2300万人の研究は、COVIDワクチン接種の心筋炎リスクを示す

2300万人の研究は、COVIDワクチン接種後の心筋炎のリスクを示しています

月曜日の「ジミー・ドーア・ショー」のエピソードで、コメディアンでコメンテーターのジミー・ドーアは、COVID-19ワクチン接種後の若い男性の心臓障害のリスクが高いことを示す研究は、かつて「誤った情報」とラベル付けされていた安全性のリスクが、もはや無視できないニュースになっていることを強調しています、と述べました。(訳者注:ファイザーの10万回あたり4~7回の過剰な心筋炎および心膜炎の事象が発生というレベルは公衆衛生上のワクチンとしては全くワクチン要件を満たしていない。それでも推進するのであれば、政治的な無知、確信的レントシーカー的利益誘導、あるいは人身コントロールの手段に悪用としか考えられない。)

一日を逃し、たくさん逃す。The Defender’s Top News of the Dayを購読しましょうそれは無料です。

2300万人を対象とした新しい研究は、COVID-19ワクチンの副作用(かつては「誤報」とラベル付けされていた)が本物であることを証明しています。

コメディアン、作家、政治コメンテーターのジミー・ドーアは、「ジミー・ドア・ショー」の月曜日のエピソードでそう主張した。

ドーアは4月21日、英国のエクスプレス紙の記事「2300万人のワクチン研究は、モデルナやファイザー・ジャブの『心臓の問題』のリスクを示している」を調べた。

記事は、4月20日にJAMA心臓病学誌にオンラインで発表された調査について報告しました:「2300万人の住民の北欧コホート研究におけるSARS-CoV-2ワクチン接種と心筋炎」。

JAMAの研究は、数ヶ月あるいは数年前に心臓疾患とCOVID-19ワクチンとの関係を論じ、それを却下または中傷されたコメンテーターたちの正当性を証明するものだ、とドーア氏は言った。

例えば、ポッドキャスターのジョー・ローガンは、ワクチンと心筋炎の関連性について最初に議論したときに、「誤った情報」を広めたとして厳しく批判され、非難されました。

しかし、この研究によると、「mRNAワクチンの1回目と2回目の投与の両方が、心筋炎および心膜炎のリスク増加と関連していた。同じワクチンを2回接種した個人の場合、心筋炎のリスクは、2回目の投与後の若い男性(16〜24歳)で最も高かった。

具体的には、同じワクチンを2回接種した若い男性では、ファイザーワクチンの2回目の投与後、28日以内にワクチン10万回あたり4~7回の過剰な心筋炎および心膜炎の事象が発生し、モデルナワクチンの2回目の投与後、ワクチン10万回あたり9~28回の過剰な心筋炎および心膜炎事象が発生した。

この研究は、「この大規模コホート研究における心筋炎のリスクは、SARS-CoV-2ワクチンの2回目の投与後に若い男性で最も高かった」と結論付け、「このリスクは、重度のCOVID-19疾患から保護することの利点とのバランスをとるべきである」と勧告した。

筋炎は、心臓不整脈および死につながる可能性のある心筋の炎症である。心膜炎は、鋭い胸痛および他の症状を引き起こす可能性がある心臓を取り囲む組織の炎症である。ディフェンダーは、COVID-19ワクチン接種後に心筋炎と心膜炎を発症する人々の話を特集しています。

ドーア氏は、デンマークは2021年10月に18歳未満の人々へのモデルナワクチンの投与を停止したが、スウェーデンも30歳未満の人々に対して同じく停止したことを指摘した。

ドーアはまた、カマラ・ハリスとジョー・バイデンが、当時のドナルド・トランプ大統領がワクチン接種を支持したときに、ワクチン接種について躊躇を表明したことを思い出した。

人々がデータではなく政治情勢に基づいてワクチンについて意見を形成するとき、それは彼らが彼らの恐怖に縛られているか、または不誠実であることを示している、と彼は言った。

ここでセグメントを見る:

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。