COVIDワクチンで負傷した人々が「無視されている」ことが判明

05/03/24•COVID ニュース

ニューヨーク・タイムズ紙の調査、COVIDワクチンで負傷した人々が「無視されている」

ワクチンによる傷害に関するニュースを「誤報」や「陰謀論」として長年報道してきたニューヨーク・タイムズ紙は、本日、COVID-19ワクチンによって「数千人」が負傷した可能性があると報じたが、接種が安全で命を救うと宣言する記事を掲載した。(訳者注:ここまでの記事を書けるジャーナリストはいないし、夏を前にしてマスクを外さない人が増えているように思うが気のせいだろうか。統計をろくに理解しない輩が評論よろしく、無効なワクチンを推奨し、国は廃棄ワクチンを6600億円以上ををため込んで廃棄するという。)

ニューヨーク・タイムズ紙は本日、COVID-19ワクチンによる傷害が存在し、ワクチンで負傷した人々が無視されていると報じました。これらの調査結果は、この問題に関する1年にわたる調査の結果である、と同紙は述べている。

何年にもわたって、ワクチンによる傷害に関する論評、記事、さらには検索エンジンの問い合わせ誤報陰謀論、さらには「極右」とレッテルを貼り、ソーシャルメディア企業がプラットフォーム上でワクチン傷害の記事を許可していることを非難しワクチンで子供が亡くなった家族を嘲笑した後、タイムズ紙は「数千人」がCOVID-19ワクチンによって負傷した可能性があることを認めました。

見出しは「何千人もの人々が、COVID-19ワクチンが自分に害を及ぼしたと信じている。誰か聞いてる?」タイムズ紙の記者アプールバ・マンダヴィリは、「すべてのワクチンには少なくとも時折の副作用がある」ため、負傷は予期せぬものではないと報じた。

記事は、ワクチンで傷ついた人々を特集し、彼らの医学的問題と、医師やメディアから遭遇した「不信感と曖昧さ」について報告しました。

タイムズ紙は、この調査特集に関連する2つの論評も掲載した。1つは、マンダヴィリによる調査からの重要なポイントを要約したもので、もう1つは、デビッド・レオンハルトによる「モーニング・ニュースレター」によるもので、ワクチンの安全性について読者を安心させ、負傷者を過小評価しました。

タイムズ紙の報道は「無視されるよりはましだ」と、Children’s Health Defense(CHD)のCEOであるMary Holland氏はThe Defenderに語った。「ニューヨーク・タイムズを含む主流メディアは、3年半遅れでようやく、新型コロナワクチンの壊滅的な被害を認めた」と彼女は述べた。

「彼らの唯一の救いは、今、この問題を真剣に取り上げ、故意に極めて危険な実験的な製品を国際社会全体に押し付けた者たちの責任を追及することだ」とホランドは述べた。

特集記事には、ワクチンで負傷した医師、看護師、研究者へのインタビューが含まれており、Vaccineの編集長であるGregory Poland博士は、同僚に怪我の調査を依頼できなかったと述べています。

また、ワクチンによる脳の損傷を経験した神経科学者のミシェル・ジマーマン博士の話も語られました。

イェール大学のワクチン研究者である岩崎明子博士は、ワクチン接種後に負傷した人々は「完全に無視され、解雇され、ガスライティング(訳者注:心理的虐待、嫌がらせでパワハラに通じるものがある)されている」とタイムズ紙に語った。

米国食品医薬品局(FDA)の医薬品評価研究センターの元所長であるジャネット・ウッドコック博士は、タイムズ紙に対し、ワクチンで傷ついた人の中には、連邦政府機関が公式に認めた以上の「深刻」で「人生を変えられた」影響を実際に経験した人もいると信じていると語った。

「私は自分自身に失望しています」と彼女は付け加えた。「とても満足できることはたくさんやったけど、これは家に持ち帰らなかったと感じる数少ないことの1つだ」

記事はまた、他の匿名の公衆衛生当局者が、副反応(耳鳴り、姿勢性起立性頻脈症候群、ベル麻痺など)はワクチンによるものではないと述べていることを引用しています。そして、同報告書がプロファイリングした負傷のうち少なくとも1つは、「汚染された」ワクチンバッチによるものである可能性が高いことを示唆している。

連邦政府機関は、サーベイランスを通じてワクチンに関連するすべての安全性の問題を特定できるわけではないと、記事は認めています。

また、パンデミックが始まって以来、COVID-19ワクチンによる負傷に対して12人しか補償していない連邦政府の対策傷害補償プログラムを通じて補償を求める人々が直面する課題についても議論しました。

この記事とそれに付随する記事は、COVID-19ワクチンの主流の論点を繰り返し、そのような傷害はまれであり、おそらく数千人の間でのみであり、ワクチン接種の利点は「ほとんどの人にとって」リスクを上回っています。

ワクチン有害事象報告システム(VAERS)のデータによると、2020年12月14日から2024年4月26日の間に、COVID-19ワクチン後の有害事象の報告が1,637,441件提出されました。このデータには、合計37,061件の死亡報告が含まれています。

武漢カバーアップカバー

“武漢隠蔽工作” ロバート・F・ケネディ・ジュニア著
今すぐ注文

バイアルへのシリング

「オーバートンウィンドウ」をシフトしますか?

