ファウチ;COVID恥の殿堂入り

ファウチ;COVID恥の殿堂入り

COVID-19の流行が明らかになって以来、アンソニー・ファウチ博士は、テクノクラート、トランスヒューマニスト陰謀団の議題を促進するために、公衆を混乱させ、私たちの人権と公民権を奪うことを、意図的に彼の力の限りを尽くしたようです。

By Dr. Joseph Mercola

一日を逃し、たくさん逃す。The Defender’s Top News of the Dayを購読しましょうそれは無料です。

一目でわかるストーリー:

  • 8月22日、アンソニー・ファウチ博士は、38年間務めてきた国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長とホワイトハウスの主任医療顧問を12月に辞任すると発表した。
  • ファウチは、共和党の新議員が議席を獲得する前に、必ず出て行くようにしているようだ。彼はおそらく、民間人として修正第5条(訳者注:黙秘権)を主張し、共和党員がパンデミックにおける彼の役割を調査することを決定した場合、公職に就いていた間に彼がしたことに答える必要がないことに賭けているでしょう。
  • ファウチの悪行には、悲惨で矛盾したCOVID-19政策、中国の武漢での禁止された機能獲得研究への資金提供、ロックダウンではなく集中的な保護を求めた科学者の評判を破壊するための共謀、議会への嘘が含まれますが、これらに限定されません。
  • ファウチのキャリアにおける最も暗い汚点の1つは、HIV流行への対処でした。本来の目的外薬の使用を抑制し、ファウチは推定30万人のエイズ患者を殺害した有毒薬物であるAZTに焦点を合わせた。彼はCOVID-19のパンデミック中に同じ脚本に従い、壊滅的な結果をもたらしました。
  • COVID-19の流行が明らかになって以来、ファウチは、テクノクラート、トランスヒューマニスト連中の目標を促進するために、公衆を混乱させ、私たちの人権と公民権を奪うために、彼の力の限りを尽くしたようです。

8月22日、アンソニー・ファウチ博士は、38年間務めてきた国立アレルギー感染症研究所(NIAID)の所長とホワイトハウスの主任医療顧問を12月に辞任すると発表した。

彼は「引退するつもりはない」が、おそらく民間部門内で、彼のキャリアの「次の章を追求する」と述べた。彼がビル・ゲイツや世界保健機関(WHO)と仕事をすることになっても、私は驚かないだろう。

タイミングがすべて

彼の辞任のタイミングは興味深い。2023年1月に共和党が下院を支配することになるかもしれないことを考えると、その後、共和党は公聴会と調査が行われるかを制御します。

これまでのところ、彼のますます傷つくイメージを磨くための明らかな努力だが、ファウチは民主党と主流メディアの保護(2021年に彼を「生きている中で最もセクシーな男」と呼ぶまでになった)の恩恵を受けており、共和党のランド・ポール上院議員による鋭い質問はさておき、ファウチの悪行に対する責任を問うことは何も行われていない。 これには以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • 悲惨で矛盾したCOVID-19ポリシー
  • 中国武漢における禁止された機能獲得研究への資金提供(2021年6月のスカイニュースの報道で議論)
  • ロックダウンではなく集中的な保護を求めた科学者の評判を破壊するために共謀し、
  • 議会に嘘をつく(下のビデオ)

だから、ファウチは新しい議員が席に着く前に必ず出て行くようにしているようだ。彼はおそらく、民間人として修正第5条を嘆願し、共和党員が彼を調査することを決定した場合、公職に就いていた間に彼がしたことに答える必要がないことを頼りにしている。

8月22日のザ・ヒルの「ライジング」(下のビデオ)のエピソードでBatya Ungar-Sargonが指摘したように、パンデミック対応について後悔しているかどうかについて尋ねられたとき、ファウチは間違いを犯したことを否定した – 彼の多くのフリップフロップと矛盾した勧告を考えると、驚くべきスタンス。

Amazonは書評を検閲することでFauciの評判を守っている

ロバート・F・ケネディ・ジュニアのベストセラー本「The Real Anthony Fauci」が2021年11月に出版されたとき、Amazonには20,000件のレビューがありましたが、私のレビューは7,500件で1位でした。私がそれを言及する理由は、これが昨年の夏に私の見出しだったからです:「この本で暴露された詳細はファウチの辞任につながるでしょう」。

