嘘と秘密:CDCとFDAがCOVIDとワクチンについて話していないこと

11/23/22•COVIDビュー

嘘と秘密:CDCとFDAがCOVIDとワクチンについて話していないこと

政府の保健当局は、COVID-19ジャブ詐欺の詐欺の数ヶ月前に自白することによって、自分自身を救うことができたかもしれません。。ここに至って、面目を保つ方法はなく、ましてや誰かのキャリアを守ることもできない。(訳者注:ショットをする人の方が3倍もCovid罹患しやすいデータがあっても、なお、打ちたがるマインドは典型的なマインドコントロールが世間に蔓延ってしまったということで深刻です。私たちの命や大切な人の命を預かる医学界や行政、専門家らしい専門家に一般の市民が信頼を寄せたいと思うのは自然なことだと思います。しかし、そのような役割を担っているように見える機関や人々の多くが、実は捕食者であるという視点も大切です。なぜなら、マスコミは公式のもの語りしか流していないからです。)

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

ストーリー一覧:

  • 疾病管理予防センター(CDC)は、COVID-19が5〜11歳の子供の死因のトップ10の1つであると公に警告していますが、データを求められたとき、彼らはその年齢層の分析を行ったことがないことを認めました。
  • CDCはまた、ファイザーの研究結果について嘘をついています。ファイザーのジャブは、COVID-19に感染したことがある人には92%有効であると主張していますが、実際の試験データでは、以前に感染した人の有効性の証拠は見つかりませんでした。
  • 2021年7月、米国食品医薬品局(FDA)は、ファイザーのCOVID-19ジャブを受けた高齢者の4種類の重篤な有害事象(急性心筋梗塞、播種性血管内凝固症候群、免疫性血小板減少症、肺塞栓症)の増加を発見したことを静かに開示しました。しかし、1年以上経った今でも、その研究は発表されていません。
  • FDAは他の研究も隠しています。研究プロトコルの中に埋もれて、FDAは、未発表の「メディケア集団における3回目の投与の安全性に関するコホート研究」からの発見について議論しています。そのメディケアの研究では、FDAは、以前にCOVID-19と診断された人の間で免疫性血小板減少症と急性心筋梗塞の重大なリスク、および一般的なベル麻痺と肺塞栓症のリスクの増加を発見しました。
  • CDCの死亡率と罹患率の週報(MMWR)の分析によると、CDCは、特に癌、心臓死、脳卒中などのカテゴリーで、ジャブ関連の死亡を体系的に(そして自動的に)隠して、ショットが過剰死亡とは無関係に見えるようにしています。

FDAとCDCは共同で、ワクチン有害事象報告システム(VAERS)の安全性シグナルを監視しているとされています。

両機関は、VAERSの安全信号が2021年の第1四半期から注意を喚起するよう叫ばれており、両機関はこの点で露骨に職務怠慢であった。しかし、FDAとCDCはどちらも、懸念事項は何も見つからなかったと主張しています。何にも。

彼らは非常に無関心であるため、COVID-19ジャブを小児期の予防接種スケジュールに追加し、最初のジャブシリーズは6か月の幼児や赤ちゃんに与えられます。

一方、VAERS、V-Safe防衛医療疫学データベースのデータを含む世界中のデータは、これらのショットがワクチンの歴史の中で最も致命的であることを示唆しています。他のどの製品もそれに匹敵するものではありません。

CDCは物語を推進するために事実を発明します

上のビデオでは、メーガン・ケリーがロバート・F・ケネディ・ジュニアにインタビューし、COVID-19ショットによって何人の命が救われたか、またはそれらのために何人の命が失われたかを判断することの難しさについて、CDCが発表した全く誤った声明のいくつかを強調しています。

たとえば、CDCは、COVID-19が5〜11歳の子供の死因のトップ10の1つであると公に警告していますが、データの作成を求められたとき、彼らはその年齢層の分析を行ったことがないことを認めました。

では、死亡率データを分析したことのない年齢層において、COVID-19が死因の上位であると彼らはどのようにして結論付けたのでしょうか。合理的な結論は、彼らがそれを作ったということです。

