「新たな手法で献金」… 信者家族が証言【報道特集】

旧統一教会の問題について、色々と報道されているが、TBS NEWS DIG 公式サイトが掘り下げた内容を報道している。わが町でも既に東野2丁目に外郭団体の一心特別教育院が存在する。この教団の問題は今後も引き続き取り上げられていくであろううし、注意してみていきたい。

多額の献金… “統一教会”巧妙なカネの集め方と使い道

【解説】多額の献金…行き先は? “統一教会”巧妙なカネの集め方と使い道

【解説】多額の献金…行き先は? “統一教会”巧妙なカネの集め方と使い道

2022年浦安の参議院選挙結果

浦安の投票率は令和元年7月21日前回の参議院選挙 45.03% と比べ55.15%と10%上昇しました。弔い選挙となると絶大な影響がありますね。
改憲勢力が衆参ともに2/3を超えましたので、憲法改正は既定路線として進むことになります。
選挙区、比例区の結果は表のとおりでした。
選挙区で自民党46%、立憲民主党18%、維新12%、国民8%、共産7%、参政4%、野党計で49%です。
比例区では自民党36%、維新16%、立憲民主党12%、国民8%、公明8%、共産6%、れいわ4%、参政4%、野党計で56%です。
選挙区の自民46%は公明が支持に回ったことで実質-8%の38%と見ることができる。
比例区での維新16%対立憲12%は、立憲が退潮気味と見ることも出来るが、立憲が選挙区で第2党を保っているのと交差する現象を考えると、立憲に物足りない層の約3割の4000票がれいわと参政党に流れたとみられる。なかでも、れいわの前回支持率が2%のところ、参政が4%を得たことは注目すべきだろう。維新の躍進は無党派の受け皿となっているように見える。
有権者数

139,870人

投票者数(男)

37,294人

投票者数(女)

39,843人

投票者数(計)

77,137人

投票率(男)

55.33% 

投票率(女)

54.98%

投票率(計)

55.15%

何で選挙に行かなきゃいけないか:そうだ 投票に行こう!

何で選挙に行かなきゃいけないかよく分かる動画「そうだ 投票に行こう!
Z世代と言われるデジタル機器になじんだ世代が18才以上となり、彼らの価値観は旧世代とは大幅に異なる。いずれは彼らが成人となり社会の構成員の主役となるとき、社会は大きく変わっていかねばならない。むしろ、旧世代の人たちは動画を通じて、未来の彼らのために如何に振る舞うべきなのかを考えてみる機会になるだろう。

食品中のPFAS化学物質:どのくらい食べていますか?

食品中のPFAS化学物質:どのくらい食べていますか?

今年、食品包装に高レベルのPFAS化学物質が含まれていることが広く報道された後、多くの人々がピザやサラダに新しい目を向けています、専門家は有毒化学物質も私たちの食べ物を汚染していると警告しています。(訳者注:ファーストフード世界大手米マクドナルドは1月13日、2025年までに全ての包装・容器からPFAS(パーフルオロアルキル化合物およびポリフルオロアルキル化合物)を全廃すると発表。)

一日を逃し、たくさん逃す。The Defender’s Top News of the Dayを購読しましょうそれは無料です。

今年、食品包装に高レベルの有毒化学物質クラスが見つかったという大々的な研究の後、私たちの多くはピザや持ち帰りサラダを新しい視点で見ています。

しかし、専門家は、包装食品からの暴露だけを心配するべきではないと警告しています。化合物PFASは、パーフルオロアルキル物質およびポリフルオロアルキル物質の略で、私たちの食糧供給に広く普及しているようです。

PFASはメイン州ミシガン州の酪農と牛肉農場を汚染しており、消費者のウェルネスサイトMamavationからの最近のテストでは、有機パスタソースキャノーラ油ナッツバターに化合物が含まれているという証拠が見つかりました。

