「安全で効果的な」COVIDワクチンの物語の背後にある嘘

10/14/22•COVID ビュー

英国のドキュメンタリー「安全で効果的な」COVIDワクチンの物語の背後にある嘘を暴露

英国の新しいドキュメンタリー「安全で効果的:セカンドオピニオン」は、英国市民が「安全で効果的」という「疑わしいマントラ呪文」の下、政府の政策でCOVID-19ワクチン接種を遵守するよう心理的圧力にさらされた方法を詳述しています。(訳者注:VAERSに報告されたCOVIDワクチン後の31,470人の死亡者が報告されている中、このような単純な定理(相対リスクと絶対リスクの違いを理解せず、死者を含む重篤な副反応を無視するすることは非科学的な詐欺的商法に他ならないが)を受け止めず、行政の無謬性に固執する傾向は各国に共通する。)

一日を逃す、たくさん逃す。ディフェンダーのトップニュースオブザデイを購読してくださいそれは無料です。

英国の新しいドキュメンタリー「安全で効果的:セカンドオピニオン」は、英国市民が「安全で効果的」という「疑わしいマントラ」の下でCOVID-19ワクチン接種政府の政策を遵守するよう心理的圧力にさらされた方法を詳述しています。

この55分の映画は、オラクル・フィルムズがITVBSkyBの元エグゼクティブであるマーク・シャーマンニュース・アンカットと共同で制作しました。

ドキュメンタリーは、英国の国民保健サービスによって訓練された影響力のあるコンサルタント心臓専門医であるAseem Malhotraマルホトラ博士の声明で始まり、彼は「2度接種した」と言い、「ファイザーワクチンを最初に接種した人の一人」と述べた。

「データを批判的に評価し、オックスフォード、スタンフォード、ハーバードの著名な科学者と話をし、2人の調査医療ジャーナリストと話し、2人のファイザーの内部告発者から連絡を受けた数カ月後、私はこのワクチンが完全に安全ではなく、前例のない害をもたらすとしぶしぶ結論づけました」とマルホトラは述べた。

「これは、すべての生データが独立した分析のためにリリースされるまで中断する必要があると結論づける」と彼は付け加えた。

COVID-19ワクチンの停止を呼びかけているのはマルホトラだけではない、と映画のナレーターは語った。「さらに多くの科学者が、地球規模の問題に発展していることに憂慮しています。

ナレーターはこう続けた。

「何百万人ものワクチンによる負傷者と何千人もの死亡者が、世界中の公式チャンネルを通じて報告されています。

「わが政府は新たなデータを隠蔽したとして非難されており、メディアは物語の片側しか語っていない。

この映画には、COVID-19ワクチンで負傷したジョージア・シーガルのような人々も登場しました。

シーガル(35歳)は、ファイザーの銃弾を2度目に受けた後に倒れ、怪我のために正式に「障害者」として登録されています。

ワクチン傷害の症例は、通常、主流メディアによって非常にまれであると報告されています。しかし、ドキュメンタリーによると、8月24日現在、医薬品・ヘルスケア製品規制庁(MHRA)を介した英国の公式イエローカード報告システムは、COVID-19ワクチン接種後に2,240人(訳者注:日本も同様)の死亡者を含む432,819件の有害反応の報告を報告しましたが、すべての報告がワクチン誘発性として確認されるわけではありません。

米国で報告されたCOVID-19ワクチン接種の有害反応と死亡の数は、ワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告されています。

2020年12月14日から2022年9月30日までの間に、1,437,273件の有害反応(31,470人の死亡を含む)がVAERSに報告されました。

CDCのV-safeアプリによって収集され、今月リリースされたデータによると、COVID-19ワクチン接種後に782,900人が医療処置、緊急治療室のケア、入院を求めていると報告されています。

これらの数字と、シーガルのような個人の経験に対する公衆の認識の欠如は、「人々はどこから始めればよいかわからない」という「非常に壮大な割合のスキャンダル」であると、ドキュメンタリーで引用された診断病理学者のクレア・クレイグ博士は語った。

英国議会議員のクリストファー・チョップ卿によると、英国政府はワクチンによる傷害について否定しており、政府は「ワクチン接種を受けたことの一部に対する悪影響を隠蔽することによってワクチンの信頼を促進しようとしている」と述べた。

