COVIDワクチン後の心筋炎と死亡:スパイクタンパク質リスクは大きいのでは

11/07/22COVIDビュー

COVIDワクチン後の心筋炎と死亡:リスクは公衆衛生当局が主張するよりも大きいのでは?

多くの研究によって明らかにされた驚異的な割合の心筋損傷が心臓突然死と因果関係がある場合、その結果は壊滅的である可能性があります。少なくとも、因果関係は徹底的に調査されるべきです。(訳者注:スパイクタンパク質(SARS-CoV2ウイルスとCOVID-19ワクチン接種の両方に見られる)は、ACE2受容体(分子TMPSSR2によって媒介される)を介して組織細胞に入ります。ACE2受容体は肺だけでなく、心血管系にも豊富に存在します。正確な分子メカニズムはまだ研究中ですが、スパイクタンパク質は心筋(心筋)と血管内組織(血管の内壁)に有毒であることが知られています。したがって、スパイクタンパク質が心筋と冠状動脈(心臓の血管)を好み、心筋炎、ACS、または心停止を引き起こすことは当然のことです。)

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

ハイライト

  1. 疾病管理予防センター(CDC)は、COVID-19ワクチン接種後の死亡を否定し続けています。
  2. CDCは、COVID-19ワクチン接種後の心筋炎による死亡は一般的に軽度であると主張しています。
  3. CDC / 米国食品医薬品局(FDA)は、エポックタイムズからの情報公開法の要請にもかかわらず、剖検情報の公開を拒否しました。
  4. 循環中の英国の研究では、100人の心筋炎による死亡が報告されています。
  5. ワクチン有害事象報告システム(VAERS)では32,000人の死亡が報告されています。
  6. 事例証拠:「突然死亡した」という報告がほぼ毎日増加しています。
  7. 日本の新しいプレプリント研究では、すべての年齢層で心筋炎による死亡が増加していることが明らかになっています。
  8. 3件の研究では、ワクチン接種後のトロポニンの上昇(心筋損傷)が示された。
  9. スパイクタンパク質は心臓や血管に有毒であることが知られています。
  10. おそらく、COVID-19ワクチン接種後の心筋炎と死亡のリスクは、公衆衛生当局が認めているよりもはるかに大きいでしょう。
  11. 強制的な予防可能な危害は不道徳です。

「安全で効果的」、「まれな副作用」、「一般的に軽度」という無味乾燥な口先だけのリフレインは、公衆衛生当局によって、COVID-19ワクチンに関する疑いようのない真理として提示され、それを正当化する科学的データは必要ないようだ。

9月21日にランセットで発表されたVAERSの心筋炎報告のCDCの中期(最低90日)フォローアップでは、CDCは「私たちの知る限り、調査の対象となる患者の追跡中に死亡は発生しなかった」と報告しています。

VAERSで報告されたCOVID-19ワクチン接種後の死亡に関する議会への公開証言(1:51:52)で、CDCディレクターのロシェルワレンスキー博士は、「それらの[死亡]のすべてが裁かれる」と述べました。

予防接種実践諮問委員会(ACIP)10月19日のプレゼンテーションでは、CDCは再びVAERSデータのみに依存し(心筋炎のリスクを3〜4倍過小評価することが知られており)、心筋炎のリスクは「まれ」であると報告しました。

ACIPは、10月19日の会議での2月のACIPプレゼンテーションの古いデータを使用して、「心筋炎/心膜炎のほとんどの人はフォローアップで完全に回復した」と報告しました。

しかし、先月ランセットで発表されたVAERS心筋炎レポートの独自の正式な分析では、CDCは、50%が追跡期間の中央値143日で依然として持続的な症状を持っていたと報告しました。さらに、患者の約3分の1は、追跡時にまだ行動制約がありました。

COVID-19ワクチン接種後の心筋炎の症例は「一般的に軽度」であるというCDCの主張にもかかわらず、COVID-19ワクチン接種後の心筋炎による剖検で証明された死亡の報告があります。

