ファイザーのパクスロビッドは詐欺:市場からそれを排除する時

11/10/22•COVIDビュー

ファイザーのパクスロビッドは詐欺です—市場からそれを排除する時が来ました

ファイザーのパクスロビッドはリバウンド感染症と広く関連しており、治療を受けている人は、無症候性であってもCOVID-19を他の人に感染させる可能性があります。(訳者注:公衆衛生のあり方を製薬メーカーの思惑優先で行われる米国の事情と、それに盲目的に追随する政府機関・国家行政の長、マスコミのそれに対する迎合プロパガンダの氾濫は、この国の将来を予測不可能な困難な道に導いているように思う。暗愚な宰相が行うことに対峙するための鍵は、ひとり一人の市民・国民が日常性にある疑問を自身で解決するマインドに徹するところにある。恐怖心から病院・医院・検査所に向かう場合でも、自身の健康管理について、情報を集め言われたままの行動をとり続ける限り、医療財政はメリットの無い膨張を続け、その代償は、必ず自分自身に返ってくる。)

画像クレジット: ラジオアルファ/ flickr

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

ストーリー一覧:

  • 2021年12月に軽度から中等度のCOVID-19を治療するための緊急使用許可を付与されたパクスロビッドは、リバウンド感染症と広く関連しています。
  • 疾病管理予防センター(CDC)とファイザーは、COVID-19リバウンドは自発的であり、必ずしもパクスロビドに関連しているとは限らないことを示唆しようとしましたが、最近の研究では、パクスロビドを服用しなかったCOVID-19患者の間でリバウンド症例は見つかりませんでした。
  • パクスロビドを服用している人は、無症候性であっても、COVID-19を他の人に感染させる可能性があります。
  • 「レイトショー」のホストであるスティーブンコルベール、コメディアンのジミードーア、アンソニーファウチ博士、ジョーバイデン大統領、ファーストレディジルバイデン、CDCディレクターのロシェルワレンスキー博士など、多くの著名な個人がパクスロビッドを使用した後にCOVID-19のリバウンドを経験しました。ほとんどがダブルジャブとダブルブーストでした。ワレンスキーは実際に3つのブースターをしていました。
  • 新たな証拠はまた、SARS-CoV-2がパクスロビドに対する耐性を発現する可能性があることを示唆しています。2つの別々の研究では、SARS-CoV-2を培養し、それを低レベルのニルマトレルビル(パクスロビッドの有効な抗ウイルス成分)にさらしました。その結果、ウイルスはそれぞれ20倍と80倍の薬物感受性が低くなりました。

これまでのところ、COVID-19に対して開発されたすべての薬は、何らかの形で悲惨なものでした。たとえば、今日まで米国の病院での使用が承認されている主要なCOVID-19薬であるレムデシビルは、日常的に重度の臓器損傷を引き起こし、多くの場合、に至ります。

もう1つの注目すべきものは、2021年12月に軽度から中等度のCOVID-19を治療するための緊急使用許可を付与されたパクスロビドです。レムデシビルのように致命的である兆候を示していませんが、パクスロビッドはリバウンド感染と非常に広く関連しているため、CDCはそれについて警告を発しています。

CDCの健康勧告によると:

「最近の症例報告では、検査室で確認された感染のためにパクスロビドの5日間のコースを完了し、回復した正常な免疫応答を持つ一部の患者は、ワクチン接種および/またはブーストされた患者を含め、2〜8日後に再発性疾患を経験する可能性があることが文書化されています。」

無症候性でのPaxlovidユーザーもまた感染を広げます

CDCとファイザーは、人が陰性になった後にCOVID-19感染が自然に戻ってくることがあることを示唆しており、COVID-19のリバウンドは自発的であり、必ずしもパクスロビッドに関連しているとは限らない言います。しかし、ボストンの退役軍人管理医療センターのマイケル・チャーネス博士による研究は、この概念に反論しています。

Charnessらが全米バスケットボール協会のメンバーの間で診断されたCOVID-19の1,000例を分析したとき(誰もパクスロビッドを服用していませんでした)、COVID-19リバウンドの症例は見つかりませんでした。彼らはまた、パクスロビドを服用している人は、無症候性であっても、COVID-19を他の人に感染させる可能性があることを発見しました。

チャーネスはCNNに次のように語った

「リバウンドを経験した人は、他の人に感染させるリスクがあります。たとえ彼らが感染することがあると受け止めている経路から外れていても、他の人に感染する危険性があります。」

パクスロビッド誘発リバウンドは本当にまれですか?

