猪瀬知事、苦しい言い訳

政治とカネの問題は世の付きものというが、些か、猪瀬知事も苦しい言い訳に終始をしている。どう見ても5000万円を個人の借り入れというのは説明が苦しい。しかも、自分から申し入れたものではないときては、非常識というか厚顔というか、常識をこえた超常現象とでも考えればいいのだろうか。

都知事選挙で3000万円というのは1300万人に対して考えてみれば小さな金額だろう。16万人の浦安に引き直してみれば、30万から40万円に過ぎないからだ。実際、浦安市長選挙での政治資金から比べれば比較にならないほど小さな金額だからです。

それでも、マスコミや検察が問題にするのは、政治資金規正法違反という規範からいって、立証は別として、黒であることは間違いないからだ。

結局のところ、どのようになるのかは別として、なにやら、顔つきの悪い猪瀬氏の風貌がこれを機に悪党顔に変身していきそうな感じがする。政治というのは清廉ということからはほど遠いものなのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