ケネディが指摘したように、CDCはまた、ジャブ後に死亡した人々の剖検を思いとどまらせており、彼らは良いデータを入手するのを困難にする他の多くの難読化戦術に従事しており、これはパンデミックの当初から続いています。

FDAは重要な研究結果を差し控えています

FDAはまた、大量のデータ難読化の罪を犯しています。最近のBMJの記事で、調査ジャーナリストのMaryanne Demasiデマシは、FDAがファイザーの予防接種を受けた高齢者の重篤な有害事象の増加を示すデータのフォローアップとリリースの失敗について論じています。

「2021年7月、米国食品医薬品局(FDA)は、ファイザーのCOVID-19ワクチンを接種した高齢者の4種類の重篤な有害事象(急性心筋梗塞、播種性血管内凝固症候群、免疫性血小板減少症、肺塞栓症)の増加の可能性の調査結果を静かに開示しました。

「潜在的なリスクの増加の大きさなどの詳細はほとんど提供されておらず、医師や一般の人々にプレスリリースやその他の警告は送信されていません。FDAは、「さらなる更新や情報が利用可能になり次第、一般の人々と共有する」ことを約束しました。

「18日後、FDAは、問題をより徹底的に調査することを目的としたフォローアップ疫学研究の概要を示す研究計画文書(またはプロトコル)を発表しました。

「この技術文書は、4つの重篤な有害事象について最初に見つかった未調整の相対リスク比の推定値を開示しました。これは、リスクが42%から91%増加しました。(しかし絶対リスク増加も信頼区間も提供されなかった。)

「しかし、1年以上経った今でも、追跡調査の状況と結果は不明です。当局は、プレスリリースを発表したり、医師に通知したり、プレプリントや科学文献で調査結果を公開したり、ワクチンの製品ラベルを更新したりしていません。

「BMJはまた、FDAが高齢者の3回目の投与(最初のブースター投与)について実施した別の観察コホート研究で検出された同様のシグナルについて公に警告していないことを知っています…

「また、当局は、互換性のある結果を報告する他の公開された観察研究または臨床試験の再分析を公に認めていません。専門家はBMJにデータに関する懸念について話し、FDAに直ちに一般に通知するよう求めました。」

高齢者の重篤な副作用が隠されている

デマシが説明したように、2021年7月の調査結果は、14の「特に関心のある有害事象」の「ほぼリアルタイム」モニタリングを提供するラピッドサイクル分析(RCA)と呼ばれる監視システムからのものでした。VAERSやその他の監視ツールと同様に、RCAは因果関係を確立できませんが、他のRCAとは異なり、その強みは潜在的な安全信号をより迅速に検出することにあります。

計画された追跡調査に関するFDAのプロトコル文書は、元のRCA研究の原稿が準備されていることを示していますが、1年以上経った後、元のRCA研究も追跡調査も公開されていません。なぜでしょうか。

FDAは他の研究も隠しています。さらに別の研究プロトコルに埋もれて、FDAは「メディケア集団における3回目の用量の安全性に関するコホート研究(過去の対照群を使用)」からの発見について議論しています。そのメディケアの研究では、FDAは次のことを発見しました。

「COVID-19と診断されたことがある人の間での免疫性血小板減少症(発生率比1.66、信頼区間1.17〜2.29)および急性心筋梗塞(IRR 1.15、CI 1.02〜1.29)の統計的に有意なリスク、ならびにベル麻痺(IRR 1.11、CI 1.03〜1.19)および肺塞栓症(IRR 1.05、CI 1.0001〜1.100)のリスクの増加」

なぜこれらの結果は研究プロトコルに埋もれ、一般に公開または発表されなかったのですか?

