COVIDラボリーク理論を「陰謀」とする陰謀が明らか

09/29/21COVID  ビュー

COVIDラボリーク理論を「陰謀」と呼ぶ論文を発表した27人の科学者のうち26人が武漢研究所と関係がある

2020年2月にウイルス学者のグループは、ランセットに「このコロナウイルスは野生動物に由来すると圧倒的に結論づけている」という論文を発表しました。そのうち26人は、コウモリコロナウイルスを用いた機能獲得研究をめぐる論争の中心にある中国の武漢ウイルス学研究所と関係があった。

一目でストーリー:

  • 2020年2月、ウイルス学者のグループはランセットに「このコロナウイルスは野生動物に由来すると圧倒的に結論づけている」と書いた手紙を発表し、ラボリーク理論を陰謀と呼んだ。
  • そのうち26人は、コウモリコロナウイルスを用いた機能獲得(GOF)研究をめぐる論争の中心にある中国武漢ウイルス学研究所(WIV)と関係があった。
  • 重い紛争はデイリー・テレグラフ紙の調査によって明らかにされ、多くの専門家が同紙の信頼性と動機をめぐって提起した質問を確認した。
  • エコヘルス・アライアンスピーター・ダザック社長は、ダザックのエコヘルス・アライアンスがWIVで論争を巻き起こしたGOF研究に資金を提供したため、しばしば出てくる名前です。
  • ウェルカム・トラストのディレクターである署名者ジェレミー・ファラーは、中国疾病管理予防センターの所長ジョージ・ガオ博士と共に作品を出版しました。
  • オーストラリアのパースにあるカーティン大学の熱帯感染症専門家ジョン・マッケンジーは、ランセット紙の署名者でしたが、WIVの新興感染症センターの科学諮問委員会の委員でもあることを明らかにしませんでした。
  • ランセット紙の元の署名者のいくつかは、彼らの前言を翻し、現在COVID-19の起源に関する完全な調査を求めています.

SARS-CoV-2はどこから来たのですか?

それは私たちの時代の最も関連性が高く、熱く議論された質問の一つですが、その答えを明らかにする可能性のある調査は、最初から絶望的であったようだ。

2020年2月、ウイルス学者のグループはランセットへの論文で、 「このコロナウイルスは野生動物が起源であると圧倒的に結論づけられている」とし、研究室からの流出説は陰謀であるとし、「COVID-19が自然由来ではないとする陰謀論を強く非難するために、我々は共に立ち上がる」と付け加えました。

ランセット紙の論文は、SAR-Cov-2が研究室から流出したかどうかについてのオープンな議論を阻害し、自然起源説に異議を唱える人々に陰謀論者のレッテルを貼る結果となった。

「COVID-19が人工の起源を持っていたのか、武漢の研究室(ウイルスが地上ゼロだった中国の都市)から漏れたのかという議論はすべて、論文によって事実上閉鎖された」とデイリー・メール紙は報じた。しかし、この論文は独立した調査の結果ではなく、むしろ著しく矛盾したPRの試みでした。

ランセット論文の著者27人のうち26人が中国の研究室と関係があった

「COVID-19と戦う中国の科学者、公衆衛生専門家、医療専門家を支持する声明」という論文の著者として27人の科学者が名を連ねています。

そのうち26人は、コウモリコロナウイルスを用いたGOF研究をめぐる論争の中心にある中国の武漢ウイルス学研究所(WIV)と関係があった。

重い紛争はデイリー・テレグラフ紙の調査によって明らかにされ、多くの専門家が同紙の信頼性と動機をめぐって提起した質問を確認した。

ランセットの手紙を見ると、カリフォルニア大学バークレー校のリチャード・ミュラー名誉教授は、6月29日に開催されたセレクト・コロナウイルス危機公聴会に関する下院監視改革小委員会での証言で述べたが、中国が宿主動物を特定し、中国の開放性を称賛することさえできるので、ラボの起源を却下できると述べている。

ミュラーは、「ランセット誌に掲載されたこの論文は、16ヶ月後に見てもうまく読めない」と述べ、宿主となる動物が見つかっていないことを指摘した。

調査の詳細ランセット紙の26人の対立する科学者

ボストン大学の微生物学教授ロナルド・コーリー博士は、WIVとの関係が見つからなかった唯一の科学者です。テレグラフの調査で明らかになったリンクを持つ2ダース以上の他の科学者のサンプリングは、以下で明らかにされています。

ピーター・ダザック— エコヘルス・アライアンス社長ピーター・ダザックは、ダザックのエコヘルス・アライアンスがWIVで論争を巻き起こしたGOF研究に資金を提供したため、しばしば登場する名前です。さらに、米国国立衛生研究所の一部である国立アレルギー感染症研究所(NIAID)は、エコヘルス・アライアンスに資金を提供し、WIVに資金を提供しました。

