(訳者注:統計学への造詣なしに狭量な’専門家’の言説にのみ依拠し、政策の判断を誤るという構図は東西ともに共通な現象。より知りたいという方は、1.PRR>2 2.カイ二乗検定>2と言ったところを参考にして下さい。いまだに、マスク着用、民民規制の電車・航空業界にも問題があるが、政権与党首脳部の問題が大きい。マスコミの毎日の感染者発表なども何の意味も無いことが解っていない。)

CDCからこのデータを引き出すために、15ヶ月にわたって2つの訴訟を起こさなければならなかったが、これは、誰もがショットを得るべきであるという彼らの主張を完全に無効にします。あなたがこれを見るとき、なぜ彼らがそれを隠すために彼らの力のすべて要したのか理解できるでしょう。

目でわかるストーリー

  • 米国疾病管理予防センターが管理・監視するデータベースV-Safeは、COVIDジャブに感染した人々のデータを収集するために展開された自発的な「ワクチン接種後のヘルスチェッカー」です。過去15ヶ月間、インフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク(ICAN)はCDCにV-Safeデータを公開させるために法廷闘争を繰り広げてきた。
  • V-Safeデータは、COVIDジャブが極端に危険であるという疑いを裏付けています
  • V-Safeに登録された1,000万人のうち、7.7%(77万人)が予防接種を受けた後に医療を必要とし、25%(250万人)が仕事や学校を欠席したり、日常生活に影響を与える深刻な副作用に苦しんだりしました。
  • V-Safeデータはまた、大規模な免疫反応シグナルを示しています。400万人(40%)が関節痛を報告した。200万人、または20%が「中等度」の関節痛を報告し、40万人、4%が痛みを「重度」と分類した。
  • CDCが安全性シグナルを発動させるために使っている計算式には重大な欠陥があります。ワクチンが危険であればあるほど、安全信号がトリガされる可能性が低くなるべきものです。しかしながら、その欠陥のある計算式を使用しても、「死亡」は3つの安全信号基準をすべて満たしており、、ラグが立てられるべきだったが、CDCは何も行動を起こしていません。議会は、CDCが安全性を監視していないことを調査する義務があります

2022年10月4日、フォックス・ニュースのインタビューで、インフォームド・コンセント・アクション・ネットワーク(ICAN)の法律顧問である公民権弁護士アーロン・シリは、複数の法的要求の後、疾病管理予防センターから取得した衝撃的なV-Safeデータを共有しました。

15ヶ月以上にわたり、CDCはこれらのデータを公表しないように戦った。ICANはCDCに引き渡すために2つの訴訟と複数の控訴を提出しなければならず、データを見ると、その理由がわかります。

V-Safeとは何ですか?

現在までに、CDCと米国食品医薬品局(FDA)が共同で管理するワクチン有害事象報告のための公的に利用可能なデータベースであるワクチン有害事象報告システム(VAERS)の存在について多くの人が知っています。

V-Safe1 は、CDC によって管理および監視される別のデータベースです。これは、COVID jabに感染した人々のデータを収集するために展開された自発的な「ワクチン接種後の健康診断」です。

米国内の誰でも、COVID-19ワクチンの任意の用量を受けた後、スマートフォンを使用してV-Safeに登録できます。親はまた、健康への影響を監視するために未成年の子供を登録することができます。各投与後最初の1週間、V-Safeはあなたの健康と幸福の詳細を求める毎日のテキストメッセージを送信します。その後、チェックインは断続的に送信されます。

V-Safeは何を示していますか?

では、CDCが公開を躊躇していたV-Safeデータは、実際に何を示しているのでしょうか? COVIDジャブは、主張されているほど無害ですか? 無害からは程遠いです。

Siriが詳述したように、V-Safeに登録された1,000万人のうち、7.7%(77万人)が予防接種を受けた後に医療を必要とし、25%(250万人)が仕事や学校を欠席したり、日常生活に影響を与える深刻な副作用に苦しんだりしました。

エポックタイムズ写真

Siriが指摘したように、これらの数字は並外れています。私たちが与えられた重要なメッセージの1つは、COVIDがすべての人々にとって重大な脅威ではないが、ワクチンショットを得ることは、入院、死亡、感染による仕事からの欠勤の数を減らすだろうということでした。

さて、私たちは今、ショットを受けた人の25%が副作用のために仕事や学校を欠席し、7.7%が医療を必要としていたことがわかります。これは驚くべきことであり、高リスクのカテゴリーにいるかどうか、そしてすでにCOVID-19に罹患しているかどうかにかかわらず、誰もがショットを受けるべきであるというCDCの議論を完全に無効にします。

大規模な免疫反応シグナル

V-Safeデータはまた、有害な免疫反応を引き起こすジャブに関しても大きなシグナルを示しています。1000万人のうち400万人(40%)が関節痛を報告した。200万人(20%)が「中等度」の関節痛を報告し、40万人(4%)が痛みを「重度」と分類した。

Siriが指摘したように、関節痛はしばしば免疫反応の兆候であり、ワクチン接種後に起こるとき、特にショットがすでに関節の問題を抱える傾向がある高齢者を保護することになっていたことを考えると、懸念の原因となる可能性があります。

エポックタイムズ写真

V-Safeデータベースはまた、モデルナの投与量は少ないにもかかわらず、ファイザーのジャブと比較して、mRNAショットが悪影響の大部分を占めていることも明らかにしています。

ICANは、このV-Safeデータの検索可能なダッシュボードを構築しました2 以下のビデオでは、RCM の専門家、データ アナリスト、監査人である Albert Benavides (Welcome the Eagle 88 という名前で呼ばれています) が、ダッシュボードの長所と短所を含むダッシュボードの使用方法のツアーと概要を提供しています。

なぜCDCはV-Safeデータを隠すために戦ったのですか?

