オーストラリア、3回目のCOVIDブースターを拒否します

11/15/22COVIDニュース

オーストラリア、すべての年齢層を対象とした3回目のCOVIDブースターを拒否します

オーストラリアの保健当局は本日、COVID-19ブースターに関する既存の推奨事項に変更を加えることはないと述べました—つまり、症例数と入院数が増加しているにもかかわらず、どの年齢層にも3回目のブースター(5回目の接種)を推奨しません。

一日を逃し、たくさん逃します。ディフェンダーの今日のトップニュースを購読してください。無料です。

オーストラリアの保健当局は本日、COVID-19ブースターに関する既存の推奨事項に変更を加えることはないと述べました—つまり、症例数と入院数が増加しているにもかかわらず、どの年齢層にも3回目のブースター(5回目の接種)を推奨しません。

今日の記者会見で、マーク・バトラー保健相は、オーストラリアの予防接種技術諮問グループ(ATAGI)は、少なくとも2回のワクチン接種を受けた人々の間で重篤な病気と死亡がまれであったシンガポールでの最近のCOVID-19波からの証拠に大きく基づいて決定を下したと述べました。

バトラー氏は、オーストラリアでの症例は先週47%増加したが、7月の前回のピークを85%下回っていると述べた。彼は、「システムに5回目の投与を追加することによる感染の減少は、彼らの[ATAGI]の言葉では、おそらく最小限である可能性が高い」と付け加えた。

ATAGIのチーフメディカルオフィサーであるポールケリーは、シンガポールのケースは現在の波が急速にピークに達し、その後ケースが減少することを示唆していると述べ、決定を支持しました。

しかし、ロバート・W・マローン博士によると、オーストラリアの保健当局は、COVID-19感染後のワクチン未接種の患者の回復が「病気や死からの優れた長期的な保護を与える」ことを示す広範なデータに言及しておらず、「自然免疫」を持つ患者も引き続き保護される可能性が高い。

オーストラリアの保健当局はまた、複数のmRNA COVID-19ブースターワクチンのレシピエントがCOVID-19感染に関連する入院と死亡の大部分を占めていることを示すデータに対処しなかった、とマローン氏は述べた。

マローンはディフェンダーに次のように語った。

「これらすべてからの合理的な結論は、企業メディアによるCOVID恐怖ポルノの広範な宣伝にもかかわらず、現在流通しているオミクロン変異株は、シンガポールのこれらの亜種に関する最近のデータに基づくと、主要な公衆衛生上の脅威ではなく、追加のブーストの副作用リスクは、現在循環している亜種の病気のリスクを圧倒的に上回っています。」

また本日、ATAGIは、18歳以上の人々を対象とした既存のmRNA COVID-19ワクチンの代替として使用するためにファイザー二価ワクチンを承認しました。

推奨事項はシフト戦略を示していますか?

COVID-19に対する連邦保健省のプライマリケア対応の責任者であるルーカス・デ・トカ博士は、先週の上院の推定公聴会で、ATAGIはワクチン承認に関連する証拠と傾向を検討し続けているが、技術諮問グループは既存のブースターの対象となるグループの間でワクチンの適用率を高めることに焦点を当てていると述べた。

ATAGIのメンバーであるAllen Cheng博士も、心筋炎のリスクと追加のブースターによる利益の欠如は、若年層への推奨ワクチンスケジュールは変わりそうにないことを認めています。

「予防接種は若い人にとっても有益で保護的ですが、より多くの用量が得られるほど、予防接種から得られる利益は少なくなり、副作用を引き起こすことを心配し始めます」とCheng氏は述べています。

公聴会で、ケリーは以前の感染とワクチン接種からの強力な「ハイブリッド免疫」の存在を認識しました。彼は、脆弱な人々は、テストで陽性になった場合、抗ウイルス薬を迅速に探すべきであると強調しました。

ATAGIのメンバーは、脆弱な人々が予防接種について最新の状態になることを引き続き推奨しました。

COVID-19のパンデミックを通じて、オーストラリアはその人口に最も厳しい制限のいくつかを課しました。

国は世界的なバイオセキュリティ装置の構築に多額の投資を続けています。月曜日、オーストラリアは世界銀行の新しい世界的パンデミック基金5000万ドルを約束しました。

Leave a Comment

アップロードファイルの最大サイズ: 20 MB。 画像, 音声, 動画, 文書, テキスト, その他 をアップロードできます。 Youtube、Facebook、Twitter および他サービスへのリンクは自動的にコメント内に埋め込まれます。 ここにファイルをドロップ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。