ファイザー、モデルナがCOVIDワクチン後の心筋炎の長期リスクを研究

11/18/22COVIDニュース

手遅れでは?ファイザー、モデルナがCOVIDワクチン後の心筋炎の長期リスクを研究する

ファイザーとモデルナは、10代および若年成人のワクチン関連心筋炎および心膜炎の診断後の長期的な健康問題を追跡するための臨床試験を開始していますが、一部の専門家は、リスクはすでに明らかであると述べました。

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

ファイザーとモデルナは、10代および若年成人のワクチン関連心筋炎および心膜炎の診断後の長期的な健康問題を追跡するための臨床試験を開始しています。

心筋炎心膜炎は心臓の問題であり、複数の医学研究が、特に若い男性の間でmRNACOVID-19ワクチン接種に関連していることが示されています。

研究はまた、心筋に永久的な損傷を引き起こす可能性のある心筋炎のリスクが、人が服用したブースターの数とともに増加し、場合によっては死に至る可能性があることを示しています。

NBCニュースから連絡を受けた保健当局は、ワクチン関連の心臓病による長期的な健康問題の研究が進行中である間、COVID-19ワクチン接種に関する公式ガイダンスが変更されることを示唆していませんでした。

米国食品医薬品局(FDA)は、ファイザーとモデルナの研究についてコメントすることを拒否したが、当局者はNBCニュースに、ワクチン接種後に心筋炎が発生する可能性は「非常に低い」と語った。

手遅れでは?

このニュースについて、内科医、疫学者、心臓専門医、COVID-19治療の第一人者であるピーター・マッカロー博士は、11月16日のサブスタックの投稿で次のように述べています。

「公開され、査読された文献に掲載された致命的な心筋炎の症例が増えてから2年後、ファイザーとモデルナの両方が、FDAからの2021年の生物学的ライセンス契約の手紙でFDAが要求した心臓の安全性の研究を開始すると発表しました。」

「なぜ米国政府とワクチン会社はそんなに長く待ったのですか? 自分たちの悪評で、失敗した製品群が死んでしまうことを見越しているのだろうか?」

「COVID-19に直面する勇気」を執筆し、COVID-19の早期治療のためのマッカロープロトコルを開発したマッカロー氏は、政府機関とワクチン開発者による内部文書のレビューのみが、この「生物学的製品の安全性災害」の間に何が起こっていたかを公に伝えることができると述べた。

「心臓専門医として、循環器疾患という学問は、心臓の組織を保存することに向けられているということです。心筋は主に最終分化しており、代謝率は低い。したがって、ワクチンによる損傷で心筋細胞を失うわけにはいきません。」

McCulloughは、mRNAワクチンが心臓にどのように影響するかについての多くの研究をリストアップしました。

Aldana-Bitarらは、心筋トロポニンの上昇を約4日間とを、COVID-19ワクチン誘発性心筋炎で説明しましたが、これは奇しくも冠動脈の閉塞による虚血性心筋梗塞とほぼ同じ期間となります。…

「したがって、CDC[疾病管理予防センター]、VAERS[ワクチン有害事象報告システム]およびメディアによって、「心筋炎」、「心筋膜炎」、「心臓発作」という用語が混同されている。

「mRNA注射を受ける前後の血中心臓トロポニンレベルを測定した最初の2つの前向きコホート研究では、いずれも心筋障害を予測させるトロポニン上昇率が容認できないほど高いことを示しました。

マンサングアンら。心臓損傷の割合は、13〜18歳の子供へのファイザーの2回目の注射で2.3%であることがわかりました。…この301人の研究では、2人の子供が心筋炎で入院しました。

Le Pessecらは、欧州心臓病学会でのプレゼンテーションで、医療従事者の2.8%(n = 777)が3回目のmRNA注射後3日目までにトロポニンを上昇させたことを明らかにしました。…

「1990年代からのコロナウイルススパイクタンパク質と心臓毒性の既知の関係を考えると、ワクチン会社は2020年のランダム化試験中にトロポニンを測定するべきでした。

バリックら。1999年に報告された:「RbCV[ウサギコロナウイルス]の感染は心筋炎とうっ血性心不全の発症をもたらし、RbCV感染の生存者の一部は慢性期に拡張型心筋症を発症し続けることを示しました。」