ダザックはまた、COVID-19のランセット委員会のコミッショナーにされたが、彼の極端な利益相反が公表されると、彼は委員会から撤回された。調査の結果、他の5人の署名者もCOVID-19.9のランセット委員会で働いていたことが明らかになった。

ダザックはランセット紙に利益相反を宣言しなかったが、6月21日に発表されたアップデートで、ランセットは「特に著者の一人、ピーター・ダザックに関連して、この開示の妥当性を疑問視している読者もいる」と述べた。ジャーナルは著者に「利益相反を再評価する」ように促し、ダサックは、中国との協力についてについて、急に多くのことを語るようになった。

情報公開請求で明らかになったメールの中で、ダザックは、中国の「協力者」から「支持を示してほしい」と頼まれてランセット誌の論文を構成したと述べている。

ダザックは、エコヘルス・アライアンスと提携するグローバル・ヴィローム・プロジェクトの会計係でもあります。その目標は、前の予測プロジェクトから引き継ぐ、潜在的な人獣共通性ウイルスの脅威を特定することです。

デイリー・メールは、「Predictプロジェクトは、コウモリコロナウイルスに関する武漢の研究者による部分的な資金提供を受けた作品も発見され、ヒトに感染できるかどうかを確認するために変更されました。研究のための資金は、エコヘルス・アライアンスによって提供されました。

ジェレミー・ファラー – ウェルカム・トラストのディレクターであるジェレミー・ファラーは、COVID-19に関する政府に助言する英国の緊急事態科学諮問グループと、COVID-19ワクチン開発に10億ドルを与えた流行準備イノベーション連合の理事会席に職を置いています。

ファラーはまた、中国疾病管理予防センターの所長であるジョージ・ガオ博士と共に「旧友」と呼ぶ作品を出版しています。ガオはグローバル・ヴィローム・プロジェクトの立ち上げを支援し、SARSのようなコロナウイルスを含む2004年からコウモリ媒介ウイルスを研究しているWIVの新興感染症センター(バットウーマンとも呼ばれる)の所長であるShi Zhengli博士とつながりがあります。デイリーメールが報じました:

「彼女のチームは2013年にウイルスを発見しました。ジョシー・ゴールディング博士とマイク・ターナー教授の2人の署名者は、ウェルカム・トラストと現在または過去のつながりを持つ事が知られています。ゴールディング博士はトラストの流行のリードであり、ターナー教授はグラスゴー大学の寄生虫学の専門家であり、以前はトラストと協力していました。

リンダ・サイフ— オハイオ州立大学の微生物学の専門家リンダ・サイフは、2017年5月に武漢で開催されたワークショップで講演者を務めました。ワークショップの他の講演者には、シーとガオが含まれていました。サイフは動物コロナウイルスの話題について話しました.

ジョン・マッケンジー — オーストラリアのパースにあるカーティン大学の熱帯感染症専門家ジョン・マッケンジーは、ランセット論文の署名者でしたが、WIVの新興感染症センターの科学諮問委員会の委員でもなかったことを明らかにしませんでした

カンタ・サブバラオ— オーストラリアのメルボルン大学のウイルス学の専門家であるカンタ・サブバラオは、NIAIDの新興呼吸器ウイルスセクションの元チーフで、2016年の武漢会議で新興疾患について語りました。会議の一部は WIV によって組織された。

ラルフ・バリック— ランセット紙の署名者の5人は、ラルフ・バリックと共に記事を発表したが、その名前は論文から省略されたが、それにもかかわらず重要な結びつきを持っている。ノースカロライナ大学チャペルヒル校のバリック博士は、WIVによるGOF研究に使用されるヒト化マウスを開発しました。

バリックはジェングリとCOVID-19ワクチンメーカーのモデルナと密接に協力し、NIAIDと共に、パンデミックの前に2019年12月12日にノースカロライナ大学のバリックにmRNAコロナウイルスワクチン候補を送り、大きな赤旗を掲げました。

ランセットの声明が2020年2月に発表された当時、ダザックはバリック氏に署名を加えることを勧めていましたが、その理由は「我々の共同研究にリンクしない形で発表することで独立した声を最大化したい」というものでした。

SARS-CoV-2が自然起源から来たことを公に示唆し陰謀論に反対した後、ランセット紙の元の署名者の何人かが彼らの立場を逆転させ、COVID-19の起源に関する完全な調査を求めている。

