マッカロー博士:私の患者はCOVIDワクチンで亡くなった

10/27/21COVID  ビュー

ピーター・マッカロー博士:私の患者はCOVIDワクチンで亡くなりました

グローバル化研究センターとのインタビューで、ピーター・マッカロー博士は、彼の患者の1人がCOVIDワクチンで死亡したと言いました。彼はまた、政府の保健規制機関はワクチンの安全性について透明性を持っていないと言いました。

ピーター・マッカロー博士は火曜日、グローバリゼーション研究センターとのインタビューで、彼自身の患者の1人がワクチンで死亡した事例を含む、COVIDワクチンに関連する幅広い問題について議論しました。

マッカローはまた、政府の保健規制機関はワクチンの安全性について透明性を保っていないと述べた。

「私は医者です」とマッカローは言いました。「私は内科医であり、心臓専門医です。私は病院から戻ってきたばかりで、診療では週に数日、オフィスで患者を診ています。だから、COVID-19ワクチンで死んだ女性がいると言ったら、私を信じてください」

 

マッカロー は言いました:

「彼女は1回目2回目を打った。2回目を打った後、彼女は全身に血栓を発症した。彼女は入院と静脈内血液シンナーを必要としました。ボロボロになり、深刻な神経障害をを受けました。翌月、ダラスの検視官事務所から自宅で遺体で発見されたという電話がかかってきた」

マッカローは、米国疾病管理予防センター(CDC)と米国食品医薬品局(FDA)は「この[ワクチン接種]プログラムを実行するための行進命令を持っている」と述べ、定期的な安全報告書と実直さの報告は、このようなプログラムに「問題を引き起こすだけだ」と述べた。

マッカロー は言いました:

「彼らは私たちに何も知らせていない、彼らは文字通り透明性なしで私たちを盲目にしている、そして今、アメリカ人は死ぬのを怖がっています。そして、これらの大きな安全上の懸念と透明性の欠如のために、私たちは行き詰まっています。あなたはアメリカの緊張感を感じてください。人々は仕事を失いたくないが、彼らは怪我をし、最悪の場合ワクチンで死んだりしたくないという人たちが仕事を辞めている、

マッカローはまた、COVIDを扱う際の早期治療の重要性と、「ワクチンと同じくらい承認されている」FDA緊急使用承認モノクローナル抗体治療を処方したことで医師をあざ笑うべきではないと強調した。

彼は、コメディアンのジョー・ローガンが、ドナルド・トランプ元大統領と同様に、ウイルスと診断されたとき、モノクローナル抗体をどのように使用したかを強調した。

「これは反逆薬ではなく、ケアの標準処方です」と、マッカローが言いました。「そして、それはワクチンよりもはるかに安全です。

ジェレミー・ロフレドのアバター

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。