ニューオーリンズの救急医であるジョセフ・フレイマン博士が指摘したように:

「FDAが[データ]を収集していると公に述べている場合、彼らはそれを公に報告する必要があります。彼らは、彼らが行ったように結果をプロトコルに埋もれさせておくべきではありません。」

オランダの疫学者で国際薬物学会の会長であるディック・バイルも同意し、2021年7月に見つかった警告信号は「数か月以内に分析および公開されるべきだった」とデマシに語った。

試験データの再解析により安全性の問題を確認

フレイマンは、彼のチームが最近ファイザーとモデルナの第3相試験のデータを再分析し、FDAが現在隠しているものと一致する結果を発見したため、特に懸念しています。

世界保健機関(WHO)が承認したCOVID-19の予防接種に関連する潜在的な有害事象の「優先リスト」で強調された重篤な有害事象に焦点を当てた彼らの再分析では、ファイザーの予防接種は10,000件あたり10.1事象の割合で重篤な有害事象のリスク増加と関連していることがわかりました。

モデルナのジャブの割合は10,000イベントあたり15.1イベントでした。

フレイマンの分析では、注射後のイベントに対するこのレベルのリスクは、両方の試験で見つかったCOVID-19関連の入院のリスク低下よりも有意に大きく、ファイザー試験では参加者10,000人あたりわずか2.3人、モデルナ試験では10,000人あたり6.4人でした。

要するに、ショットはCOVID-19自体よりも病院に入院する可能性がはるかに高いです。800人のジャブ受信者ごとに、1人が重傷を負います。一方、約5,000人は、COVID-19の入院を1回防ぐためにファイザーのジャブを取得する必要があります。

これがリスクと利益の分析のすべてであり、利益とリスクを比較して比較検討することであり、この場合、ジャブは明らかに善よりも害を及ぼします。

スカンジナビアの研究は心血管リスクを確認します

デマシはまた、デンマーク、フィンランド、ノルウェーの観察研究を引用し、「ファイザーとモデルナの両方のmRNAワクチン後の血栓塞栓性および血小板減少性の転帰の統計的に有意な増加」を発見しました。

著者によって報告されたように:

「ワクチン接種後28日間で、mRNA-1273[モデルナ]ワクチン接種後の冠状動脈疾患の発生率が増加しました(RR、1.13 …3つのワクチンすべてに続いて凝固障害の発生率の増加が観察されました(AZD1222 [アストラゼネカ]:RR、2.01 … ;BNT162b2 [ファイザー]: RR, 1.12 … ;およびmRNA-1273:RR、1.26)…

「3つのワクチンすべてに続いて脳血管疾患の発生率の増加も観察されました(AZD1222:RR、1.32 … ;BNT162b2: RR, 1.09 … ;およびmRNA-1273:RR、1.21 …

「主要な発生内の個々の疾患について、2つの顕著な高い発生率が観察されました:12.04 …脳静脈血栓症と4.29 …血小板減少症の場合、1.6 …および4.9 …AZD1222ワクチン接種後の10万回投与あたりの過剰イベント。」

南デンマーク大学のワクチン学者でグローバルヘルスの教授であるクリスティン・スタベル・ベンは、デマシに次のように語った。

「警報信号は、心血管および脳血管イベント、循環および私たちのより大きな臓器に関係するものの周りに集まっているようであり、これらはFDAの監視データにも現れているように見えるのと同じ信号です…

「医師のCOVIDワクチンの副作用に対し、かなり寛容なようです。なぜなら、ワクチンを接種しないと死ぬという感覚があったからです。明らかに、それは完全に間違った考え方です…

「私たちは多くの不必要な不安を生み出したくありません。データの質が低いため、ワクチンがこれらのイベントを引き起こすという証拠があるとは言えませんが、警報信号があり、医療専門家に警告する必要があります。」

ジャブメーカーは意図的に治験を失敗させました

データが「質が低い」主な理由は、COVID-19ショットが最初から「適切にテストされていなかった」という事実です、とスタベルベンは指摘します。

対照群は、第3相試験の数か月後に実際のショットを与えることで排除されたため、長期的な副作用(数か月または数年後に発生する可能性のある問題)を評価することはほぼ不可能になります。これは、まさに意図的に行われたようです。

適切な対照群がなければ、比較するための文書化された未処理のグループがないため、すべての副作用を通常どおりに帳消しにすることができます。私たちの多くはジャブを取得しませんでしたが、試験には私たちに関するデータ(健康状態など)がないため、真の比較が問題になります。

因果関係の確立を防ぐためにデータは差し控えられていますか?