この中には、ニューヨークのアイカーン医科大学のピーター・パレーズ氏も含まれており、彼は2021年6月にMailOnlineに「COVID-19ウイルスの起源に関する徹底的な調査が必要だと思います」と語っています。私が署名したランセット誌の書簡以降、多くの不穏な情報が表面化しているので、すべての疑問点をカバーする答えを見たいのです」と語っている。

アイオワ大学の署名者スタンリー・パーマンも同様に、「プロセスの一環としてラボリークの可能性を排除することは困難であるため、これはまだ考慮する必要があります」と述べています

シカゴ大学の微生物学専門家バーナード・ルイスマンも論文に署名し、その後SARS-CoV-2は「ずさんな」科学者によって発表されたと考えていると述べている

しかし、署名者たちは自らの利益相反を明らかにしていません。ランセットがダザック氏の利害関係を開示する補遺を発表した際、、他の署名者にも競合する利害関係を更新するよう呼びかけました。ラトガース大学の分子生物学者リチャード・エブライトは、テレグラフに次のように語った:

「信じられないことに、ダザックだけがそうしたようです。エコヘルス社の社員やプレディクト社の契約社員など、明らかに重大な利益相反が未公開であるにもかかわらず、他の26人の署名者の利益相反は報告されませんでした」。

物語を制御するためのオーケストラキャンペーン

ランセット紙は、COVID-19の起源に関する物語を制御するためのキャンペーンの一部に過ぎませんでした。プロパガンダのもう一つの主要な部分は、SARS-CoV-2が自然起源を持ち、実験室で作られたものではないという有力な「証拠」となった2020年3月にネイチャーメディシンに掲載された論文「SARS-CoV-2の近位起源」です。

その後、NIAIDディレクターのファウチと、ファーラー博士、国立衛生研究所のフランシスコリンズ博士が、論文に関与していたことが明らかになりました。2020年3月6日にこの3人と同僚に電子メールを送り、彼らの「アドバイスとリーダーシップ」に感謝するメールを書き送っています。

FOIA文書の10万ページを精査し、1,000以上の研究記事をレビューしたCOVID-19アナリストのチャールズ・リクシーによると、彼が「中心者」と呼ぶネイチャー・メディシン・ペーパーの5人の編集者は、2020年2月1日の時点で、ウイルス上にフーリン切断部位が存在することを認識していたという。 この日は、ファラーとファウチが電話会議を開催した日であり、人工起源を指し示すSARS-CoV-2ゲノムのいくつかの側面に対処するため、「ゲノムの継代や直接的な操作によって適応性のある変化を生み出すことを目的としていた。」

2020年2月1日の電話会議の後、2月3日にファウチ、大統領科学顧問のケルビン・ドログマイヤー、米国保健社会福祉省の上級科学顧問クリス・ハッセル、米国アカデミーの政策担当者アレクサンダー・ポープによる会議が開かれ、その際に「科学が示す内容ではなく、シナリオがどうなるかについてグループでテーブルを叩いた 」という。

リクシーは書きました:

「したがって、研究室の起源を追求することは、キャリアの死を意味し(学会の会員になれない)、(ファウチやロスやファーラー経由の)資金提供も受けられず、歴史的なパンデミックの際には4大ジャーナル(NEJM、Science、Lancet、Nature(基調となる記事を掲載したことによる))での発表もできず、ジェネリック医薬品などの幹部の庇護も受けられない、というシグナルがすべての科学者に送られたのです」。

多くの人は、中国が自白したり、内部告発者が名乗り出たりするSARS-CoV-2の起源を本当に知ることは決してないと述べていますが、ミュラーが証言の中で述べたように、「我々には内部告発者、ウイルス自体があります」と述べています。

WIVとGOF研究に密接に取り組んできた科学者がラボリーク理論の調査を停止しようとしたとしても、ウイルスは最終的に真実を明らかにするでしょう。

SARS-CoV-2は、表面にフリン切断部位と呼ばれるユニークなトリガーがあり、遺伝子にはCGG-CGG二量体と呼ばれるユニークなコードがある。 これらのマーカーは、天然コロナウイルスには存在しないが、GOF研究で使用されたことが知られている。

22の異なる分野で87の特許を保有し、7つのFDA承認医薬品を発明したスティーブン・キー博士は、SARS-CoV-2は中国の研究所から来たと考えています。

SARS-CoV-2起源の彼のベイズ分析は、SARS-CoV-2のフリンサイトでCGG-CGGコドン対を見つけることは「あり得ない出来事」であり、これはSARS-CoV-2が人獣共通点起源である可能性をわずか0.5%にし、実験室起源の可能性は99.5%に調整することができるという。

もともとメルコラによって出版された.

ジョセフ・メルコラ博士のアバター

ロバート・F・ケネディ

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。