つだろう。ビル・ゲイツから土地を借りたり、彼の小作人として働いたりする人はいません。

ウェストブルックは、ゲイツが暗い課題を追求していると信じていると言います。シヴァと同様に、ウェストブルックは、ゲイツと他の強盗貴族が気候、生物多様性、人獣共通のパンデミックの脅威の口実を使って、人間をagビジネスから追い出し、農場から追い出していると信じています。そして、この論を支持する証拠があります。ゲイツ財団は、グーグルの親会社であるアルファベットに多額の投資を行っています。アルファベットは、農家や牧場主を置き換えるために設計された「作物の嗅ぎ分け」ロボットを「ミネラル」プロジェクトの一環として発明しました。その「Moonshot」プロジェクトは、「人工知能、シミュレーション、センサー、ロボティクスなどのブレークスルーに基づいて、さまざまなソフトウェアとハードウェアプロトタイプを開発し、テストしています。

自然食品を購入してから1年以内に、ジェフ・ベゾス と ゲイツはアマゾンに多額の投資を行い、ロボット制御の垂直農場にも多額の投資を行い、農業との人間の関与も最小限に抑えました。

ウェストブルックは、「彼は人々を農場から降ろし、動物を降ろし、私たち全員に植物ベースの肉と昆虫タンパク質を食べさせたいと思っています」と言います。

「ゲイツは、過去の古風で、風変わりで、汚い、危険な、非効率的な、野蛮な遺物としての農業が、人間を微生物と危険な接触に置くことによって、気候変動の脅威と世界的なパンデミックのリスクを高め私たちを脅かしてきたと話ししている」と1992年以来、米国とカナダで作物と家畜コンサルタントとして働いてきたアイオワ州の農家ハワード・フリーガーは言います。

「ゲイツは、普通の人々(私たちの家族のような人々)が農業に取り入れている喜びの概念を持っていないようです」とニコレット・ニマンは私に言いました。ニマンはカリフォルニアの牧場主の農家で、著書「正義のポークチョップ」と「守る牛肉」の著者です。彼女の夫ビルはニマンランチの創設者であり、ニマンランチは持続可能な草供給事業から高品質の有機牛肉と豚肉を販売する何百もの持続可能な米国の牛と豚の生協です。

再生農業と牧場は計り知れないほど人命を豊かにする。地球との親密な接触に基づく、それは挑戦的な仕事です。「最高の状態で、良い農業とは自然のモデルを理解し、それに従うことの探求です」と、ニマンが言いました。ニマンは、ゲイツは自然の知恵にほとんど興味を持っていないようだと言います:

「彼は、私たちが土と関わり、地球との接触から得る喜び、動物との複雑な関係、あらゆる苦難や困難があっても、土地が私たちの自由と誇り、そして私たちの運命の主役であることの幸せの源であることを理解していないようです。

「個人の自己決定、動物の人道的扱い、土壌の良い管理を尊重する世界を構築する必要があります。自然との健全な関係は、私たちの健康と気候にとって不可欠であるだけでなく、産業後の時代における尊厳、自由、豊かさの源であることを理解する必要があります。

幅広い技術を使用して、様々な大陸の活動家全員が、ゲイツが人々ではなく人口を見て、人口の管理が彼の技術的解決策を緊急に必要とする問題と見なす傾向に不快感を表明しました。

「ゲイツは木々ではなく森を見ています」とヴリーガーは言います。「森を見ても、彼は木材のボードフィートを見ているだけのように見えます- 彼は風景を活用した現金化や、人々を商品化する方法です。ヴリーガーは続けます。

「ゲイツの、彼が利益を得ることができるいくつかの技術的な解決策のレンズを通して、すべての人間の困難を見る習慣は、近視眼的を超えています。それは病的です – 社会病理的、本当に。ゲイツは1,370億ドルの危険なほど強力なトップダウンのテクノクラシーとビジョンうぃ持った社会病質者です。それは誰をも心配させませんか?