しかし、PFASのアメリカ人がどれだけ食べているかについてはほとんど知られていない。

広範囲に研究されている飲料水とは対照的に、「米国の一般市民の(他の)PFAS曝露源を理解するための逸話的な証拠しかありません」と、ハーバード大学の環境化学教授であるElsie Sunderlandは、2021年末に連邦下院科学・宇宙・技術委員会で証言しました

支持者や一部の研究者は、食品中のPFASを試験および規制するための米国食品医薬品局(FDA)の取り組みは不十分であり、当局は日常的な曝露による健康リスクを過小評価している可能性が高いと述べています。

より広義には、PFASはさまざまな方法で食品に入るため、この問題は「PFASの作成と排出を世界的に停止する必要性をさらに強調している」と、ミシガン州立大学の暴露科学者で環境疫学者のコートニー・カリニャンはEHNに語った。

食品中のPFAS

PFASは、9,000種類以上の人工化合物群で、水や油をはじき、高熱に耐える能力で知られています。

これらの特性は、消火フォームからメイクアップ、ノンスティックフライパンに至るまでの製品に有用であり、環境や体内で分解するのに長い時間がかかることを意味し、「永遠の化学物質」という異名を得ています。

この長寿は、一部のPFASが特定の種類の癌、心臓病、肝臓障害、ワクチンの有効性の低下、出生時体重の低下、その他の健康への影響に関連しているため、問題があります。

PFASは「胎盤を通過するのが非常にうまい」と、エモリー大学の環境・生殖疫学者ステファニー・エイクはEHNに語り、PFASへの出生前の曝露は心臓の問題や後の人生における他の問題に関連していると付け加えた。いくつかの新しいPFASもおそらく安全でないという証拠が増えています。

米国よりも広範なPFAS試験と規制を持つ欧州連合(EU)は、4種類のPFASについて、毎週の推奨食品制限を低く設定しており、そのほとんどはこの安全閾値を超えていると推定しています。一方、米国では、2つのPFAS化合物について飲料水の健康勧告しかありません。

PFASは、食品包装コーティングの浸出から農場での汚染まで、さまざまな方法で私たちが食べる食品に入る可能性があります。最近の分析で、環境作業部会は、肥料のために下水汚泥を拡散する一般的な慣行は、米国の耕作地の最大2000万エーカーを永遠の化学物質で汚染した可能性があると推定した

エイク氏は、過去の研究から、魚を食べることは、彼らが泳ぐ水や彼らが食べる獲物に見られる汚染物質を濃縮することがPFASレベルの上昇と関連していることは「非常に明らか」だと述べた。

証拠は魚介類ほど強力ではないが、エピック氏は、、特定の種類の肉、特に肝臓や他の臓器の乳製品も、特により長い鎖のPFASのレベルが高いことが分かっていると述べた。EUの科学者たちはまた、果物にはPFASのレベルが上昇する可能性があると警告している。

食品包装、特にテイクアウト食品は、PFASが一般的にグリースおよび防水容器、バッグ、ベーカリーペーパーを助けるために使用されているため、最近多くの精査を受けています。

2019年の独創的な研究では、一般的にコーティングされた袋に入っている電子レンジポップコーンを毎日食べた人々は、PFAS血中濃度が「有意に高い」一方で、ファーストフードやピザを定期的に食べることもPFASレベルが高い傾向にあることがわかりました。全体として、加工食品を食べることによるリスクは、化学物質が包装から食品に移行しなければならないため、汚染された魚を食べるほど明確ではない、とEick氏は指摘した。

電子レンジで処理されたポップコーン研究などは、ヒトで検出されたPFAS濃度が最も高いもののいくつかはPFOAとPFOSであり、ヨーロッパでは禁止されており、米国の製造業者によって段階的に廃止されている2つの古い世代のPFASであることを発見しました。

「魚や動物性食品を食べた妊娠中の人々の間で、これらのPFASやその他の古いPFASの濃度が上昇していることを発見した研究を実施したEick氏は、「それらが段階的に除去されていることが分かっていても、依然として大きな問題です」と述べています。