その後、ある時点でAmazonはレビューを検閲し、今ではトップクリティカルレビューには2,485の「いいね」があり、トップの肯定的なレビューはわずか5つしかなく、私のレビューはどこにも見られません。

検閲がお得意のアマゾン。

「The Real Anthony Fauci」は、ファウチのキャリアを注意深く参照し、痛烈に批判している。2021年11月中旬の私のインタビューでケネディが説明したように、ファウチは米国で最も高給の連邦職員であり、年間給与437,000ドルの68%は生物兵器研究から来ている。

公衆衛生を守る代わりに、ファウチは国立衛生研究所(NIH)を医薬品のインキュベーターに変え、本質的に国全体を製薬業界に売却しました。

彼は2000年代にゲイツと提携して新しいワクチンのバッテリーで世界にワクチンを接種したとき、ワクチン「ゴールドラッシュ」の作成に尽力しました。

ファウチのキャリアにおける最も暗い汚点の1つは、COVID-19パンデミックにおける彼の役割とは別に、HIV流行への対応でした。転用薬の使用を抑制し、ファウチは推定30万人のエイズ患者を殺害した有毒薬物であるAZTに焦点を合わせた。

彼はCOVID-19のパンデミック中に同じ脚本に従い、壊滅的な結果をもたらしました。彼はすべての安価で無毒な治療を抑圧し、有毒で致命的なレムデシビルを最前線に押し出し、病院が利用できる唯一の薬にし、病院は患者を殺すことで経済的に報われました。

公民権弁護士のイリヤ・フェオクチストフが書いた2021年1月の記事でThe Federalistが指摘したように、ファウチは1984年にNIHに加わって以来、ずっと失敗しており、それぞれの失敗はより大きな影響力と資金で報われたことを意味する。

ファウチは「予期せぬことを期待する」出版をしたのですか?

ファウチはまた、彼自身の本を持っていますが、その出版はかなり疑わしい状況下で行われました。2021年のインタビューで、ファウチ回顧録に取り組んでいたが、連邦政府に雇用されている間は出版社と契約することを禁じられたと述べた。

2021年6月、ファウチの著書『Expect the Unexpected: Ten Lessons on Truth, Service, and the Way Forward』はAmazonとBarnes & Nobleで販売されたが、すぐに出版廃止となった。

出版社のナショナルジオグラフィックブックスによると、この本は「未完のまま先行販売された」という。

彼らはまた、ファウチは実際に本の作成に関与しておらず、それからロイヤリティを受け取っていないと述べた。

しかし、Amazonの元の投稿は別の印象を与えます。

デイリーワイヤーによると:

「世界的に有名な感染症の専門家アンソニー・ファウチは、彼自身の言葉で、彼の人生哲学を形作った教訓を共有し、世界で最も偉大な医学者の1人の親密な見解と、生きるための普遍的なアドバイスを提供します。

2021年11月にようやく『Fauci: Expect the Unexpected』が公開されたとき、ナショナルジオグラフィックは「編集者」としてリストアップされ、著者は特定されていなかった。

これはFauci自身の作品で、著者/編集者および出版社としてナショナルジオグラフィックと再パッケージ化され、販売されていますか? もしそうなら、ファウチは政府雇用柱の規則を無視し、さらに別の違法行為を犯したことになる。

ニュルンベルク法典違反者は責任を問われなければならない

多くの人々は今、ファウチが辞任を通じて、説明責任の指をすり抜けることができるかどうか疑問に思っている。おそらく、正義は何らかの形でその点で勝つでしょう。

ニュルンベルク法典75周年を記念するイベントで、児童保健防衛局のメアリー・ホランド会長が指摘したように、「ニュルンベルク法典に違反した者は、人道に対する罪で起訴されなければならない」。

ファウチは、疑いもなく、そのリストの上位に立つに値する。

同じイベントで、ホロコースト生存者で人間研究保護同盟の創設者であるヴェラ・シャラフも、「ニュルンベルク綱領は虐待的な実験に対する我々の防衛であり、新たな大量虐殺を防ぐためには、「社会の構造を毒する前に、不吉な現在の類似点を特定しなければならない」と強調した。

シャラフはこう続けた。

「人類は現在、ナチスの世界的な相続人によって包囲されています。冷酷で、相互につながり、グローバルな億万長者の集団が、国内および国際的な政策設定機関を支配しています。彼らは悪魔的なアジェンダの実施に乗り出した。