ウェストブルックは、ゲイツ、カーギル、タイソンは動物農業を終わらせ、農場か人間を追い出す使命の強力なカルテルであると言います。「それは『代替農業』です」とウェストブルックは言います。「彼らは『代替農業』という言葉を使うことさえあります。

ビル・ゲイツが思い描くテクノクラティック・全体主義の暗黒郷的な未来に対するウェストブルックの見解は、彼を支持するすべての証拠を無視すれば、根拠のない陰謀論のように聞こえる。農地を空にし、農作業をロボットや人工知能に置き換えることで、農業不足と農村景観の「改善」を見るなど、数ヶ月ではなく、すぐに私たちが見ると予測しています。

ウエストブルックは、企業が閉鎖され、雇用が不足している巨大都市やスマートシティに人口を押し上げるための政府の取り組みを予測し、私たちのほとんどはデジタル通貨で支払われる普遍的なベーシックインカムに依存します。もちろん、違反や不服従の場合は取り消すことができます。ウェストブルックは、「人間という牛はお金と食料のために政府に完全に依存しており、すべての人々がスマートシティの一か所にいて、ゲイツのグレートリセットのテクノクラートによって簡単に監視されている」というシナリオを予測しています。ウェストブルックは次のように続けた。

「彼らは食料生産を停止し、実際にはより広く、すべての経済活動、すべての人間活動を停止し、私たちをスマートシティに集めます。それはかなりぞっとします。そして今、私たちはこれらのパンデミックを持っているので、私たちは医療戒厳令を実施しなければならなかった、そしてそれはすべての健康危機なので、我々はまた、あなたの食糧生産とあなたの栄養ニーズのすべてを引き取る必要があります。」

ウェストブルックの悪夢が単なる妄想的陰謀論であるかどうかは、時間が教えてくれます- 私はそう願っています。

食料システムサミット

2009年、政府の事務所や外交ポートフォリオを持たない選挙で選ばれてはいない億万長者ビル・ゲイツは、国連へのスピーチで彼のグローバルワクチン企業を開始しました。彼は100億ドルの寄付を発表し、彼の「ワクチンの10年」の立ち上げを宣言しました。彼の計画は時計のように展開した。ゲイツの貢献は、彼がWHOに対する鉄壁な支配権を確保した。外務省が報告したように、「世界保健機関(WHO)が設定した政策イニシアチブや規範的基準は、ゲイツ財団のスタッフによって例外なく非公式に審査される前に発表されるものは殆どありません。

ゲイツは、PATH、GAVI、CEPI、ブライトン・コラボレーションなどの強力な偽政府機関を創設し、発展途上国でワクチンを推進し、公衆衛生に対する彼のコントロールを統合し、2020年に予定していた世界的なワクチン一揆の基礎を準備しました。

2019年1月、WHOは「ワクチン接種へのためらい」が世界の健康に対する主要な脅威の一つであることを、具体的な証拠無しに忠実に宣言しました。ゲイツの医療カルテルは、ワクチンを義務付け、例外を終わらせる法律を導入し、製薬資金に支えられた政治家によって、すべての米国の州と世界中の国々に対して展開されたキャンペーンで、その宣言をフォローしました。

2か月後、強力な下院情報委員会委員長のアダム・シフ(ゲイツの金融受益者のもう一人)は、ソーシャルメディアやメディア企業に対し、公式の製薬会社や政府の発言から逸脱した主張に対する婉曲表現である「ワクチンの誤った情報」の検閲を開始することを要求しました。ゲイツはグーグル、アップル、アマゾン、フェイスブックに巨大な株式を持っています。これらの企業はすべて、ワクチンに対する批判を熱心に検閲し始めました。

1年後、COVID-19の流行は、ゲイツと彼のワクチンカルテルが人類の支配を固めるために都合の良い機会を与えました。『最後のアメリカのヴァガボンド』のデリック・ブズの2020年5月の記事は、「財団の投資とゲイツの関係をたどることで、COVID-19との戦いに関わるほぼすべての人がゲイツまたは彼の財団に一度も二度も結びついていることがわかります」と述べています。彼らの関係は、ビル・ゲイツと彼の財団にパンデミックへの対応に対する挑戦的な影響力を与えました。