しかし、この以前の研究は、COVID-19ワクチンメーカーと公衆衛生当局によって明らかに見落とされていた、とMcCulloughは示唆した。

「悲しいことに、そして不適切に、BARDA[生物医学先端研究開発局]、DARPA [国防高等研究計画局]、ワクチンコンサルタント、および製造業者は、人間の予想される心臓損傷を特定するための対策を講じていませんでした」とMcCullough氏は述べています。

「この状態が深刻であると完全に確信するために、本当に何年も待つ必要がありますか?」

ZeroHedgeによると、既存のデータと新たに開始された臨床試験は、ファイザーとモデルナがワクチンを発売して以来擁護してきた「安全で効果的な」物語と露骨に矛盾しています。

なぜ大手製薬会社は、心筋炎の副作用について自社のCOVIDワクチンを調査しているのですか。ワクチンはすでにテストされ、安全で効果的であることが証明されているはずです。」ゼロヘッジは尋ねた。

「おそらく、ファイザーとモデルナは、将来の悪い報道をスピンまたは軽減する手段として、独自の研究で急増する副作用に先んじようとしています。これらの研究が正直なデータ駆動型評価を提供する可能性は低い」と彼らは述べた。

ファイザーは現在、最初のCOVID-19ワクチン試験中の詐欺を主張する内部告発者訴訟に巻き込まれています。

コメディアンで政治評論家のラッセルブランドもこのニュースを取り上げ、視聴者にこう問いかけた。「私たちが今生きているのは、どんな現実なのだろうか..その製薬会社は、後にリアリティTVに出演する選出された役人によって広く義務付けられた製品は、2年後の今、彼らの製品に関連する心臓の問題を調査し始めたのか?」

ブランドは、COVID-19のルール違反が発覚して、2021年19月に辞任し、現在はリアリティテレビ番組に出演しているに現在元英国保健相のことを指していたのです。

ブランドはまた、ファイザーとモデルナの発表のメディア報道を指し、「フファイザーとモデナの両社は、10代と若年成人のワクチン関連心臓疾患の診断後の数年間の健康問題-もしあれば—-を追跡する臨床試験を開始する。」と書かれたNBCニュースの傍点を読み上げました

ブランドは、NBCニュースが「もしあれば」というフレーズを使用して、ワクチン関連の心筋炎の診断後に健康に有害な問題はない可能性があることを示唆していると非難しました。

「確かに、これらの分野で重要な発見がある可能性があることを示唆しているように見えるいくつかの興味深いグラフとデータが利用可能です」と彼は言い、NBCの記事の残りの部分で言及された研究をほのめかしました。

NBCニュースはまた、mRNAワクチン接種後に心筋炎の診断を報告した519人の10代と若年成人の健康転帰を調べたランセットのCDC資金提供による最近の研究を要約し、「ほとんどは症状の少なくとも3か月後に良くなった」と結論付けました。

「はい。彼らのほとんどは3か月後に良くなりました」と、ディフェンダーの上級科学編集者であるマダバ・セティ博士は述べています。「しかし、5人に1人はまだ身体活動のために許可されていませんでした。4人に1人は、自分の状態を治療するために毎日の投薬を必要としました。そのうちの99人は、ワクチンによる損傷の結果として集中治療を必要としていました。」

セティは付け加えた:

「私たちは、ICUへの入院を必要とし、今では自分自身を発揮することができず、心臓の薬を無期限に必要とする可能性のある若くて健康な人々について話している。この状態が深刻であると絶対に確信するために、本当に何年も待つ必要がありますか?それは心臓発作と同じくらい深刻です。文字通り。

「CDCが、ワクチン誘発性心筋炎の長期的な影響が若者にどのような影響を与えるかわからないことを認めているのなら、この人口統計にはほとんどまたはまったく利益がないことをすでに知っているのに、なぜ彼らはこれらの製品を受け取ることを勧め続けるのですか?

