2022/11/03時点776,330 回視聴

再び超過死亡についての問題提起です。イギリスのキャンベル博士も、動画で専門家が超過死亡について言及をしないのは問題だとの指摘です。動画の中で、血管疾患による死亡は著しく過剰であると指摘。特に英国では過剰死が15%も高いと指摘。このことは日本のデータでもハッキリと出ているので、画像をクリック頂ければよい。2021年に入りワクチン注射が始まって以来、連続して夥しい数のcovidではない超過死亡が発生している。科学は、行政が行ってることとは真逆の動きを指し示している。簡単に言えば注射をやめれば、過剰死は収まるということと思うが、そういったことを言うのは禁句のように社会が歪められている。日々の無症状の’感染者’数と陽性者の死亡があたかも関連するかのような報道の流布は、風説の流布、国民の誤解を生み育て、行政の誤謬は出口の無いその場しのぎの無責任行政の繰り返しとなり、平成不況からの脱却を阻み、混迷の極を一層高めている。
英国王立統計局データによると、
2020年を通して315人、2021年までは1,322人だった過剰死は、10月で1週間あたり平均1,564人と急増している。2022年5月以降死亡者数は24,440人。

近縁の原因についての詳細は、https://app.powerbi.com/view?r=eyJrIj…に、

2020年3月23日(英国初のロックダウン)以降の詳細は、

https://coronavirus.data.gov.uk/detai…

https://www.ons.gov.uk/peoplepopulati…

2022年10月21日に終わる週、英国で登録された死亡者数は、13,463人で5年平均を15.7%上回る=1,822人の超過死亡者数。2020年3月23日までの週は1,379人

https://www.telegraph.co.uk/news/2022…

全年齢層別のデータは、https://app.powerbi.com/view?r=eyJrIj…から詳しく読み取れる。

Amitava Banerjee、臨床データサイエンス、コンサルタント心臓医、ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン健康情報学研究所は、間接的かつ長期的な影響を考慮しないパンデミック対策チームは、決してあってはならないと言い、

covidによる過剰な死亡という直接的な影響に焦点を当てて考えると、covidによる死亡者数よりも、間接的な影響により、多くの病気が発生し、経済的な影響を受けると思われる。

キャンベルが目にするのは、依然としてcovidの直接的な効果にしか焦点が当てられていることで、NHSの責任者も、新しい保健省長官も、誰もこの過剰死のことについて問題にしていないことに憤慨している。

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