24歳の大学生のジョージは、2021年10月27日に倒れて亡くなりました。ブラッドフォード郡検死官事務所からの剖検報告は、ジョージが「COVID-19ワクチン関連の心筋炎」で亡くなったことを示しています。

COVID-19ワクチン接種後の心筋炎による死亡に関する他のいくつかの公開された報告があります。

たとえば、BNT162b2 mRNAワクチンの初回投与から5日後に胸痛を発症した22歳の男性は、7時間後に死亡しました。心臓の組織学的検査は、好中球および組織球優位を伴う孤立性心房心筋炎を明らかにした。免疫組織化学的C4d染色では,炎症性浸潤を伴わない筋細胞の散在的単一細胞壊死を認めた.主な死因は心筋炎であり、BNT162b2ワクチンと因果関係があると判断されました。

ファイザー-ビオンテックCOVID-19ワクチンの2回目の接種を受けてから3日後と4日後にベッドで死んでいるのが発見された2人の10代の少年の剖検結果も査読付き論文に掲載されています。

CDCによるVAERSからの心筋炎報告の初期分析(2022年1月にJAMAで公開)では、「データレビューの時点で、心筋炎の可能性のある30歳未満の人の死亡の2つの報告がありましたが、調査中であり、症例数に含まれていません。」

VAERSでの死亡の報告は31,569件あり、そのほとんどがワクチン接種から7日以内です。

興味深いことに、VAERSで報告された死亡のピーク数は、ワクチン投与のピーク用量(2021年4月)に対応しています。

すべての死亡は「裁かれる」と議会に保証したにもかかわらず(ワレンスキーは1:51:52で主張している)、CDCはこれまでのところ、VAERSでの死亡報告の分析を要約および説明するデータをリリースしていません。実際、CDCとFDAは、エポックタイムズからの情報公開法の要求にもかかわらず、剖検報告書の公開を拒否しました。

死亡が心筋炎とCOVID-19ワクチン接種と因果関係がない場合、なぜ公衆衛生当局は剖検所見を発表しなかったのですか?

ワクチン誘発性心疾患の世界中からの証拠の増加

英国からのCOVID-19ワクチン接種後の心筋炎の大規模な研究(2022年9月号掲載)では、アストラゼネカChAdOx1-S/nCoV-19ワクチンの1回目の接種後に入院した患者140人と90人の患者を観察し、心筋炎で死亡した。これらのうち、それぞれ40人(28.6%)と11人(12.2%)が心筋炎で死亡したか、入院後28日以内に死亡した。

同様に、ファイザー-ビオンテックBNT162b2ワクチンの1回目、2回目、3回目の接種後に病院に入院した、または心筋炎で死亡した患者は124人、119人、85人でした。これらのうち、22人(17.7%)、14人(11.8%)、13人(15.3%)の患者が心筋炎で死亡したか、入院後28日以内に死亡した。

最後に、モデルナのmRNA-1273ワクチンの1回目、2回目、3回目の接種後に心筋炎で入院した患者は11人、40人、8人でした。これらの患者はいずれも心筋炎で死亡せず、心筋炎で入院してから28日以内に死亡しませんでした。.(mRNA-1273ワクチンは、英国よりも米国でより広く使用されていることに注意することが重要です。

心筋炎後に死亡した人の割合は驚異的であり、「一般的に軽度」という主張を明確に否定しています。したがって、COVID-19ワクチン接種後の心筋炎による死亡は、科学界および医学界には知られていません。

ソーシャルメディアで活動している人は誰でも、「突然亡くなった」人々の報告が増えていることは間違いありません。これらの多くは青年、若年成人、アスリートです。これらの事例報告はほぼ毎日遭遇します。

これらの報告のほとんどに目立って欠けているのは、故人の予防接種状況です。COVID-19ワクチン接種が早すぎる悲劇的な死と因果関係がない場合、ワクチン接種状況はニュース報道から差し控えられるべきではありません。

COVID-19のパンデミック以前は、毎年推定65〜75人のアスリートが心臓突然死で死亡していました。今年だけでも、アスリートの間で500人以上の死亡の非公式報告があります。

これらの死亡は、COVID-19ワクチン接種に見られるスパイクタンパク質の心筋炎またはその他の心血管合併症によるものですか?