「公衆衛生機関がこれらの治療法を宣伝し、危険ではないという証拠を何年も待っているのは無意味です。」

モデルナ:ワクチンが心臓に損傷を与える理由を「理解できない」

FDAは1月にファイザーとモデルナに、「心筋炎と心膜炎の既知の深刻なリスク」と「無症候性心筋炎の予期しない深刻なリスク」のために、いくつかの市販後の安全性研究を実施する必要があると述べました。

モデルナは2つの試験を開始し、最新の試験は9月に開始しました。ファイザーはNBCニュースに、今後数か月で20歳以下の最大500人を含む試験の少なくとも1つを開始する予定であると語った。

ユタ大学ヘルスの小児科医であり、ファイザー研究の共同リーダーであるDongngan Truong博士によると、小児心臓ネットワークと協力して、ファイザーは参加者を5年間監視します。

参加者には、以前にワクチン関連の心筋炎で入院した人と最近診断された人が含まれます。

モデルナの最高医療責任者であるポール・バートン博士は、NBCニュースの科学者は、ワクチンがなぜこの状態を引き起こすのかについて、まだ明確な説明を持っていないと語った。

彼は、ワクチン接種後に細胞内で生成されるウイルスのスパイクタンパク質が、心臓に炎症を引き起こす可能性のある反応を体内で引き起こす可能性があると疑っています。

「私たちはまだ理解しておらず、それを説明するための良いメカニズムはありません」と彼は言いました。

バートンは、マッカローがサブスタックの投稿で引用した、mRNAワクチンと心臓損傷との明確な関連を示した心臓病学の研究に精通しているかどうかについてはコメントしなかった。

バートン氏によると、モデルナが開始した2つの心筋炎研究(そのうちの1つは米国心臓病学会と共同で実施されています)は、同社のワクチンを接種した数千万人の公的および私的健康データを調査しています。

彼は、この研究は次のような基本的な質問に答えると述べた:「彼らは心筋炎になりましたか?それはいつ起こりましたか?それはどのように扱われましたか?それはどれほど深刻でしたか?」

モデルナはまた、欧州医薬品庁と5か国にまたがる2つの研究を実施しています。

バートン氏によると、製薬会社は1年以上にわたって結果を評価し、結果は2023年の夏に公表される予定です。

CDCは、ワクチンメーカーが責任請求から保護されているため、心筋炎のリスクを軽視しています

一部の専門家によると、統計的に有意なレベルの心筋炎の報告がVAERSに表示され始めたとき、政府の保健当局は起こりうるリスクについて国民に警告するのが遅く、当局はリスクを「まれ」として軽視し続けています。

カール・ヤブロノウスキー博士とブライアン・フッカー博士は10月に、8〜21歳の男性の心筋炎の統計的に有意なワクチン有害事象「シグナル」が、COVID-19ワクチンが米国にリリースされてからわずか2か月後の2021年2月19日にVAERSデータベースに見られたことを示すデータに関する研究を発表しました。 2021.

「この日までに、適格な米国人口の50%以上が少なくとも1つのmRNA COVID-19ワクチンを接種していました」と、子供の健康防衛の最高科学責任者であるフッカーはディフェンダーに語った。

この種の情報を差し控えることは犯罪です」と彼は付け加えました。

ワクチン安全性研究財団のエグゼクティブディレクターであるスティーブ・カーシュによると、CDCはワクチン関連の心筋炎の症例数を軽視し、過小評価し続けています。

木曜日に、キルシュは書いた:

「カナダの大規模な病院:COVID以前は、年間2件の症例を診察していました。

「今、彼らはわずか6週間で27人を見ています。これは117倍の増加です。

「しかし、CDCはそれが「わずかに上昇している」と言っています。」

「これは問題でないと思うかもしれませんが、そうではありません」とキルシュは言いました。「2人の車の所有者が死ぬと、自動車メーカーは人々に車の使用をやめるように言います。その理由は単純です:企業責任があるからです。」

キルシュは次のように付け加えました。

「しかし、これらのワクチンでは、責任がないので、中止条件を設定する必要はありません。

「米国政府は喜んで何十万人、何百万人もの子供たちを傷つけるでしょうが、責任がないので、それは単純に問題ではありません。それが政府のやり方です。」

11月4日現在、2020年12月中旬以降、VAERSに報告された心筋炎および心膜炎の症例は24,608件、心筋梗塞(心臓発作)の報告は4,878件です。

VAERSは、米国におけるワクチンの副作用を報告するための政府資金による主要なシステムです。

スザンヌ・バーディック博士のアバター

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。