この記事は、パンデミックの発生以来、主流メディアを支配してきたCOVID-19の物語にいくつかの限界があることを認め始めた主流メディアの報道の変化の一部です。

最近、主流メディアに論説を発表しているピエール・コリー博士は、今週、ポッドキャスト「The Defender In-Depth」で、ワクチン接種後の負傷や死亡があまりにも蔓延し、主流メディアがもはや無視できなくなったため、「オーバートン・ウィンドウ」がシフトしていると考えていると述べました。

コーリー氏は、USAトゥデイニューズウィークザ・ヒルトライアルサイト・ニュースワシントン・タイムズに論説を発表し、「これらの(COVID-19)ワクチンをめぐる慎重な議論を提起する」ことを目指していると述べた。

「この議論を巻き起こすために、主流の報道機関にアプローチする際には、非常に慎重にならざるを得ませんでした」とコーリーは言う。

臨床試験中にアストラゼネカのCOVID-19ワクチンによって負傷したブリアン・ドレッセンは、タイムズ紙がワクチンによる傷害に関する記事でワクチンプログラムの成功を強調したことに驚かなかったとディフェンダーに語った。

「いくつかの主流メディアは、カーテンの裏側を覗き始めていますが、編集者と弁護士がコピーの一字一句を検証するための骨の折れるプロセスを通じて起こっています」と彼女は言いました。「もちろん、COVIDワクチンプログラムの大成功を称賛せずに怪我について書くことはできないでしょう。」

ワクチンによる傷害の被害者を擁護する非営利団体「React19」の創設者であるドレッセン氏は、この記事は予想以上に正直だったと述べ、次のように付け加えた。

「悲しい現実は、これらの記者が印刷するのが最も難しい記事だということです。主流の作品には、印刷されない記事が他にもたくさんあります。これらの記事のいくつかでは、負傷者が記者と何年もかけて仕事をしています。

「これは骨の折れるプロセスですが、国民の大多数にこのことについて話してもらうためには必要です。これらの記事に登場する負傷者はかなり勇敢です。彼らは、これらの記事がどのように紡がれ、捻じ曲げられるのかを知りません。それは負傷したコミュニティを傷つけますか?それとも、負傷したコミュニティを助けますか?知ることは不可能です。

「報道価値がないからですか?もちろん、そんなことはありません。

「今こそ、負傷者が地元や全国の報道機関にもの申す時です。今こそ、声を大にして力強く話す時です:私たちは本物であり、認識が必要であり、補償が必要です。

RFK Jr. と Brian Hooker Vax-Unvax

RFK Jr.とBrian Hookerの新刊「Vax-Unvax」
今すぐ注文

タイムズ紙はいくらか譲歩するが、虚偽の物語を永続させている、と研究者は言う

レオンハルトの記事は、ワクチンによる傷害の話題は、「多くのアメリカ人が信じるようになったCOVIDワクチンに関する誤った物語を助長する」ため、読んだり書いたりするのが「不快」であると述べています。

彼は、この「誤報」の主要な情報源として、無所属の大統領候補であり、CHDの議長であるロバート・F・ケネディ・ジュニアを引用し、その規模は「驚異的」であると、ジョンズ・ホプキンス大学のジョシュア・シャーフスタイン博士の言葉を引用して書いている。

この特集記事の誤解を避けるため、彼は読者にチェックを勧めたが、要約文で要点を明確にした。

「Covidワクチンの利点は、世界中の膨大な量のデータと科学的研究によると、欠点をはるかに上回っています。米国だけでも、ワクチンによって少なくとも数十万人、おそらく100万人以上の命が救われたと研究は推定しています。

「死亡率、入院率、重症化率は、いずれもワクチン接種者よりも未接種者の方がはるかに高い」

「ワクチンの効果は莫大であるだけでなく、副作用の真の犠牲者数は、認識されている死者数よりも低いかもしれない」と彼は付け加えた。

データサイエンティストで免疫学の研究者であるジェシカ・ローズ博士は、これに異議を唱えました。

彼女はThe Defenderに、彼女の研究では、COVID-19注射剤が命を救ったという主張を裏付ける「利益相反が関与していない」症例や発表された研究を見つけることができなかったと語った。

全死因死亡率の研究者であるデニス・ランクール博士は、彼の研究が示すように、「ワクチンが命を救ったという主張は広大で根拠のない誇張であり、空想を模倣している」とThe Defenderに語った。

ローズは、ワクチン未接種者の方が死亡率、入院率、重症化率が高いという主張(レオンハルトは全く引用せずに提示した)は誤りであると付け加えた。

また、タイムズ紙がCOVID-19注射剤に関連する有害性を認めたことは、何年にもわたる強制的な展開の後、「私の意見では、これらの製品の文脈において、注射傷害の問題が実際にどれほど悪いものであるかをはっきりと示しています」と述べました。