今年の初め、CDCは、「ワクチンが無効であると誤解される」、および/または因果関係を確認すると誤解されることを恐れて、意図的にデータを差し控えていたことを認めました。これは本当の科学が行われるべき方法ではありません。

ショットが怪我を引き起こしているという結論に達するには、データが必要であり、それはたくさんあります。重要なデータを差し控えることにより、CDCはその結論に達するのを効果的に防いでいます。これまでのところ、問題があることを示す「データがない」という言い訳がありました。その間、彼らはまさにそれを示すデータを握りつぶしているのだ!

CDCはファイザーの研究結果について嘘をついた

データを隠すことに加えて、CDCは試験結果についても嘘をついています。2022年10月31日、トーマス・マッシー議員からのツイートに記載されているように:

「ファイザーの最初のワクチン試験では、以前の感染の証拠がある1,200人の参加者が含まれていましたが、以前の感染の証拠がある人には、予防接種の利益は見られませんでした。CDCは嘘をついた、研究はそれが以前の感染の証拠がある人々のために92%有効であることを示したと述べた。」

研究サブグループの第2次主要有効性評価項目
クレジット:トーマス・マッシー議員

ケンタッキー州の共和党下院議員であり、受賞歴のある科学者であるマッシーは、CDCに修正させようと無駄に試みた後、2021年1月にCDCのエラーを最初に明らかにしました。

マッシーの取り組みは「公衆衛生機関が自然免疫を拒否する理由」で詳しく説明しました。当時マッシーは次のように述べています

「以前のSARS-CoV-2感染の証拠を持つ参加者の間でファイザー試験で実証された有効性はなく、実際にはモデルナ試験でも証拠はありません…それ(CDCレポート)は、データが言っていることとは正反対のことを言っています。」

最新のCOVIDバリアントは、3対1でジャブに有利に働く

関連ニュースでは、10月25日、The Ethical Skeptic(データアナリストで詐欺調査員)が、BQと呼ばれる最新のCOVID-19亜種が、ジャブを装着していない人と比較して3対1の割合で感染していることを示すグラフィックをツイートしました。また、最近ジャブを打たれた人を好むように見える。(訳者注:ショットをする人の方が3倍も罹患しやすい。)

COVIDケースバリアントテスト陽性傾向ダッシュボード
クレジット:倫理的懐疑論者

CDCは自動化されたデータ改ざんを持っています

前日、倫理的懐疑論者は彼の「ヒューストン、CDCには問題があります」シリーズの第2弾を投稿し、CDCがCOVID-19ジャブの危険の兆候を隠すためにデータを体系的に操作する方法について詳しく説明しています。

CDCのMMWRのデータを使用して、CDCが、特に癌、心臓死、脳卒中などのカテゴリーで、過剰なジャブ関連の死亡をどのように隠蔽および削除するかを示しています。2022年6月、CDCは「システムのアップグレード」を実行するためにMMWRレポートを一時的に一時停止しました。それは2ヶ月続きました。

オンラインに戻ったとき、多数の死亡ジャブ関連のカテゴリーがCOVID-19死亡カテゴリーまたは未確定死亡の「保留」カテゴリーのいずれかに移動され、それによって癌、心臓発作、脳卒中による死亡がはるかに少ないように見えました。

このアルゴリズムのゲームは、そのシステムアップデートの時点で自動化されているようです。

これはパート2からの抜粋で、倫理的懐疑論者が彼の調査結果を要約しています。

「米国疾病予防管理センターの「州および選択された原因による毎週の暫定死亡数」と「不思議:暫定死亡率統計」に関する主な懸念は、レポートがCDCとその機関の側で2つの主要な明白な目標を示し始めていることです。

  • mRNAワクチンによって引き起こされる可能性のある過剰死亡を隠蔽し、
  • mRNAワクチンを、命を救うのに非常に効果的であると誤って見せ込もうとしています。

「この記事では、これらの問題のいずれかに対する回答を解決するのではなく、ここでは、両方の目標を達成するために推進されているCDC側の偽情報、誤報、および欺瞞の取り組みについてのみ概説することに注意してください。したがって、この両面コインの欺瞞の内部には4つの重要な問題が含まれています。

1.国家人口動態統計システムのアップグレード(以下、「NVSSシステムのアップグレード」と呼びます)により、CDCは22週間のNCHS-MMWRデータを変更できる時間枠を与えられました。