2022 年 10 月 5 日の Substack の記事で、Steve Kirschキルシュ は V-Safe データダンプについてコメントしています。

「V-Safeは、人々がワクチンを接種した後の有害反応を監視するためにCDCによって実施された自発的な安全性監視プログラムです。V-Safeのデータによると、ワクチン接種を受けた人の33.1%が重大な有害事象に罹患し、7.7%が専門的な医療を受けなければならなかった。

これらは並外れた数字です。彼らは明らかにワクチンが安全でないこと、CDCが意図的にこの情報をアメリカ国民から隠したこと、そして製薬会社が試験のデータを改ざんしたことを示しています…CDCはアメリカ国民を守っていない。彼らはワクチンの製造業者を保護しています。

キルシュが指摘したように、副作用はV-Safeでは過小評価または過大評価されるか、またはその両方になる可能性があり、V-Safeの質問に答える要求を無視する人もいれば、問題が発生した場合にのみサインアップするか、アンケートに記入するよう促される人もいます。

さらに、副作用を報告するためのオプションは事前定義されており、非常に汎用的であるため、事前定義された傷害のカテゴリのいずれにも当てはまらない影響を経験している可能性があります。重要なのは、死者は携帯電話を使用できないため、死亡はV-Safeに報告されないことです。したがって、これらの1,000万人の登録済みV-Safeユーザーのうち、何人が死亡したかを知る方法はありません。

しかし、「V-Safeのが過大報告されているか過小報告されているかは、人の注意を他へそらすものです」とKirsch氏は言います。「誰もが懸念すべき問題は、CDCがすべてのV-Safeデータをずっと隠していたことです。

CDCは、この情報の公開を防ぐために納税者の税金を費やすことに加えて(私たちにはあらゆる権利があります)、COVIDジャブの展開からわずか数ヶ月後の2021年5月頃にV-Safeの使用促進を停止しました。キルシュが指摘したように、これはおそらく「ワクチンが安全でないことを示すデータを蓄積していることが明らかになった」ためでしょう。

CDCは明白な「死」信号を無視した

2022年10月3日の記事4で、キルシュは、CDCが安全信号をトリガするために使用する式(VAERSの標準操作手順書5に記載されている)は「重大な欠陥がある」と指摘しています。それも意図的なのでしょうか?

2021年7月、マシュー・クロフォードはCDCが安全信号をどのように隠していたかについての3部構成のシリーズ6,7,8を発表しました。2021年8月、キルシュもこれらの問題を当局に通知したが、もちろん無視された。それでも、「彼ら自身の欠陥のある公式を使っても、『死』はシグナルを引き起こすべきだった」と彼は書いている。しかし、CDCは、彼らが見つけたものを公衆に通知しなかった。ここにキルシュの記事からの抜粋があります:9

「COVIDワクチンの安全性を監視する上でCDCと医学界による完全な無能さの客観的な証拠が必要な場合は、これはあなたが待っていた記事です。私たちは彼らの数字と独自のアルゴリズムを使い、それが「死」のシグナルを引き起こすべきだったことを示しています。

彼らがこの1つから抜け出す方法を議論する方法はありません…私たちは、CDCが私たちのポイントを証明するために使用したワクチン安全性信号監視式10以上を見る必要はありません…

CDCが安全信号の生成に使用する式には、根本的に欠陥があります。多くの有害事象を伴う「悪い」ワクチンは、多数の重要な安全信号を「マスク」します…あなたのための重要なポイントを一言で要約しましょう:

PRR[比例報告率]は、CDC文書11の16ページで次のように定義されています…

エポックタイムズ写真

CDC文書の16ページでは、「安全性シグナル」は、少なくともPRRが2以上、少なくともカイ二乗統計量が4以上、および対象の特定のワクチンの受領後のAE[有害事象]が3件以上発生した場合と定義されています。これは有名な「and節」です。ここにそれの文書を引用します:

エポックタイムズ写真

無能な人や、ワクチンを安全のように見せようと意図的に努力している人だけが、安全信号の定義に「and」という言葉を使用します。 ‘and’ を使用すると、いずれかの条件が満たされない場合、安全信号は生成されません。後述するように、PRRはめったにトリガーされず、安全でないワクチンによって生成されたほとんどのイベントがフラグを立てられることは決してないことを事実上保証します。