パクスロビッドによるCOVID-19のリバウンドは明らかに広まっていますが、保健当局はその影響は「まれ」であると主張しています。ファイザーの臨床試験のリバウンド率は1%から2%でした。ホワイトハウスのCOVID-19対応コーディネーターであるアシシュ・ジャ博士は、実際の環境でのリバウンド率を5%としています。

「ツイッターを見ると、誰もがリバウンドしているように感じます」とジャーは7月のホワイトハウスの記者会見で述べました。「しかし、実際には臨床データがあることが判明しました。」

そのような研究の1つでは、13,600人の患者の5.87%が治療から1か月以内に症状のリバウンドを経験しました。メイヨークリニックの感染症専門医であるアディティアシャー博士は、リバウンド率は10%にもなる可能性があると考えています。

しかし、これらのリバウンド統計が実際に真実である場合、それを使用した非常に多くの著名な有名人や政府関係者がリバウンドすることになったという事実をどのように説明しますか? 統計的には、それはかなり難しいようです。

注目を集めるリバウンドケース

たとえば、4月、完全にジャブされ、ブーストされた「レイトショー」のホストであるスティーブンコルベールはCOVID-19に感染し、パクスロビッドを服用して回復しましたが、1週間後にリバウンドに苦しみました。

彼の経験についてツイートして、コルベールはそれを「最悪」と呼びました。続編。これまで。」コメディアンのジミー・ドーアも、パクスロビッドを服用した後、COVID-19のリバウンドを経験しました。

アンソニー・ファウチ博士は6月にCOVID-19に感染しました—ダブルジャブとダブルブーストにもかかわらず—そして彼がパクスロビッドを服用したことを誇らしげに共有しました。5日間の治療の直後、彼はSARS-CoV-2の検査で陰性でした。

悲しいかな、その3日後、彼は再び陽性と判定されただけでなく、感染症のすべての症状も再発し、それらは最初よりも重症でした。

ファウチはインタビューで彼のリバウンドを説明しました:

「翌日かそこらで、私は本当に気分が悪くなり始めました。最初の回ったときよりもはるかに悪くなりました。私はパクスロヴィッドに戻り、今はパクスロヴィッドの2番目のコースの5日間のコースの4日目です。幸いなことに、私はかなり気分がいいです。つまり、私は完全に症状がないわけではありませんが、確かに急性の病気を感じていません。」

7月末、ジョー・バイデン大統領は、ダブルジャブとダブルブーストにもかかわらず、COVID-19に感染したと発表する番でした—バイデンが以前に起こり得ないと主張していたこと(上記のツイートのビデオを参照)。

彼もパクスロビッドを服用し、ファウチのように、私がツイッターで予測したように、3日目頃にリバウンドすることになりました。しかし、ファウチとは異なり、彼には何の症状もなかったと伝えられています

8月中旬、ダブルジャブ、ダブルブーストのファーストレディであるジルバイデンがCOVID-19にかかり、パクスロビッドを服用し、時計仕掛けのように、治療を終えて最初の検査で陰性になった数日後にリバウンドしました。

10月末にかけて、CDCのディレクターであるダブルジャブとトリプルブーストのロシェルワレンスキー博士がCOVID-19に感染しました。彼女は9月22日に5回目の接種(マウスでのみテストされた最新の二価ブースター)を受け取りました。

ちょうど1か月後、彼女は陽性と診断され、軽度の症状を報告しました。これにより、「新しく改良された」二価ブースターは、これまでで最も短時間で効く注射になったと思う。。とにかく、パクスロビッドに再び救われたのと。

