NIHが資金提供の武漢でコロナウイルス研究の背景

09/21/21COVID  ビュー

文書は、武漢でNIHが資金提供コロナウイルス研究を証明しています。それがパンデミックの原因でしょうか?

国立衛生研究所が資金を提供する数百万ドルのコウモリコロナウイルス研究助成金は、中国の武漢の研究者がコロナウイルスを操作して感染の重症度を高めた方法で活動していることを明らかにした。(訳者注:ヒトACE-2発現マウスプラットフォームを備えたキメラ新バットコロナウイルスが意図的であれ偶然であれ、流失したのが今回の騒動の始まりと考えて良いだろう。その後のα、β、デルルタ、ミュー、etcと続くが、メディアでミックも加わり、確かな疫学的検証もされないまま、不毛な自然界への挑戦が続いている。)

先週、国立衛生研究所(NIH)が資金を提供する数百万ドル規模のコウモリコロナウイルス研究助成金が公表され、中国の武漢に拠点を置く研究者が、ヒト受容体を使用するバットコロナウイルスの能力をテストするプラットフォームを採用し、感染の重症度を高める方法でコロナウイルスを操作したことを明らかにした。

助成金文書は、潜在的に病原性ウイルスの収集と実験の危険性を強調し、COVID-19パンデミックの前に5年間、中国の武漢で米国が出資するコロナウイルス実験に新たな光を当てた。

助成金提案とその中間報告書で開示された新しい情報は、研究がパンデミックにつながったことを確立していません。しかし、彼らはそれが可能だったことを示唆しています。

NIHが出資した5年間の助成金は、2014年に米国に拠点を置くエコヘルス・アライアンスに授与され、エコヘルスピーター・ダザック社長は中国武漢ウイルス学研究所(WIV)で働く2人を含む中国の複数の研究者と共同で「主任研究者」として授与されました。

助成金の主要な共同研究者は、ノースカロライナ大学のラルフ・バリックで、コロナウイルス感染のマウスモデルに関する専門知識を提供しました。助成金は2019年に更新されましたが、パンデミックが世界中でパニックを引き起こすにつれて、2020年にキャンセルされました

研究計画と中間報告書のコピー,、「バットコロナウイルス出現のリスクを理解する」は、NIHに対する訴訟を通じて入手され、インターセプトによって公表されました。

文書によると、NIHの助成金は310万ドルで、そのうち599,000ドルはWIVと、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-1(SARS-CoV-1)および同様の SARS関連の(SARSr)-CoVsウイルスの研究を専門とする研究者ZhengliShiに支払われました。 

多くの科学者はSARS-CoV-2可能な実験室起源を提唱し、COVID-19を引き起こす新しいコロナウイルスSARS-CoV-2の起源可能なとしてWIVを指摘した。

野生動物から出現するコロナウイルス(COV)は「世界の健康に対する重大な脅威」であり、コウモリは「これらのウイルスの自然な貯水池」とみなされていると主張している。

それを念頭に置いて、著者らは、彼らの研究の目的は「将来のコロナウイルスのリスクを調べることである..様々な研究技術を用いて「野生動物からの出現」と「次のCoVが人々に出現するリスクを高める要因.」を研究する。

助成金文書によると、この研究では、COV用の30種以上のコウモリをスクリーニングし、コウモリからヒトへのコロナウイルスの潜在的な波及を評価するための戦略を策定した。

しかし、波及イベントを避ける方法を学ぶために、作業が実際に1つを引き起こした可能性があります。

それがどのように起こったのか

エコヘルスアライアンスの助成金は、パンデミックをどのように引き起こしたでしょうか? ここでは、助成内容を読み解き、いくつかのシナリオを示します。

  • バットSARSr-CoVサンプルのフィールドワーク、収集、封じ込めの間に、人々が誤って感染した可能性があります。研究では、雲南省、広東省、広西省、福建省の4つの中国省でコウモリからサンプルを収集しました。

研究者たちは、中国のコウモリの多作なサンプリングと新しいコロナウイルスの同定について説明しました:「我々は268の新しいコウモリCOV(中国だけで140)からのシーケンスを特定しました」と、彼らは助成金に書きました。「広東省の広範囲のコウモリやげっ歯類からさらに5000以上の臨床サンプルがあります。」

助成金受給者は、彼らの仕事が深刻な影響を及ぼすことを認め、「現在中国南部のコウモリに流通しているSARSr-COVの一部は、人々の中で感染し、複製することができる可能性が高い」と助成金文書に書いている。【オリジナルで強調】。

