家に帰りたい成年後見制度の闇 長谷川学

人権侵害となる成年後見制度の強要は大問題です。

 元東京地検特捜部に居た堀田弁護士(さわやか法律事務所)は、本制度を「国によるカツアゲ」と喝破しています。 

認知症の方の権利擁護の理念とは裏腹に、食えない士業救済策と言っても過言ではない状況にあります。

 千葉県は利用促進のモデル県(カツアゲ協力県)です。埼玉県は千葉県の市町村別数字を出して、利用促進の発破をかけています。

ジャーナリスト長谷川学さんが精力的に取材を続けています。

その一端を紹介します。PDF版: 家に帰りたい成年後見制度の闇長谷川学

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

The maximum upload file size: 20 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here

What is 10 + 6 ?
Please leave these two fields as-is:
IMPORTANT! To be able to proceed, you need to solve the following simple math (so we know that you are a human) :-)