そしてもう一度、それはリバウンドを引き起こしました。治療後に最初に陰性であった後、症状が再発したため、数日後に陽性と判定されました。

リバウンド効果を調査する政府研究者

4月末、ブルームバーグは、コロンビア大学のアーロンダイヤモンドエイズ研究センターのウイルス学者であるデビッドホーのパクスロビッド後のリバウンドについて説明しました。

「ホーは4月6日にCOVIDにかかったと言った…彼の医者はパクスロビッドを処方し、それを服用してから数日以内に彼の症状は消え、検査は陰性になりました。しかし、最初に病気になってから10日後、症状が再発し、彼の検査はさらに2日間陽性になりました。

「ホーは自分のウイルスを配列決定し、両方の感染が同じ株からのものであることを発見したと述べ、ウイルスが変異してパクスロビドは耐性になっていないことを確認しました。同じ頃に病気になった2人目の家族も、症状とウイルスのパクスロビド後のリバウンドを持っていた、とホーは言います。

「『びっくりしましたよ』と彼は言いました。その時点まで、私は他の場所でそのようなケースを聞いたことがありませんでした。」リバウンドの理由はまだ不明ですが、ホーは、ウイルスに感染した細胞のごく一部が生存し続け、治療が停止するとウイルスの子孫を送り出すことを再開するときに発生する可能性があると理論付けています。」

ブリガム・アンド・ウィメンズ病院感染症部門の臨床部長であるポール・サックス博士は、ブルームバーグに次のように語った。

「これを処方する予定のプロバイダーは、この現象が発生することに注意する必要があり、パクスロビッドの後に症状が悪化した場合、それはおそらくまだCOVIDです。大きな問題は、この薬がリリースされたとき、この情報は[ラベルに]含まれていなかったことです。」

臨床感染症発表された研究は、パクスロビドがリバウンド症状につながる可能性がある理由を調べ、それが薬物への不十分な曝露の結果である可能性があることを示唆しています。

おそらく、薬物は一部の個人においてより急速に代謝される。結果的に、おそらく薬物をより長期間投与する必要がある。

SARS-CoV-2はパクスロビドに耐性になっていますか?

新たな証拠はまた、SARS-CoV-2が最初にすべてのウイルスを根絶しなければ、パクスロビドに対する耐性を発達させる可能性があることを示唆しています。2つの別々の研究では、SARS-CoV-2を実験室で培養し、パクスロビドの有効成分である低レベルのニルマトレルビルにさらしました。

「このような検査は、薬のレジメン全体を服用していない感染者や、ウイルスの除去に苦労している免疫不全の患者に何が起こるかをシミュレートすることを目的としています」とScienceは報告しました

ある研究では、SARS-CoV-2がニルマトレルビル治療を12回行った後、「MPROを構成する一連のアミノ酸の50、166、167の位置」に3つの変異を発症したことが明らかになりました。突然変異は、ニルマトレルビルに対するウイルスの感受性の20倍の減少に相当します。

他の研究では、50位と166位に突然変異が見られ、それらが一緒に発生した場合、SARS-CoV-2はニルマトレルビルの影響を受けにくくなることが明らかになりました。著者によると:

「相同感染細胞培養系における逆遺伝学的研究は、置換L50FとE166Vの組み合わせによって最大80倍の耐性を与えるを明らかにしました。耐性変異体は適応度が高く、耐性の発生と広がりの可能性を高めました。」

ファウチで起こったように、COVID-19リバウンドを治療するためにパクスロビッドの2つのコースが立て続けに服用されたときに何が起こるかはまだ不明です。絶えず変化するCOVID-19の亜種が作成される可能性があります。

COVID-19を治療するために市場に出回っている他の抗ウイルス薬も、薬剤耐性についての懸念につながっています。

軽度から中等度のCOVID-19症状のある高リスク患者への緊急使用のために米国食品医薬品局(FDA)によって承認されたモルヌピラビル(ブランド名Lagevrioで販売)は、患者体内でウイルスが変異する速度を加速し、より新しい薬剤耐性の変異体を生み出すことが示されています。