実際、これまでに同定されたSARS-CoV-2に最も密接に関連するウイルスは、雲南省の鉱山シャフトでWIV科学者によって発見されました。2012-2013年には、6人の鉱夫がこの鉱山シャフトでコウモリの便にさらされた後に急性呼吸窮迫症候群を経験し、3人が死亡した。

「フィールドワークは、SARSr関連または他のコウモリCOVにさらされるリスクが最も高く、コウモリの頭上密度が高く、便粉が吸入される可能性のある洞窟で作業しています」と、助成金文書は述べています。

助成金文書には、「タイベックスーツとHEPAフィルター式パワードエア浄化および供給空気呼吸器システム(PPUR)が、エアゾル化されたコウモリの便と接触するリスクが高い洞窟システムで追加的に着用される」と記載されています。

これらのコウモリサンプルのいずれかに、ヒトに感染するSARS-CoV-2の近親的な親戚が含まれていた場合、フィールドワークの過程で偶発的な感染が発生し、その後のラボ手順または封じ込めは、現在報告されている株よりもSARS-CoV-2とより大きな類似性を持つSARSr-CoVとの類似性を有する伝染性SARSr-CoVにつながった可能性がある。

実際、SARS-CoV-2のいくつかの初期株の分析は、NIH配列アーカイブから削除されたウイルス配列から回復した証拠に基づいて、以前考えられていたよりもコウモリコロナウイルスに類似している可能性があることを示している。

  • コウモリコロナウイルスの実験室実験中に、NIH交付金で報告されたものよりもSARS-CoV-2とより大きな類似性を持つ新しいウイルスが産生された可能性がある。

研究チームは助成金の中で、SARS-CoV-1およびSARS-CoV-2の受容体であるヒトアンジオテンシン変換酵素2(hACE-2)を運ぶために遺伝子操作されたマウスであるin vivoモデルを開発したと述べた。

研究グループはまた、彼らが新しいSARSのようなコロナウイルスの生成に成功したことを報告しました。彼らは、彼らが発見した新しいスパイクタンパク質のRNA配列を既知の実験室株のウイルスの「バックボーン」に継ぎ合わせることによってこれを行った。この種の新型ウイルスは、異なるウイルスの遺伝要素から構成されているため、キメラと呼ばれています。

このようにして、研究者たちはコウモリから異なるスパイクタンパク質を持つ3つのキメラウイルスを作成しました。

  • 助成金は、SARS-CoV-2と同様のウイルスが直接の起源であると言及していないが、他のキメラウイルスがこのモデルでテストされた可能性があるものの、助成金では報告されなかった。研究者たちは、報告されていないコウモリウイルスを含むフィールドワーク中に収集された新しいコロナウイルスのトローブにアクセスできました。

研究者が中間助成金報告書の一部を提示することは一般的ですが、すべてのデータを提示するわけではありません。助成金に記載されている研究は、助成金に記載されているものよりもSARS-CoV-2に密接に関連する他のキメラウイルスを研究するために簡単に使用することができたプラットフォームを確立しました。

助成金文書内にこの兆候があります。3つのキメラウイルスを持つhACE-2マウスの感染の結果が提示されたが、研究者たちは助成金に「我々は実験モデルの候補であるウイルスの数を正確に予測できない。マウス感染実験に使用される約20のウイルスを特定します。

研究者は、報告されたものよりもSARS-CoV-2と類似した新しいキメラウイルスを生成した可能性があります。

ヒトACE-2マウスの実験

NIHグラントは、ヒトACE-2受容体を有するマウスに関する重要な研究を説明する。

研究チームはhACE-2マウスにキメラSARS様のコウモリコロナウイルスを感染させ、病気になる様子や、元のウイルス株と比較して感染性ウイルスを流すかどうかを調べた。

その結果、キメラウイルスの一部に感染したhACE-2マウスは、特定の時点で元のウイルス株に感染したものよりも、多くの体重を失い、肺に多くのウイルスを流すことがわかった。この研究は、感染性および病原性を得たキメラウイルスをもたらしたことになる。

「我々は彼らに[hACE-2マウス]を培養したコウモリコロナウイルスに感染させ、どの器官が感染し、これらのマウスが感染性ウイルスを流すことができるかどうかを判断する」と、助成金が提案した。この助成金は、キメラウイルス感染hACE-2マウスの組織研究し、ウイルス複製を行うことを目的とした。

助成金は、マウスが感染する可能性のある異なる伝送ルートをテストすることを提案し、鼻感染と他のルートを比較した。

助成金の概要は、「我々は、ヒトACE2を運ぶために改変されたヒト化マウスでインビボ感染実験を行う。武漢ウイルス学研究所BSL-3動物施設の遺伝子.彼の研究は、ウイルス病原性、組織のトロピズム、伝達経路、および感染症状に関する情報を提供する」

顕著な問題は、キメラウイルスがhACE-2マウスの間で伝染できるかどうかである。科学者がこれについて明示的に報告したかどうかは問題ではなく、むしろ、hACE-2マウスの間でも伝染性の新しいキメラコウモリウイルスが設計されたのでしょうか?