有機食品中のPFAS

消費者ウェルネスサイト「Mamavation」は、環境保護庁の認定ラボで、PFASの指標であるフッ素について、さまざまな消費者製品をテストしています。

Mamavationの創設者であるLeah Segedie氏はEHNに、人々がこれらの製品を購入するのは、より安全だと思うため、グリーンまたはナチュラルとして販売されている有機食品や製品にテストを集中させたと語った。

Mamavationが最近発表したテストでは、昨年テストされた55個の有機パスタソースのうち4個がフッ素を含み、17個のキャノーラ油のうち5個、および33個のナッツバターのうち4個がPFAS指標を有することが判明しました。その後の今年の少量のソースとオイルのテストでは、化合物の証拠は見つかりませんでした。

EHN.org テストに部分的に資金を提供しました。Environmental Health Newsを発行するEnvironmental Health Sciencesの主任科学者であるPete Myers氏は、調査結果をレビューした。

国立環境衛生科学研究所と国立毒物学プログラムの元所長であり、デューク大学のニコラス環境大学院のレジデンス学者であるリンダ・バーンバウム氏はMamavationに、「良いニュースは、(テストされた)トマトとパスタソースのわずか8%にPFASがなかったことですが、化合物が低用量で有毒である可能性があるため、食品中に存在しないのが理想的です。

ミシガン州立大学のカリニャンは、ママベーションパスタソース検査に関する彼女の最初の考えは、食品中のPFASの検査には多くの課題があるため、結果は偽陽性である可能性があると最初に考えたと述べています。

カリニャン氏は、トマトのような水分含有量の高い農産物は、より多くの化合物を吸収できることを知っているので、「結果が本物である可能性がある」と付け加えた。

食品中のPFASのFDAの検査における限界

食品中のPFASを検査するFDAの努力は、検査の課題のいくつかを強調しています。2019年、当局は、一般的な食品の範囲で推定9,000以上のPFASのうち16をテストする新しい方法を開発しました。

当局は当初、91検体のうち14検体からこの化合物が検出されました。その中には、チョコレートケーキから検出された衝撃的な高濃度も含まれていた

その後、FDAはこの結果を撤回し、「PFPeAという化合物とチョコレートを区別できなかったため、この結果ともう一つのチョコレートミルクの結果は偽陽性であったようだ」と述べた。

当局はまた、PFASを持っていると自信を持って言うことができる食品は2つしかないと言って、検出限界を引き上げました。FDAは、この研究のサンプルサイズは結論を導き出すには小さすぎると述べています。

環境衛生の研究者や支持者の中には、FDAのこれまでの検査努力について懸念を表明している人もいます。当局は、環境中に見られるものだけでなく、食品包装に見られる特定のPFASを検査すべきである、と環境ワーキンググループの弁護士であるMelanie BeneshはEHNに語った。

さらに、FDAは、PFASが非常に少量で有害である可能性があることを考えると、現在の検出限界を再考すべきである、と彼女は付け加えた。

ベネシュは次のように付け加えた。

「私たちは、たとえそれが低レベルであっても、あるレベルのPFASについて陽性と判定された食品の数を正確に把握できるように、少なくともすべての検出を開示すべきであると本当に考えています。

全体として、食品中のPFASをテストするための「検証された方法の欠如」があると、PFAS試験ラボの大手Eurofins USAの科学役員であるCharles Neslund氏は述べていますが、研究者はこれに対処するために働いています。

例えば、FDAは、4つの追加のPFASを試験するためにその方法を拡大しています。科学者たちはまた、PFASの存在を迅速にスクリーニングするために、食品包装中のフッ素を試験する方法の改善に取り組んでいます。

新たな課題は、PFASの「前駆体」、つまり環境中または体内でPFASに分解される化合物をテストするための限られた方法が存在することです。

食品中のPFASの健康被害を減らすための措置

これまでのところ、カリフォルニア州、メイン州、コネチカット州、ニューヨーク州、バーモント州、ミネソタ州、ワシントン州の7州デンマークに続いてPFASの食品包装を禁止しており、これらの禁止措置のうち最も早い時期はニューヨークで今年末に発効します。

