スペインの46人の老人ホーム入居者がワクチンを接種1ヶ月以内に死亡

スペインの46人の老人ホーム入居者がファイザーCOVIDワクチンを接種してから1ヶ月以内に死亡

保健当局は、スペインの老人ホームでファイザーのワクチンの第2ショットの投与を停止したと伝えられている。死亡事故が続々と出てきています。接種は慎重に。

1月の初めにCOVID-19に対するファイザー-BioNTechの迅速な予防接種の最初の接種を受けた46人の老人ホームの入居者が月末までに死亡したと、スペインのメディアが報じました

スタッフは、ワクチン配布キャンペーンをきっかけに、1月12日にスペインのアンダルシア州カディス県の老人ホーム、ヌエストラ・セニョーラ・デル・ロサリオ(ロザリオの聖母)でコロナウイルスの流行を最初に報告しました。

住宅家族省は、最大145人の住民を収容する民間施設に介入し、地元メディアは2月4日に、94人の住民のうちさらに28人と12人の職員がCOVID-19に陽性反応を示したと報じた。

同じ南西スペイン州の別の老人ホーム、ノボサンクティペトリ、チクラニの、22人の高齢者が死亡し、103人が予防接種キャンペーンの後に感染しました。

ワクチン接種後の同様の流行と死亡クラスターは、世界中で報告されています。

  • イギリスのベイジングストークにある老人ホームの72人の入居者のうち22人が予防接種後に死亡した。
  • NY州シラキュースの老人ホームの24人の高齢者は、12月22日から予防接種を受けたにもかかわらず、1月9日時点でCOVID-19で死亡したと報告された。
  • 1月28日、ストックホルムスウェーデンの1つのケアホームでファイザーのワクチンの2回の接種を受けた高齢者の間で、COVID-19の10例が報告された。住民は12月27日と1月19日に再び予防接種を受けた。
  • ジブラルタルの小さな英国の飛び地でのCOVID-19の死者数は、1月10日にファイザー予防接種キャンペーンを開始する前に16人を数え、その10日後に最大53人の死者を出し、その7日後に70人に達した。ロイターの報告によると、ジブラルタル保健局は、ワクチン接種前にCOVIDに対して陰性を検査したにもかかわらず、調査された死亡のうち6人とファイザーのワクチンとの間に「因果関係の全く証拠はない」と宣言したが、「直後の数日間に」陽性となっている。
  • イスラエルの4,500人のCOVID-19症例は、ファイザーのワクチンの1回の投与を受けた後に発生し、そのうちの375人は入院を必要としたと、イスラエルのニュースメディアが1月12日に報じた
  • サスカトゥーンのケアホームに住む7人の成人は、住民がシャーブルックコミュニティセンターで予防接種を受けた1週間後にコロナウイルスの陽性反応を示したと、CBCが報告した。ワクチン接種時に陽性の症例はなかった。
  • モントリオールの介護施設の7人の住民は、ファイザーのワクチン接種を受けてから28日以内にCOVIDの陽性反応を示し、ケベック州に2回目のファイザー用量を控えさせた。
  • 12月14日にCOVID-19の予防接種を開始したスコットランドのアバコーンケアホームは、1月10日までにウイルスが発生し、その地域の国民保健サービスは予防接種を受けた住民が病気であるかどうかについてコメントを拒否しました。ケアホームスタッフグループの創設者は、スコティッシュデイリーレコードに語りました:「私たちには両親がワクチンを接種したグループメンバーがいて、2週間後にコロナウイルスの陽性反応を示しました。
  • スコットランドのインヴァネスの自宅の住民全員が1月初めにCOVIDの予防接種を受けましたが、最初の投与後に17人がウイルスに感染しました。

英国医療自由同盟は、英国でインフォームド・コンセントを提唱する医師、科学者、弁護士、その他の専門家のグループで、COVID-19ワクチン導入担当大臣ナディム・ザハウィに緊急公開書簡を発表しました。同時にマット・ハンコック保健社会福祉長官。そして、英国でのワクチン接種後の死亡の即時監査を求める2つのワクチン監督機関に対して。

このグループは、ケアホームの死亡率の急増を示すグラフを示し、ケアホームの予防接種率が大幅に増加した時期に、1月8日から22日までの2週間で住民の死亡が3倍になったという国家統計局のデータを引用しています。

イスラエル、アイルランド、バーレーン、ヨルダンの同様のグラフも同様の相関関係を示しています。

英国医療自由同盟は、ワクチン臨床試験で「過小評価されている」と言うCOVIDの高齢者に関する「統計的に重要でない」とする安全データを問題視しています。

「我々は、この(高齢者)グループでワクチンの副作用が増加する可能性があると仮定し、何千人もの人々が予防接種を受けたときにのみ明らかになるだろう」と書簡は述べている。

世界保健機関(WHO)の戦略諮問グループは、1月26日にModernaのワクチン投与に関する勧告を更新し、COVID感染のリスクから高齢者にワクチン接種が推奨される一方で、「3ヶ月未満の平均余命を見込む非常に虚弱な高齢者」は自動的に予防接種を受けるべきではなく、「個別に評価する」べきであると述べた。

Celeste McGovern's avatar

Leave a Comment

The maximum upload file size: 20 MB. You can upload: image, audio, video, document, text, other. Links to YouTube, Facebook, Twitter and other services inserted in the comment text will be automatically embedded. Drop file here

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。