助成金はhACE-2マウスにおけるウイルスの繰り返し通過については議論していないが、プラットフォームはまた、この可能性に関するバイオセーフティの懸念を設定する。

著名な’近位起源‘論文の弱点?

SARS-CoV-2の実験室起源に異議を申し立てた一部の科学者は、ウイルスが無傷の免疫系を有する動物宿主に適応されているという兆候を有すると主張しているが、そのような適切な実験室モデルは説明されていない。

科学者クリスティアン・アンダーセンと同僚によって進められ、ネイチャー・メディシンで影響力のある対応として発表されたSARS-CoV-2の実験室起源に対するこれらの議論の1つは、「その後の多項基礎切断部位の生成には、ヒトと同様のACE2受容体を持つ細胞培養または動物の反復継代を必要としていたであろうが、そのような研究も以前には説明されていない」であった。[私たちではを強調]。

しかし、助成金は、これが正しくないことを示しています – hACE-2マウスの実験は、そのようなモデルを確立します。

新しいキメラコウモリコロナウイルスによるhACE-2マウスの感染は、ヒト細胞に感染しやすくなる配列変更を伴う新しいウイルスをサポートしている可能性がある。これらは、株に感染する元のキメラウイルスよりもSARS-CoV-2と配列的に似ている可能性があります。

hACE-2発現マウスは、生体内のキメラSARS様コウモリコロナウイルスのヒト適応を可能にし、これまでに報告されたものよりもSARS-CoV-2と類似性を持つウイルスを生成する可能性がある。これは、中国におけるNIH出資の研究がCOVID-19パンデミックにつながった可能性のあるもう一つの可能な説明になる。

要するに

波及事象の探索に加えて、助成金で概説された研究は、波及事象を生成する可能性を有していた。

これは、フィールドワーク中およびコウモリSARSr-COVの実験室処理中、封じ込め中または保管中、新しいキメラコウモリコロナウイルスの実験室工学中、またはこれらの新しいウイルスがhACE-2マウスに感染するために使用された後、SARS-CoV-2の前駆体であった、より感染性、伝染性および/または病原性ウイルスにつながったとして発生した可能性があります。

実験室の実験中にこれらの新しいコロナウイルスのいずれかで実験室リークまたは実験室で獲得した感染の可能性は、深刻なバイオセーフティの懸念を提起する。

コウモリコロナウイルス助成金プロジェクトは終了しましたが、このプラットフォームを使用する他の研究が実行されたか、ウイルス感染に関連するものを含め、現在行われている可能性があります。調査自体が米国の納税者によって支払われたにもかかわらず、これらの助成金文書を明るみに出すために民事訴訟を取ったことは注目に値します。

また、エコヘルス・アライアンスが国防総省から4,000万ドル近くの助成金を受け取っており、DOD助成金データはしばしば機密扱い分類され、一般の人々には秘密です。

また、5年間のコウモリコロナウイルス研究助成金はさらに1年間しか更新されませんでしたが、「東南アジアのEIDホットスポットにおける人獣共通感染症ウイルス出現のリスクを理解する」と題する750万ドルのNIH助成金がEHAに授与され、2014年の助成金で設立されたプラットフォームを拡大しました。

この新しい助成金は、ダザックを再び主任調査官として、インターセプトによって9月上旬に公表されました。新しい助成金は、ボストンのBSL-4施設を含む、研究が行われるより多くの協力者と研究室のサイトを追加するコンソーシアム補助金です。資金調達は、2020年6月17日から2025年5月31日までの予算サイクルで承認されます。

要するに、2014年のコウモリコロナウイルスNIHグラントの下で行われた作業がCOVID-19パンデミックに役割を果たしたかどうかは不明です。しかし、SARS関連のコウモリコロナウイルスのEcoHealthアライアンスとWIVの収集と保存、およびヒトACE-2発現マウスプラットフォームを備えたキメラ新バットコロナウイルスの作成と使用は、パンデミックを引き起こした可能性があります。

議会は、パンデミックの起源の完全かつ徹底的な調査の一環として、この種の危険な研究の米国政府資金に関する調査を開始する必要があります。

米国の知る権利は、科学の透明性は、将来のパンデミックを防ぐことを含め、公衆衛生の保護に不可欠であると考えています。

もともと米国によって出版された。知る権利.

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。