彼女はこう付け加えた。

「ファーマコビジランスのデータベースを見たことがある人なら誰でも、COVID-19製品とすべてのワクチンを合わせた結果(VAERSの場合)を比較すると、入院、重症化、死亡の報告が不均衡であることがすぐにわかります。

「このパターンは、EudraVigilanceデータベースでも見られます。何百万人もの人々がCOVID-19注射剤の手によって苦しんでいることは明らかです。

「ファーマコビジランスのデータベースを掘り下げて『異常』の明確な全体像を把握しなくても、人々の声に耳を傾けるだけで十分です」

特集記事のコメント欄のコメントの多くは、自分のワクチンによる傷害を共有している人々からのものです。

公衆衛生研究科学者で、COVID-19の予防接種の問題点をまとめた論文「Lessons Learned」の筆頭著者であるM.ナサニエル・ミード氏は、この記事は「COVID-19ワクチンの害に対する人間の側面について良いコメントをした」が、IT部門は「COVID-19改変mRNA注射剤を支持する大きなバイアス」を負っているとThe Defenderに語った。

「何百万人もの死亡者や入院が防がれたという主張について、彼らが記事で引用している情報源は、政府のウェブサイトの報告に過ぎず、有効な査読付き研究の一次資料ではない」と彼は述べた。「タイムズ紙のような出版物を、公表された科学が示したものを完全に覆い隠すと、誤った情報を大規模に永続させ続けることになる」

ミードは次のように付け加えた。

「著者は、ワクチン接種者と医療記録の一元化されたリポジトリの欠如がもたらす課題を指摘していますが、副反応は非常にまれであるという公式の主張を繰り返し繰り返し、注射によって救われたとされる何百万人もの命を強調しています。

「逆説的ではあるが、これらの主張は、マンダヴィリ氏の当初の主張によれば、ワクチンによる傷害を追跡するためのデータベースは存在しないようだ」

さらに、この論文は「癌、自己免疫疾患、免疫機能障害、超過死亡という重要な問題を完全に回避し、都合よく様々な関連分析に言及していない」と付け加えた。

「一般の人々は、ワクチンと呼ばれているこれらの遺伝子ベースの薬によって引き起こされる真の害について知る権利があります」と彼は言いました。

ロン・ジョンソン上院議員(共和党、ウィスコンシン州選出)は、この記事は「限定的なたまり場」だとツイートした。そして、ワクチンによる被害は「現実であり、隠すことは不可能だ」と述べている。

NYTピューリッツァー賞を受賞したCOVID報道のマンダビリの一部

マンダヴィリは、COVID-19パンデミックに関する2021年の報道でピューリッツァー賞を受賞したタイムズのチームの一員でした。

彼女の報道は、入院者数と死亡者数を繰り返し誇張していた。

ヴィナイ・プラサド博士はブログ記事で、マンダヴィリは「科学ジャーナリストとして無能だ。彼女はコビド政策について独自の見解を持っています。彼女はプロマスクであり、プロブーストキッズであり、プロスクールシャットダウンです。彼女は、COVID政策に関する民主党の党派的な立場を支持しているように見えます。彼女自身の見解がジャーナリズムを彩り、一方的な誤りを生む」

別のブログ記事「なぜApoorva Mandavilliは、彼女自身の記事にこれほど多くの訂正が必要なのに、誤報について講演しているのですか?」では、プラサドは、COVID-19の病気と死に関する彼女の最もひどい誇張のいくつかをまとめ、論文は修正を余儀なくされました。

その中には、2021年10月8日にCOVID-19で入院した子どもが63,000人ではなく、900,000人であったことも含まれています。

2022年5月には、4,000人の子供が「多系統炎症性症候群」で死亡したと報告しましたが、実際には4,000人が「多系統炎症性症候群」と診断されていました。彼らは死んでいなかった。

2024年2月には、昨年の冬に1日あたり1,500人の死者が出たと報告したが、実際にはその数は1週間あたりと推定されていた。

彼女はまた、研究所の漏洩説には「人種差別的なルーツ」があるとツイートしたが、このツイートは反発を受けて後に削除した。

プラサド氏はまた、マンダヴィリ氏の記事における最近の歪曲と裏付けのない主張を指摘した。例えば、ワクチン接種がlong COVIDの可能性を減少させるという主張や、COVID-19が引き続き深刻な公衆衛生上の脅威であることを示唆する主張などです。また、室内の空気の質を改善することで、呼吸器系ウイルスの蔓延を食い止めることができると主張しましたが、これは研究で示されておらず、人々は依然としてマスクを着用すべきだと主張しています。

ドレッセン氏は、2021年からこの問題を取り上げようとしているマンダヴィリ氏に同情的だった。

ディフェンダーは時折、CHDとディフェンダーが定期的にカバーしている問題に関するケネディ氏の見解を特徴とするChildren’s Health Defenseの非営利ミッションに関連するコンテンツを投稿しています。連邦選挙委員会の規則に従い、このコンテンツは、CHDを休職し、無所属で米国大統領選に出馬しているケネディ氏を支持するものではありません。

Leave a Comment