COVIDワクチンのPRR値は、COVIDワクチンが非常に危険であるため(つまり、式のBが膨大な数であるため)、分子が常にゼロに近いため、COVIDワクチンからの有害事象が非常に多いため、1を超えることはめったにありません。したがって、ワクチンが非常に危険であるため、「安全信号」がトリガーされることはめったにありません。

架空の例

キルシュは架空のワクチンを例にとり、CDCの欠陥のある公式のおかげで、非常に危険なワクチンがレーダーの下を飛んでフラグが立てられない方法を説明しています:12

「世界で最も危険なワクチンがあり、それを受けたすべての人に有害事象を引き起こし、25,000の異なる有害事象を引き起こし、各有害事象に1,000のインスタンスがあるとします。

つまり、分子は 1,000/25,000,000 であり、これは報告されたイベントごとにわずか 40 イベントです。次に、死亡のようなものの実績を見てみましょう。他のすべてのワクチンでは、合計6,200人の死亡と100万人の有害事象があります。

100万人あたり40人は100万人あたり6,200人未満であるため、1年間で1,000人を殺した架空のワクチンによる死亡の安全信号を生成することさえできません…要点は、危険なワクチンはPRRの公式を使用して非常に「安全」に見えるということです。

COVID Jab の死亡信号の計算

次に、キルシュは、VAERSデータとCDCの定義と式を使用して、COVID jabの死亡のPRR(比例報告率)を計算します。

“PRR = (31,214/1.4e6) / (6,157/918,717) = 3.32 で、必要なしきい値の 2 を超えています。言い換えれば、COVIDワクチンは非常に致命的であるため、ワクチンによって生成されたすべての有害事象があっても、死の信号はかき消されませんでした!

しかし、カイ二乗検定はまだあります。カイ二乗検定結果は「死」で18,549件で、必要な閾値である4を大幅に上回っています。CDCのカイ二乗検定は、COVIDワクチンに対して明らかに満足しています。死の信号は非常に大きいので、PRRテストでも生き残った。

これは、CDCを使用しても、独自の誤ったことを意味します…式では、3つの基準がすべて満たされていました。

1.PRR>2 [PRR 2より大きい]:3.32だった

2.カイ二乗>2 [カイ二乗2より大きい]:18,549であった。

3.3以上の報告:VAERSが受け取った31,214以上の死亡報告がありました…これは 3 より大きい

安全信号は生成されるはずでしたが、生成されませんでした。なぜ駄目なのですか。…誰も気にしますか? 何十万人ものアメリカ人の命が、CDCが独自の欠陥のある安全信号分析を展開することができないために失われました…

少なくとも2004年以来、レポートオッズ比(ROR)を使用することは、PRRよりも相対リスクのより良い推定値であることが知られています。14 なぜCDCがそれを使わないのか分かりません。

CDCは知らなかったと主張することはできません。

CDCはVAERSとV-Safeの両方を監視する責任があり、これら2つのデータベースの間では、ショットが何百万人ものアメリカ人を傷つけ、殺していることを知らなかったと言うことはできません。

CDCはまた、国防医学疫学データベース(DMED)を含む他のデータベースにもアクセスできており、(意図的に変更される前は15)、がん症例の3倍を含む衰弱状態と致死状態の大幅な増加を示しました。 16

これらのデータベースの調査結果は、CDCの予防接種実践諮問委員会(ACIP)会議やFDAのワクチンおよび関連生物学的製剤諮問委員会(VRBPAC)会議では、乳児や妊婦を含むあらゆる年齢の人々にジャブを承認することを繰り返し投票しています。

CDCが実際に必要に応じてこれらのデータベースを監視していた場合、データに基づいてこれらのショットを承認し続ける方法はまったくありません。これらのデータがレビューされなかったのはそのためですか? 多分そうでしょう。ACIPとVRBPACのメンバーは、何らかの理由で、単に真実を知りたくなかった。しかし、CDCはずっと前から知っており、そのデータを共有して行動しないことへの言い訳はできません。

言葉を広めるのを助ける

メディアは、V-SafeのデータとCDCが明確な安全信号に基づいて行動しなかったこと(そして、信号はすべてのもののうち、死である!)を、最初から欠陥のある公式を使用しても無視している。だから、言葉を広めてください。誰もがこれらの事実を知る必要があります。それは憶測ではなく、CDC自身のデータです。

CDCは、なぜ彼らがV-Safeデータの公開と戦うために15ヶ月間私たちの税金を費やしたのか、そしてなぜ「死」の信号が明らかになったときにショットを止めなかったのかを説明する必要があります。主流の報道機関、国会議員、医学界、大学も、なぜこれらのCDCデータの調査を拒否するのかを説明する必要があります。そのために,皆さんが助ける方法について、幾つかの提案を以下に挙げます。

エポックタイムズ写真

2022年10月18日 Mercola.com 掲載

出典・参考文献

ジョセフ・メルコラ ジョセフ・メルコラ

ジョセフ・メルコラ博士は Mercola.com の創設者です。オステオパシーの医師、ベストセラー作家、そして自然健康の分野で複数の賞を受賞した彼の主なビジョンは、人々が自分の健康を管理するのを助ける貴重なリソースを提供することによって、現代の健康パラダイムを変えることです。

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