CHDブックは、ワクチン傷害の人生を変える影響を暴露

「ワクチン傷害者のプロフィール」:新しいCHDブックは、ワクチン傷害の人生を変える影響を暴露

“Profiles of the Vaccine-Injured: ‘A Lifetime Price to Pay'” – Children’s Health Defenseの新刊で、Robert F. Kennedy, Jr.の序文付きで、ワクチンリスクのソフトペダルを踏むことがいかに危険で高価な嘘であるかを明らかにしている。

一日を逃す、たくさん逃す。ディフェンダーのトップニュースオブザデイを購読してくださいそれは無料です。

政府、公衆衛生の専門家、メディアは、ワクチンによる傷害は「まれ」「ほとんど測定不可能」または「100万人に1人」であるという誤った主張を非常に頻繁に繰り返しており、多くの人々が怪我を経験するまでそれを信じています。

管理されたメッセージは、公共の広場でのワクチン傷害の話の検閲と、声を上げる負傷者の猥褻な心理的虐待とともに、健康を破壊し経済的安定を損なうワクチン接種の可能性を覆い隠している。

“Profiles of the Vaccine-Injured: ‘A Lifetime Price to Pay'” – Children’s Health Defense (CHD) の新で、Robert F. Kennedy, Jr. による序文付きで、ワクチンリスクの公式なソフトペダルを危険な嘘として暴露している。

この本が説明するのに苦労しているように、ワクチンによる傷害は一般的であり、まれではありません。それらは「機会均等」であり、老いも若きも、富裕層も貧困層も含めたすべての人口統計学的グループに影響を与えます。

ワクチンによる傷害は、多くの場合、人生を大きく変えるものであり、家族に大きな波及効果をもたらします。

そして、実験的なCOVID-19注射の出現により、それらはこれまでにない規模で発生しています。

ほとんどのワクチンは、認可されているか緊急用として認可されているかを問わず、無責任であるため、ほとんどの場合、重篤なワクチン被害が引き起こす医療費、教育費、介護費、その他の費用を家族が負担することになります、-その費用は、個々の家庭だけでなく、国家を破綻させる可能性を持っています。

9つのストーリー

この本の核心は、負傷した子供の母親と大人として負傷した人々によって語られた9つのワクチン傷害の物語にあります。

彼らの怪我は、12ヶ月から49歳までの年齢で、「日常的な」小児期のワクチン、旅行ワクチン、またはCOVID-19ショットのの結果でした。

インタビューは、重度の自閉症慢性疼痛免疫系が荒れ果てたような状態で生きることがどのようなものか、そしてあるケースでは、注射を受けた直後に有望なティーンエイジャーの人生の悲劇的な損失を説明しています。

9人はまた、医療従事者による心理的虐待難読化家族関係の緊張、キャリアの中断や縮小の経験、「人生で最悪の決断」に対する計り知れない後悔についても述べています。

同様に重要なことに、彼らは、ワクチン傷害に関する最も過小評価されている事実の1つである「ワクチン被害に関しては、法的にも経済的にも助けはなく、自己責任となるのです」というテーマを特定することです。

ドルとセント(比較にならない少額の意

ワクチンの責任のない地位を確立した2つの法律、1986年の全国小児ワクチン傷害法(ほとんどの認可ワクチン用)と2005年の公的準備および緊急時準備(PREP)法(緊急使用許可ワクチン用)は、法律とその財政的影響は、一般の人々の大部分に知られていないままです。

どちらの法律もワクチン傷害補償のメカニズムを作成しましたが、国家ワクチン傷害補償プログラムへの請願者の4人に1人(28%)が、通常、敵対的な政府弁護士との長年の論争の後、何も得ておらず、COVID-19ワクチン傷害に対する対策傷害補償プログラム(CICP)から補償を受けている人はいません

COVID-19ワクチンのロールアウトの直後、AP通信はCICPを「めったに請求を支払わなかった記録を持つ曖昧なプログラム」と表現し、プログラムが「非常に、非常に迅速に打ちのめされる」可能性があることを認めた心配した専門家にインタビューした。

フォーブス誌は、「打ちのめされる」代わりに、2021年11月までにCOVID-19ワクチン関連の怪我や死亡(約1,360人)の補償をCICPに申請した個人は比較的少ないと指摘したが、金融雑誌は、その数が少ないのは「人々は特別基金の存在を知らない」ためかもしれないと推測した。

2022年9月までに、状況は変わり、約9,000件のCICP請願書が提出されましたが、プログラムの2022会計年度予算には、最大3人の申請者を補償するだけの資金が含まれていました。

米国のワクチン傷害補償統計の長年のアナリストであるウェイン・ローデがCICPの分析で述べたように、「私たちの政府は本当に負傷した人々を補償したくありません。

不健康な国

その序章では、「ワクチン傷害者のプロファイル」では、ワクチン添付文書から公表された研究に至るまで、ワクチン傷害に関する他の情報源も包括的に見ています。

世界の健康ランキングにおける米国の子供(そして大人)の貧弱な表示について議論して、この本はCHDが他の本で強調した点、すなわちワクチン接種はアメリカの慢性疾患の流行に関連する重要な「部屋の中の象」と見なされなければならないという点を繰り返し強調しています。

疾病管理予防センター(CDC)のV-safeアプリからの最近のデータの強制公開は、COVID-19注射が、重度の痛みや前例のない入院率など、衝撃的な数の衰弱症状の原因であることを示唆しています。

実際、「出生時に始まり、ライフコース全体に及ぶ」アメリカ人の健康上の不利な点は、COVID-19注射前でさえ平均余命の急落につながっていましたが、ワクチンの展開以来、早期死亡が特に顕著になっています。

ワクチンの安全性神話の背後にある真実を暴露する「ワクチン負傷者のプロフィール」は、ケネディが序文で書いているように、最終的には自己武装への呼びかけである。

「怒り、苛立ち、憤りから涙を流し、髪をかきむしることが終わったら、Children’s Health Defenseと一緒に何か行動を起こしてください」とケネディは書いています。

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。