ファイザーは詐欺薬で金持ちになります

ファイザーの収益は、COVID-19ジャブとパクスロビッド(パクスロビッドだけで100億ドル)のおかげで、2022年には1,013億ドルに達すると予想されています。どちらも実際には宣伝どおりに機能せず、どちらも事態を悪化させる可能性があります。

ファイザーのCOVID-19ショットの場合、注射されてブーストされた後も病気にかかる可能性があり、他の人にも病気を感染させる可能性があります。

次に、ショットが感染を防ぐために機能しない場合、そして5回の投与でも感染を防ぐことができないことがわかりましたが、ファイザーはパクスロビッドを販売することでさらに多くのお金を稼ぎ、多くの場合リバウンドを引き起こします!

FDAがこれらの薬の両方を撤回しなかった理由は1つだけであり、それは実際にファイザーのために働いているからです。

ファイザー自体は、パクスロビッド治療後のCOVID-19リバウンドを失敗とは見なしていません。彼らは、必要なコースが多ければ多いほど、より多くのお金を稼ぐので、それを成功したベンチャーと見なしています。7月初旬にカイザーファミリー財団によって報告されたように:

「最近の投資家との電話会議で、ファイザーの関係者は、ウイルスがパクスロビッドから隠れることができるという最近の報告を良いニュースに捉え、ワクチンと同様に、患者は複数のコースを必要とする可能性があると予測する可能性があります。

「免疫不全の患者は、このウイルスを非常に長い間運ぶ可能性があります」と、ミカエル・ドルステン博士[ファイザーのチーフサイエンティスト兼ワールドワイド研究開発の社長]は投資家の電話会議で述べました。

「そして、その分野は、パクスロビッドが非常にうまくいくための真の新しい機会成長分野であり、複数のコースを受講する必要があるかもしれません。」

FDAとCDCは製薬業界の延長です

COVID-19のリバウンドを引き起こす薬を押すことは、公衆衛生の最善の利益にはならないようです。パクスロビッドは詐欺であり、市場から排除されるべきです。

FDAとCDCがパクスロビド、レムデシビル、モルヌピラビルに焦点を当て、有効性が高く安全性プロファイルが優れている古い薬を含む他のすべてのものを排除しているという事実は、非常に憂慮すべきメッセージを送ります。

彼らは基本的に製薬業界の延長であり、FDAの場合は医薬品の安全性と有効性を確保し、CDCの場合は批判的な科学とデータ分析を行うことによって、公衆衛生を保護するという本来の目的を放棄しました。

代わりに、彼らはあなたの命を犠牲にしたとしても、大手製薬会社の利益を保護するためにできる限りのことをしているようです。たとえば、レムデシビルにかかる費用は、保険に応じて2,340ドルから3,120ドルの間です。

一方、COVID-19に対して非常に効果的であり、パクスロビッドを含む少なくとも10の他の薬よりも優れていることが示されているイベルメクチンは、場所に応じて48錠で94ドルから20ドルの費用がかかります。平均費用は治療あたり約58ドルと言われています。

パクスロビッドの費用は529日間の治療コースあたり500ドルで、モルヌピラビルは約700ドルです。レムデシビルほど高価ではありませんが、どちらもイベルメクチンよりも10倍近く高価であり、より効果的です。私たちの保健機関が業界によってそれほど危険にさらされていなかったら、私たちが節約できた数十億ドルを想像してみてください。

FDAとCDCは信頼できなく、あなた自身の健康に責任を持つことが不可欠です。あなた自身の研究をし、あなた自身の良心と信念に従ってください。COVID-19に関しては、早期治療が非常に重要であり、効果的なプロトコルは、FDA、CDC、さらにはほとんどの病院からではなく、すぐに利用できることを忘れないでください。

復習にためには、ピエール・コリー博士のクリス・マルテンソンとのインタビューをご覧ください。また、私のSubstackアーカイブを検索すると、治療プロトコルを説明する他の多くの記事を見つけることができます。

もともとメルコラ博士のサブスタックページで公開されました。

ジョセフ・メルコラ博士のアバター

ロバートF.ケネ

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。