ゲイツは繰り返し宣言しました、 事実上すべてのネットワークとケーブルショーとすべてのメディアプラットフォームの出演で、すべての経済活動は、すべての70億人の人間が予防接種を受け、予防接種パスポートを所有するまで続ける必要があります。彼の国連出演から始まったワクチンの彼の10年間は滞りなく過ぎた。ゲイツの古いプロテジェと忠誠者、ファウチのリーダーシップの下、米国保健福祉省はCOVIDワクチン接種の責任から免除を用意し、新しい実験ワクチンの’従者’を購入して配布するために480億ドルの納税者のお金を約束しました。

ゲイツのプロセスの制御は完了しました。彼のワクチン予測の実行はエレガントで完璧でした。そして今、ゲイツの代理人は、彼の全体主義的な食べ物の議題を押し通すために同じプレイブックを展開しています。

国連食糧安全保障委員会第46回会議の10月14-18日の本会議で、国連事務総長アントニオ・グテ-レスは、2021年に国連食糧システムサミットの招集を発表しました。グテ-レスは、国連食糧農業機関(FAO)、国際農業開発基金(IFAD)、世界食糧計画(WFP)、世界経済フォーラム(WEF)によってサミットが共同で要請されたことを認めた。ビル・ゲイツと彼の財団は、4つの組織すべてに寛大な資金を提供し、支配しています。

国連食糧システムサミットは、2020年6月にWEFがグレートリセット会議を開催した際に開始されたものと並行して議題を発表しました。国連食糧システムサミットの調査では、AGRA Watch(ゲイツと彼の財団がアフリカで失敗した緑の革命に続く草の根擁護団体)は、サミットに関与した12人の個人のうち、11人がゲイツ財団と強いつながりを持っていることを発見しました。

AGRAウォッチのヘザーデーによると、場合によっては、これらの組織はゲイツ財団や他のゲイツが資金を提供する主要な役割を果たした特定のプログラムによって直接資金提供されました:「 だから、彼の指はそれだけではありません。参加者のほとんどすべての一人がビル・ゲイツのために働いています。これらは国連食糧システムサミットの著者です。フードシステムサミットは100%ゲイツプロジェクトです。

さらに悪化する:ゲイツの「食糧安全保障の10年」のコーディネーターはアグネス・カリバタ博士です。カリバタは、ゲイツの悪名高い失敗したアフリカのグリーン革命を調整したゲイツ/ロックフェラーのAGRAプログラムの社長です。カリバタはAGRAを世界に持ち込むのに最適なリーダーです。サミットは、すべての主要な利害関係者を官民パートナーシップに集め、食糧システムを包摂的で、気候に適応させ、回復力を持ち、持続可能な平和を支援する」と予測しています。

カリバタはフードシステムサミットの参加者に緊急性を思い出させた。彼らは、気候、栄養、パンデミック対応のための持続可能な開発目標を達成するために、私たちの食糧システムの変革を加速するために残されたわずか10年を持っていたと言いました。

国連食糧システムサミットは、2030年までに完了する世界的な食糧アジェンダのためのゲイツの「食糧の10年」の青写真をレイアウトします。ゲイツの次の人類のための新しい健康計画は、私たちの公民権、世界経済、文明の伝統、民主主義の理想主義、そして彼の2020年の「ワクチンの10年」に伴う私たちの自己決定に同じレベルのトラウマ的暴力を伴わないことを祈ることしかできません。

「ゲイツの計画は、農業に関する’良いすべて’を、失業農業、化学食品、昆虫タンパク質のためのテクノクラート独自のシステムに置き換える方法のロードマップになります」とDayは予測します。

結論

ゲイツ財団は従来の慈善活動ではありません。これは、傷ついた戦士財団、ASPCA、環境、または投票権や公民権団体のような一般的な問題に対しては、あっても極小な支援しかしません。