2022年4月にNatureに掲載されたイスラエルの以前の研究は、COVID-19ワクチン接種後の死亡リスクの増加についての手がかりを与えています。この研究では、16〜39歳の人口における心停止の量と急性冠症候群(ACS)EMSコールと、COVID-19感染やワクチン接種率などの潜在的な要因との関連を評価しました。

ACSは、患者が心臓発作を起こしているときに発生します。2019年から2020年と比較して、2021年1月から5月の間に両方のコールタイプで25%を超える増加が検出されました。特に、COVID-19のパンデミックがすでに蔓延していた2020年と比較しても、この率は増加しました。

イスラエルの研究では、毎週の緊急通報回数は、この年齢層に投与された1回目と2回目のワクチン投与率と有意に関連していることがわかりました。ただし、この率はCOVID-19感染率とは関連していませんでした。

著者らは次のように述べています。

「因果関係は確立されていませんが、この発見は、ワクチン誘発性の検出されない重篤な心血管副作用に関する懸念を提起し、ワクチンと心筋炎との間の因果関係がすでに確立されていることを強調しています。これは、若年者の予期せぬ心停止の頻繁な原因です。」

(この査読済みの科学的研究をFacebookに投稿すると、Facebookがこれを誤った情報と見なしているため、アカウントの制限につながることに言及する価値があります。

日本の集団ベースの研究(プレプリントとして最近発表され、まだ査読されていない)は、「SARS-CoV-2ワクチンを接種した後の心筋炎死亡率(MMRR)を、参照集団(過去3年間)と比較した」と評価しました。

ワクチン接種を受けた人口は、2月14日までにSARS-CoV-2ワクチンを1〜2回接種した12歳以上の99,834,543人でした。参照母集団は、2017年から2019年までの10歳以上の人と定義されました。

BNT-162B2(ファイザー)、mRNA-1273(モデルナ)、およびChAdOx1 nCoV-19(アストラゼネカ)はすべて評価されましたが、研究参加者の95%がBNT162b2 mRNA COVID-19ワクチン接種を受けたことに注意することが重要です。

以前の研究では、COVID-19ワクチン接種後の心筋炎のリスクは、BNT162b2よりもmRNA-1273後の若い男性で著しく高いことが示されています。

この研究では、「(心筋炎の死亡率は)若年成人(MMRRが6.69の30代で最も高い)だけでなく、高齢者でも有意に高かった」ことがわかりました。

他の年齢層では、心筋炎の死亡リスクが高くなる傾向がありましたが、これは統計的に有意ではありませんでした。著者らは、「この研究に基づいて、SARS-CoV-2ワクチン接種後の心筋炎のリスクは、以前に報告されたものよりも深刻である可能性がある」と結論付けました。

フロリダ州外科医総長のジョセフ・ラダポ博士は現在、18〜38歳の男性にCOVID-19mRNAワクチンを推奨していません。この更新された推奨事項は、ワクチンの安全性を評価するための確立された研究方法である自己管理ケースシリーズによる分析に基づいています。

更新されたmRNA COVID-19ワクチンのガイダンス(2022年10月7日)によると、「この分析では、mRNAワクチン接種後28日以内に18〜39歳の男性の心臓関連死亡の相対発生率が84%増加することがわかりました。

心筋炎、心筋炎による死亡、急性冠症候群、心停止の根底にある潜在的なメカニズムは、分子レベルで説明できる可能性があります。

スパイクタンパク質(SARS-CoV2ウイルスとCOVID-19ワクチン接種の両方に見られる)は、ACE2受容体(分子TMPSSR2によって媒介される)を介して組織細胞に入ります。ACE2受容体は肺だけでなく、心血管系にも豊富に存在します。