一方、新しい認証では、使い捨て食品容器にPFAS、BPA、その他の毒性があるかどうかを追跡しています。

さらに、ますます多くのレストランやファストフードチェーンがPFASを食品包装から禁止し始めています。Burger King、Chipotle、Taco Bell、Wendy’s、McDonald’s、Sweetgreen、その他のチェーンは、すでにPFASの包装を禁止しているか、まもなく排除する予定ですが、Consumer Reportsの最近のテストでは、すでに禁止されている多くの企業がパッケージに化合物をまだ持っていることがわかりました。

アイオワ州立大学のキース・フォルスト准教授(食品科学)はEHNに対し、安全で安価なグリースプルーフの代替品の欠如など、食品包装からPFASを完全に排除することには課題が残っていると語った。

さらに、リサイクルプラスチック食品容器のメーカーは、化合物がコーティングとして添加されていない場合でも、製品中に微量のPFASを検出しています。

食品包装の禁止が進めば、意図的に追加されたPFASとバックグラウンド汚染のどちらが重要かについてコンセンサスが必要になるだろう、とVorst氏は付け加えた。「私が一緒に仕事をしているいる会社の中で、『当社の製品にはフッ素化学の未来がある』と言っているのを聞いたことはありません」と彼は言いました。

一般に、環境衛生の専門家は、PFAS曝露研究に適切に対処し、適切な健康警告を発するために、米国の連邦規制当局が協力することを望んでいます。

EPAは、例えば、それが拡散した廃水処理場や作物畑で発生した汚泥のさらなる試験を実施することができる、とベネシュは述べた。

ベネシュはこう続けた。

「食品がスラッジで汚染されている程度は、劇的に過小評価されており、テストすればするほど、これがどれほど大きな問題であるかがわかります。

ミシガン州は現在、製紙工場や化学会社など、PFASで特に高い廃水を生成する企業に、廃棄物が公共の処理場に送られる前にその廃棄物を前処理することを要求しています。

妊娠中の人やPFAS曝露を懸念する人が取ることができるいくつかの簡単な対策があります、例えば彼らが消費する魚や他の動物性製品の量を減らすことなど、Eickは言いました。

彼女はまた、傷が付いたノンスティックパンを投げ捨て、環境ワーキンググループのSkin Deepデータベースを使用して、パーソナルケア製品が低リスクであることを確認することを提案しています。

PFASの広範な蔓延にもかかわらず、「私は本当に暴露を最小限に抑えることが可能であると感じています」とEickは付け加えました。

もともと環境健康ニュースによって発行されました。

エリザベス・グリブコフのアバター

第13回あすうらトークイベント

長期化するコロナ渦は社会現象化し、心身共に人間社会の自律的回復力、レジリエンスを低下させています。異常なまでの同調圧力の強い社会環境の中で、人間本来の姿を失わないためには、このような行事があっても良いかと、5月に続き企画しました。どうぞお気軽にお出かけ下さい。

PFOAパーフルオロオクタン酸、PFAS「fオレバー化学物質」

「私たちの体は、このようなものを処理する方法を知らない」と弁護士のロブ・ビロットはRFK, Jrに語った。

“RFKジュニア”でThe Defender Podcast」と環境弁護士のロブ・ビロットとロバート・F・ケネディ・ジュニアは、食品包装における「永遠の化学物質」について議論し、化学業界が「大きすぎる」と言う問題に対して何ができるかを議論した。(訳者注:フタル酸エステル同様にPFAS、PFOAは食品包装に多用されており、注意が必要です。沖縄米軍基地、横田基地周りの水道水のな中に含まれるということが国会質問でも環境庁、防衛省に対して有田芳生氏が行っている。(2022.5.30参議院予算委員会録画