ゲイツ財団は、ゲイツが1994年に、マイクロソフトの独占禁止事件が彼を嘘、不正行為、泥棒、マニピュレーターの意図があったとして暴露した後、彼の評判を蘇生するために立ち上げた武器化された慈善活動です。

ゲイツはその後、ゲイツ財団に360億ドルを投資し、その価値は、469億ドルの価値があり、彼と彼の妻は完全なコントロールを行使しています。財団は慈善助成金を236億ドルしか寄付しておらず、これらの「贈り物」には、メルク、グラキソ・スミスクライン、ノバルティス、サノフィなど、ゲイツが投資されている企業への数十億ドルの税控除寄付が含まれています。

ゲイツの華麗な心は、彼の収入を保護する基盤を形成するために、彼の力と公共の威信を拡大するプロジェクトに財団の収益を投資することによって、納税者すべきドルを活用するスキームを考案し、彼の富を増やしています。

この構造を使用して、彼は税金を避けながら、部分的に所有し、個人的および財団の利益を得ている企業に税控除の寄付を与え、彼は無数の方法で彼のお金を隠すことができます。それはウィンウィンです! ゲイツは、公共のアクセスを乗っ取り、企業と公共の利益の間の線をぼかし、高尚な公共精神のレトリックで民間の利益アジェンダを隠し、公衆衛生、私たちの惑星の生命維持システム、私たちの経済と人々を独占制御する冷酷な慈善資本主義のための手段である独占と制御のための彼の基本的な本能の具体化として彼の基盤を展開しました。

ゲイツは、彼の財団を、彼の仲間の億万長者、捕らえられた規制当局、ビッグファーマ、ダーティエナジー、GMO食品、テレコム、ビッグデータからの彼のビジネスパートナーの統合道具にし、しかも、私たちに残した暗黒世界の増幅から利益を得た脳死したジャーナリストを買うということでも道具にしました。ゲイツと彼の仲間、ゴマすり屋、パンデミックを煽るミニオン(最強最悪の悪党に仕えることが生きがいのミニオン)は、気候変動、大量絶滅の恐怖を高め、彼だけが新技術のビジョンを展開する天才を持っているのだとします。

彼が私たちの健康と食糧システムの制御を統合しても、ゲイツはデジタル化された通貨を促進しており、これらのシステムを「世界的な人道的優先事項」(キッシンジャーの最終的な法では、「お金を制御する人は世界を制御できる」)、そして地上と宇宙スベースと5Gインフラ、都市規模の分析センター、および生体認証チップは、私たちのデータとバイオデータを採掘し、収集しするもので、監視、利益、制御のメカニズムと呼んでいます。

ゲイツは、1日24時間地球のすべての平方インチを調査することができる衛星艦隊を計画しています。このようなシステムは、国民の権力を剥奪し、富を上方にシフトし、人類の大部分を無意味で絶望的な生存に運命づける政治的、経済的構造で、人口が落ち着きにくければ、間違いなく有用であろう。

民主主義と農場の自由擁護者であるヴァンダナ・シヴァ博士は、ゲイツの慈善資本主義は「地球の未来を絶滅と生態学的崩壊に向けて押し進める可能性のある破壊的な力」であると述べています。シヴァは、ゲイツが慈善資本主義を利用して、種子、農業、食料、知識、グローバルヘルスシステムの企業買収を加速させたと非難しています。「彼は情報の操作に資金を提供し、民主主義の侵食を促進する—すべて個人的な力と利益を追求する」

Shiva氏は、ゲイツ財団は、多様性、自己組織化、自由の自然界を破壊するために設計された単一文化、特許、独占を通じて、人生を通じてグローバル帝国を確立するために、大きな資本、科学技術機関、政府の間の「同盟」unholy allianceを推進したと述べています。

「あなたは、彼らが公衆衛生の名の下にワクチンで行うことができる邪悪を見てきました」と、シヴァは私に言いました。「さて、今、彼は土地を制御します。彼は種をコントロールします。彼は食べ物をコントロールします。彼は私たち全員を餓死する究極の力を持っています。

Leave a Comment

The maximum upload file size: 20 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。