正確な分子メカニズムはまだ研究中ですが、スパイクタンパク質は心筋(心筋)と血管内組織(血管の内壁)に有毒であることが知られています。

したがって、スパイクタンパク質が心筋と冠状動脈(心臓の血管)を好み、心筋炎、ACS、または心停止を引き起こすことは当然のことです。

無症候性心筋炎のリスクは重大です

多くの国際的な研究では、臨床的心筋炎(症状のある人)の割合は100万人あたり約300人(または約3,333人に1人)であると報告されていますが、3つの別々の研究では、現在報告されているよりも多くの人々が無症候性(すなわち無症候性)心筋損傷を患っている可能性があることがわかりました。

心筋損傷は、トロポニンと呼ばれるバイオマーカーの血中濃度をチェックすることによって評価することができます。タイの青年を対象とした研究では、青年の1.3%(76人に1人)がBNT162b2ワクチン接種後にトロポニンを上昇させたことがわかりました。

イスラエルの2つの病院による前向き調査では、BNT162b2ワクチンを接種した健康な医療従事者の0.62%(162人に1人)でトロポニンの上昇が見つかりました。

欧州心臓病学会2022年会議で発表された要約は、mRNA-1273ワクチン接種を受けたスイスのバーゼル大学病院の従業員の2.8%(35人に1人)でトロポニンの上昇を報告しました。

無症候性のトロポニン上昇(心臓MRIで炎症の裏付けとなる所見がない場合)は、それ自体では心筋炎の診断ではないことに注意することが重要ですが、これら3つの研究をまとめると、COVID-19ワクチン接種後の心筋損傷の割合は、公衆衛生当局によって現在報告されているよりもはるかに高い可能性があることを強く示唆しています。

スパイクタンパク質によるリスクの持続時間はまだ完全には理解されていません。当初、公衆衛生当局は、mRNAが注射部位でスパイクタンパク質を産生するのは数時間(またはせいぜい数日)だけであると主張していました。

ただし、スパイクタンパク質は注射後28日注射後4か月で報告されています。さらに、ワクチンmRNAは、ワクチン接種の15日後に血液中に検出することができます。

したがって、スパイクタンパク質の毒性作用は、ワクチン接種後数週間から数ヶ月間続く可能性があります。CDCの最新の推奨事項では、すべての人が繰り返しブースター(新しい二価ブースターを含む)を受け取る必要があると規定されていますが、繰り返しブーストすることの潜在的な累積毒性効果を徹底的に評価するための研究は実施されていません。

臨床的(症候性)心筋炎、急性冠症候群および心停止はすべて、心血管系に対するスパイクタンパク質の毒性作用の合併症である。研究によると、無症候性心筋損傷の割合(サーベイランストロポニン評価によって実証されている)は、3つの異なる研究で35人に1人から162人に1人の割合で報告されています。

心筋損傷のこれらの驚異的で愚かな率が心臓突然死と因果関係がある場合、その結果は壊滅的である可能性があります。決定的な自信を持って因果関係を確立するのは時期尚早かもしれませんが、心臓と主要な血管のスパイクタンパク質を評価するための特定の技術による剖検と生検による徹底的な系統的評価を保証することは間違いありません。

最後に、COVID-19疾患は、健康な子供や若年成人の間で入院や死亡のリスクが非常に低いことが繰り返し証明されているため、学校や大学の義務は直ちに停止し、中止する必要があります。

強制的な予防可能な危害は、CDCが重篤で致命的な副作用であると繰り返し主張しているとしても、医療倫理への侮辱であり、人道に対する罪に等しい。

クレジット:サンジェイ・バーマ医学博士、FACC

サンジェイ・バーマ医学博士、FACCのアバター

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。