チョップ氏は、COVID-19ワクチンによって負傷した人々の補償をスピードアップし、補償の最大額を増やす民間会員法案を提唱していると述べた。

しかし、ワクチンで負傷した人々にとって、それは金銭的補償だけでなく、認識と健康への復帰に関するものです。

ドキュメンタリーに登場するキャロライン・ポーバーは、ピクルス事業を営む作家であり、パブリックスピーカーです。10年間、津波で壊滅的な被害を受けた日本の村を支援。彼女はCOVID-19ワクチンを接種し、毎年村を訪れることができました。

「私の人生は今、完全に変わりました」とポーバーは言いました。「それは、それがどのようにあったかと比較して認識できません。約5ヶ月間、私はほとんど何もしませんでした。私はまったく機能できませんでした。私は絶えず疲れ果てていました。私は絶え間ない痛みに苦しんでいました – 頭と目の痛みは容赦ありませんでした。

彼女はこう付け加えた。

「お金の問題ではない。それは、一日に仕事という目的意識を持つことです。それができないと、「こんな生活、もう無理だ」となってしまう。この人生はもう生きる価値がない。

「そして、私たちはワクチンで負傷したコミュニティの人々を自殺で失いました。

この映画は、2020年秋にファイザーのCOVID-19ワクチンが「95%有効」であるという主張、世界中の多くの政府がCOVID-19ワクチン接種キャンペーンに「ゴーサインを出す」ように導いたことを暴いている。

マルホトラ氏によると、この主張の根底にあるファイザーの方法論には欠陥があり、製薬会社は「絶対リスク低減」ではなく「相対リスク低減」のみを引用していたためだ。この 2 つの統計は非常に異なっています。

ファイザーのワクチンの相対リスク数値は95%の有効性でしたが、絶対リスクはわずか0.84%でした – つまり、1人だけがCOVID-19に感染するのを防ぐために119人にワクチンを接種する必要があります。

「相対リスクの低減は、あらゆる介入の利益を誇張する方法です」とマルホトラは述べた。

「長年にわたり、相対リスク低減だけでなく、患者との会話では絶対リスク低減を常に使用しなければならないというガイダンスがありました。さもなければ、それは非倫理的であると考えられています」とマルホトラは付け加えました。

Children’s Health Defenseの会長兼主任法律顧問であるRobert F. Kennedy Jr.は、10月7日のRFK Jr.ディフェンダーポッドキャストでインタビューしています。

「私たちは真実を知る必要がある」

映画は、「医師はインフォームド・コンセントを可能にするのに十分なことをしたのか?」と尋ねた。

クレイグは、インフォームド・コンセントで起こったことは「非常に懸念している」と思ったと言い、「私が最も心配していたのは、自分自身に知らせていない医師でした」と付け加えました。

引退したコンサルタント小児科医のロス・ジョーンズ博士は、「彼らは非常に忙しく、独自の研究をしていません。彼らは言われたことをすべて受け入れただけだ」

ドキュメンタリーはまた、「科学者たちがワクチンが感染を予防せず、伝染を予防せず、統計によると、人口の大多数が深刻な病気のリスクに決してさらされていないことを科学者が知ったのに、なぜ政府はワクチンキャンペーンを推進し続けたのか」と尋ねた。

そして、COVID-19ワクチンの安全性と有効性について「非常に多くの疑問」が残っている一方で、英国政府は「依然として予防接種のプログラムを推進しています – そして子供たちのために」とナレーターは言いました。

4月、英国は5歳から11歳までの子供向けにCOVID-19ワクチンを展開しました。そしてこの夏、英国政府は12歳未満の子供のためのファイザーのショットや40歳未満の子供のためのアストラゼネカのショットを推奨していないにもかかわらず、5〜15歳の定期的な予防接種スケジュールにCOVID-19を追加しました。

この動きにより、78人の著名な教授、医師、アナリストが次のような手紙を書きました。

「私たちは、臨床的必要性、既知および未知のリスク、およびこれらのワクチンが依然として条件付きマーケティング権限しか持たないという事実にもかかわらず、COVID-19ワクチン接種を通常の小児予防接種プログラムに追加することに強く挑戦します。

映画の最後に、ナレーターは、COVID-19ワクチンの安全性と有効性について一般の人々が「健全な結論」に達することができるように、「適切でバランスの取れた科学」を行う必要があると強調しました。

「私たちは真実を知る必要があります」と彼は付け加えました。

「安全で効果的な:セカンドオピニオン」はこちらからご覧ください。

スザンヌ・バーディック、博士のアバター

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。