一日を逃し、たくさん逃す。The Defender’s Top News of the Dayを購読しましょうそれは無料です。

環境弁護士のロブ・ビロットによると、永遠の化学物質(自然に分解されないので、いわゆる化学物質)は私たちの周りにあり、避けることはほとんど不可能です。

「彼らは私たちの環境で70年、80年もそこにいて、私たちの水、私たちの土壌、私たちの空気に入ってきました…私たち全員に」と、ビロット5月19日の「RFK Jr.ディフェンダーポッドキャスト

「彼らは私たちの血に入り込み、そこにとどまる傾向があります」と彼は言いました。「私たちの体は、このようなものを処理する方法を知らないのです。

ビロットは、ウェストバージニア州パーカーズバーグにあるデュポンの工場からの汚染によって引き起こされる害を暴露した歴史的な事件でデュポンに挑んだことで最もよく知られています。

パーカーズバーグのデュポンの埋立地では、この地域の人や動物が、ポリフルオロアルキル物質の一種であるパーフルオロオクタン酸(PFOA)またはPFAS(「fオレバー化学物質」とも呼ばれる)にさらされました。

PFOA、すなわち非常に有毒な人工化学物質は、テフロン(登録商標)を製造するために使用される。

ケネディが共同顧問を務めたこの事件の物語は、俳優マーク・ラファロ主演の映画「ダーク・ウォーターズ」で語られた。

ビロットはまた、この事件についての本「暴露:毒水、企業の貪欲さ、そしてデュポンに対する一人の弁護士の20年の戦い」を書いた。

ビロットはケネディに、主に食品包装を通じてPFASにさらされた人々に代わって全国的な集団訴訟を起こしていると語った。

「私たちはお金ではなく、PFASのこの組み合わせが私たちに何をもたらすかを調べるために、科学パネルに独立した科学者を設立することを求めています」と彼は言いました。

 

ビロットによると、この化学物質はピザボックス、ハンバーガーラッパー、電子レンジポップコーンバッグなどのアイテムに使用され、オイルやグリースに耐性があるという。

3月に発表されたConsumer Reportsの調査「危険なPFAS化学物質があなたの食品包装に入っている」では、ファーストフードのラッパーにPFASが検出されました、とビロットは言いました。

Consumer Reportsは、グループのウェブサイトによると、材料の総PFAS含有量の指標である有機フッ素含有量の合計について食品包装をテストしました。

この試験では、食品包装の半分以上にフッ素が検出されました。製品のほぼ3分の1は20ppmを超える有機フッ素レベルを有し、22の例ではは100ppmを超えており、カリフォルニア州が2023年から設定した上限であった。

PFASが有害であることが示されたのは、デュポン・パーカーズバーグの事件和解の資金を使って行われた研究のおかげである、とビロットは述べた。独立した科学者は、PFOAが腎臓癌、精巣癌、潰瘍性大腸炎、甲状腺疾患、子癇前症および高コレステロールと関連していることを発見しました。

米国環境保護庁は最近、PFOAを再評価し、PFOAをヒト発がん性物質と見なすべきだと判断した、とビロットは述べた。「飲料水中のこれらの化学物質の安全なレベルがないかもしれないという懸念が今あります」と彼は付け加えました。

「実際にこれに対処するために法律を採択する必要があります」とビロットは述べたが、化学業界は問題が単に「大きすぎる」と主張している。

「これは非常に蔓延しているので、実際にこれを規制し、取り締まり始めると、経済を閉鎖することになります」と、これらの化学物質はコンピュータチップを含む非常に多くの製品に使用されているため、議論は続くと彼は言いました。

「これは、私たちがあまりにも多くの人々を汚染したようなもので、今では対処するには大きすぎます」とビロットは言いました。

しかし、バイデン大統領が最近、この問題に取り組む必要性に言及したとき、彼は励まされました – 彼は彼の生涯で決して見られないだろうと思っていたもの、と彼は言いました。

ポッドキャストはこちらからご覧ください:

スーザン・C・オルムステッドのアバター