この機会のウィンドウ中に、CDCはデータベースから超過死亡記録を密かに削除し、その後ICD-10死亡コードに州の死亡診断書データを入力する方法に関するポリシーと手法を調整しました。

ここでは、NVSSシステムアップグレードの休憩中に、2つのカテゴリカルゲームプラクティスを中心とした新しいポリシーが制定されたことを概説します。CDCは、劇的な過剰な非COVID自然原因死亡率を隠すために、カテゴリカルゲーム技術を採用しています。

これらの超過死亡がCOVIDによる死亡ではなく、権威、資格、無知への訴えを通じて一般的に主張されているようにワクチンに関連していない場合、関連する記録を隠す理由もありません。しかし、それはまさに起こっていることです。

2.過剰ながん死亡率は、がんの複数の死因(以下「MCoD」と呼びます)のCOVID-19根本的な死因(以下「UCoD」と呼びます)へのカテゴリ別の再割り当てによって隠されています。

3.成人の突然死は、心膜炎-心筋炎-伝導性心臓関連の死亡をR00-R99の一時的な処分バケット内に保持することによって隠されており、過去の慣行よりもはるかに長く、それによって関連するICD-10死亡率を誤って枯渇させていますこれらの関連する死亡の傾向。

最後に、CDCは正反対の手法を使用しており、複数の死因の帰属を利用し、完全に架空の死亡も追加して、mRNAワクチンのパフォーマンスが実際よりも優れているように見せています。

4. CDCは、複数の死因カテゴリカルゲームを使用しており、ワクチン未接種者がワクチン接種者の12倍の割合で死亡しているという外観を偽造するために、新しい死亡数を作成しています。」

心臓疾患の22シグマ増加

この記事には、たくさんのチャートやグラフ、そして掘り下げたい人のための追加の詳細が含まれています。しかし、要約すると、倫理的懐疑論者によって実行された分析は、特にジャブ後の死亡を隠す目的で統計を操作しているように見えるため、CDCの死亡率データの取り扱いについて深刻な疑問を提起します。

一方、The Ethical Skepticは、データがすでに不正が自明であるほどずれ始めているため、CDCの蜃気楼はすぐに崩壊すると考えています。

たとえば、システムのアップグレード以来、毎週のCOVID-19による死亡の25%がたまたま癌で亡くなっています。「これは、この重要な死亡勘定台帳では不可能であり、横領者が犯す可能性のある同じ種類の間違いに似ています」と彼は書いています。

同様に、一時的な「保持」バケットは、COVID-70ショットの導入以来19%増加しており、CDCは単にそれらをそのままにしています。現在、米国の心臓死亡率統計では説明されていない心膜炎、心筋炎、伝導障害による死亡は35,600人です。

これらの死亡のわずか18%が心臓関連の死亡に適切にコード化されている場合、心臓死亡率は22シグマ増加します。CDCのデータに基づいて、誤って分類された死亡を適切に再分類した倫理的懐疑論者は、ジャブに関連する385,000人の超過死亡があると推定しています。

ワクチン被害者のための正義の法

ジョージア州第14議会地区の下院議員であるマージョリー・テイラー・グリーンは最近、7308年のワクチン被害者のための正義法であるHR2022を導入し、VAERSに報告されたCOVID-19ジャブ損傷の調査を法案の制定から3か月以内に完了する必要があります。

この法案はまた、「公衆衛生上の緊急事態における特定の医療対策(ワクチンなど)の管理または使用に適用される責任保護」を削除します

最後になりましたが、11月1日、Judicial Watchは、COVID-19を治療または予防するためのワクチンと遺伝子治療に関連するすべての安全性研究について、米国保健社会福祉省を訴えると発表しました。

全体として、車輪はCOVID-19ジャブバスから外れているようです。火花はすでに飛んでいます。FDAとCDCは、COVID-19ジャブ詐欺の数か月前に自白することによって、自分自身を救うことができたかもしれません。ここに至って、面目を保つ方法はなく、ましてや誰かのキャリアを守ることもできない。両機関とも絶望的であり、その指導者も同様である。

もともとメルコラで公開されました。

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。