  • 民主主義と西洋文明を打倒する。
  • 世界人口の人口減少。
  • 国民国家を抹殺し、統一世界政府を樹立する。
  • 現金を排除し、1つのデジタル通貨を確立します。
  • デジタルIDと人工知能の機能をすべての人間に注入します。これらの目標が現実のものになれば、24時間365日デジタル監視されます。

「5月、ダボスで開催された世界経済フォーラムで、ディストピアの「大リセット」の立案者であるクラウス・シュワブはこう宣言しました:『はっきりさせておきましょう、未来は自然に起こっているだけではありません。未来はこの部屋にいる強力なコミュニティの私たちによって築かれる。私たちには、世界の状態を押し付ける手段があります。

「これらの誇大妄想家の究極の目標は、世界の天然資源と財源を完全に支配し、人間をトランスヒューマンロボットに置き換えることです。

「トランスヒューマニズムは、バイオテクノロジーによって強化されたカースト制度であり、新しい優生学である。トランスヒューマニストは人間の価値を軽蔑し、人間の魂の存在を否定する。[ユヴァル・ノア教授]ハラリは「役に立たない人々」が多すぎると宣言している。ナチスの言葉は「価値のない食いしん坊」でした。これは『新優生学』です。

ファウチ;COVID恥の殿堂

COVID-19の流行が明らかになって以来、ファウチは、テクノクラート、トランスヒューマニスト陰謀団(下のビデオ)の議題を促進するために、公衆を混乱させ、私たちの人権と公民権を奪うために、彼の力であらゆることをしたようです。

ここに彼の恥の殿堂の活動を詳述した過去の記事の短いリストがあります:

COVID犯罪を訴追するためのロードマップ

多くの人がファウチのようなCOVID-19犯罪者に彼らの役割の責任を負わせることは不可能かもしれないと心配していますが、フランシス・ボイルは2021年12月にこれらの個人を起訴するための実行可能なロードマップを描きました。

1989年の生物兵器反テロリズム法の起草に貢献したイリノイ大学法科大学院の国際法教授ボイルが説明したように、この法律は「故意に武器として使用するための生物剤、毒素、または送達システムを開発、生産、備蓄、譲渡、取得、保持、または所有する」者に罰金と懲役刑を課している。

我々が直面している問題は、我々の連邦政府が、アメリカを内部から破壊しようとする勢力に捕らえられたことだ。そのため、連邦司法がパンデミックと有毒なCOVID-19のショットの責任者を起訴し、責任を問うことを信頼することはできません。

腐敗した連邦司法を回避するには、代わりに地元選出の検察官に焦点を当てる必要があります。州によっては、地方検事、州検事、検察官、郡検事などの肩書きで行くことができます。

ボイルは、地元で選出された地方検事に大陪審を招集し、SARS-CoV-2(ファウチを含む)の作成に関与した疑いのある個人と、COVID-19のショットに関与したと疑われる個人を「殺人と殺人を犯す陰謀」で起訴するよう、グループとして地元で組織することを勧めています。

たとえファウチが人道に対する罪で起訴され、有罪判決を受けたとしても、ディープステートや諜報機関とのあらゆるつながりをもって、彼が早い段階で取引を成立させ、彼の犯罪に対して大統領恩赦を受ける可能性が高い。だから、ファウチが今生で彼の犯罪の責任を問われることにあなたの希望を抱かないでください。

この時点で、SARS-CoV-2が製造された生物兵器であることを示す証拠がたくさんあります。David Martin博士は、数年ではなく数十年にわたるその作成に関連する何百もの特許を特定しており、この研究の多くはファウチのリーダーシップの下でNIAIDによって資金提供されました。

私は、ドイツ新型コロナウイルス議会外調査委員会に対するマーティンの2021年9月の証言を特集した「特許はSARS-CoV-2が製造されたウイルスであることを証明する」でこの証拠のいくつかをレビューしました。

COVID-19犯罪者(下のビデオ)に責任を負わせるのは難しい仕事ですが、ケネディが上記のインタビューで指摘したように、パンデミックが世界的な全体主義の展開の理想的な正当化であったグローバリスト団に潮流が向いています。

私たちは歴史上重要な時期にあり、たとえそれが個人的に専制政治を拒否し、憲法違反の勅令に平和的に逆らうことだけであっても、誰もが果たすべき役割を持っています。

もともとメルコラによって出版されました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。